スポンサーリンク

【検証】納豆ダイエット

スポンサーリンク

こんにちはダイエットの神様です。
納豆ダイエットってご存知ですか?テレビで紹介されたこともあったので、名前だけなら聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。日本人にはとっても身近な納豆。朝食の定番ですよね。今回は、この納豆ダイエットをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

やり方

 まずは、そのやり方です。とっても簡単ですよ。食事の前に1パック食べればいいだけです。それで終わり!!「え?それだったら、もうやってる!」という人も多いかもしれませんね。納豆1パックをただ毎日の食事に加えるだけで、食事を納豆だけにする置き換えダイエットとは違います。ただ、食事に加えるというよりは、食事の10~20分前に食べたほうが効果が上がるようです。また、食べる時間は夜の方がよさそうです。なぜかというと、食事の前に納豆を食べることで食べ過ぎを抑制できるため、1日の中でカロリーが多くなりがちな夜に食べることがいいということです。また、早く効果を上げたいからと毎食前に食べるのはお勧めできません。一日1パックにしましょう。

効果

 では次に、その効果を見てみましょう。
・カロリーが抑えられる
・美肌効果
・便秘の解消
・血液サラサラ

 まず、先ほどもお伝えしたように食事前に食べることで食べ過ぎを抑えることができるので、結果的にカロリーを抑えることができます。
 次に、美肌効果です。納豆には成長ホルモンの分泌を促すアルギニンという成分が含まれています。夜に納豆を食べることにより、肌の生まれ変わりがスムーズになり、美肌へと導びきます。また、ダイエット中は栄養が偏り、肌荒れしてしまいがちですがよれを予防することもできそうですね。
 納豆には、食物繊維が豊富に入っています。夜食べれば就寝中に腸内環境を整えてくれ、翌朝にはスッキリ!1日のスタートを気持ちよく始められそうです。体の中の不要物を早く排出することでさらに美肌効果も望めます。
 納豆に含まれている「ナットウキナーゼ」という酵素は、血液をサラサラにする効果があります。血液がサラサラになれば、新陳代謝が高まり、憧れの痩せやすい体を作ることができます。

おすすめの納豆レシピ

 毎日納豆を食べ続けるとなると、いくら好きな人でも飽きが来てしまいます。そこで、おすすめの納豆レシピを紹介したいと思います。やり方によっては、普通に食べるよりも効果が高まる食べ方もありますよ。

・「キムチ納豆」

キムチにはいている乳酸菌の力で便秘解消効果がさらに上がります。キムチの中の乳酸菌は、生きたまま腸に届くので効果は抜群です!さらに朝作っておくなど、納豆とキムチを合わせて時間を置いたほうが効果が上がります。なぜなら、キムチの中の乳酸菌は納豆菌と合わせることでどんどん増えていくことが研究で分かっているからです。また、カプサイシンを使ったキムチは脂肪燃焼効果もあります。

・「大根おろし納豆」

大根に入っているビタミンCの効果でさらなる美肌効果があります。また、大根おろしを入れることでさっぱりと食べることができます。大根おろしには、胃酸の量を調節する効果や、肝臓の働きを助ける効果もあるんですよ。夜は脂っぽいものを食べてしまったり、お酒を飲む機会もあると思うので大根おろし納豆を食前に食べておくことはダイエット以外にも様々なメリットがあると言えそうです。

・「めかぶ納豆」

ねばねば同士の組み合わせで、つるっと食べられます。ついついご飯にかけてたべたくなりますね。あつあつのご飯にかけて食べたら最高ですよね!!しかし、いくらのど越しが良くてもしっかりと噛んで食べましょう。めかぶと納豆を合わせて食べることで、なんとレタス2個分の食物繊維を摂取することができます。

・豆腐納豆

大豆スペシャルです!!大豆には、「大豆サポニン」という肥満を防止する、脂肪の分解を促す効果のある酵素が含まれています。また、食前に豆腐と一緒に食べることでかなり満腹感を感じることができると思います。

・豆腐キムチ納豆

もう、全部混ぜてしまったやつですね。いっそのことめかぶと大根おろしも・・・!?それもまずくはないと思いますが、毎日いろいろ味を変えたいのに全部混ぜてしまっては結局飽きてしまうので、豆腐キムチ納豆くらいで我慢しておきましょう。でも。冷ややっこの上にキムチ納豆が乗っているものは意外と居酒屋や焼き肉屋なんかでもありそうなメニューですよね。

まとめ

ここまで、納豆ダイエットのやり方・効果・メニューについてご紹介してきました。いかがでしょうか。納豆ダイエットに興味をもって頂けましたか?納豆は3パックで100円程度と、安価ですしコンビニでも買うことができるので、納豆ダイエットはとても始めやすいと思います。まだ半信半疑と言う方もいるかもしれませんが、健康にもいい食品なので、気軽な気持ちで始めてみてはいかがでしょうか。食事の前に食べるだけで、何かを我慢する必要もないので、少しでも興味を持っていただけたなら、ぜひおすすめしたいダイエットです。