スポンサーリンク

【検証!】2週間でどこまで痩せられる?

スポンサーリンク

こんにちはダイエットの神様です。
ダイエットは、終わりの見えない戦いです。〇キロ痩せたいんだけど、どれくらい時間がかかるんだろう。目標体重まではどれくらい我慢すればいいんだろう。と、不安になることもありますよね。それに、地道に頑張るダイエットは合わない。すぐに飽きてしまう。という人もいるでしょう。今日は、何キロ痩せるかはわからないけど、とりあえず本気で2週間頑張ったらどうなるか?という事を色々な方向から検証してみたいと思います。
 

筋トレ

 筋トレを2週間するとどうなるのでしょうか。2週間くらいではムキムキにはもちろんなれませんが、見た目や体重に変化を与えることができるのでしょうか?
 実は、筋トレをしている人にとって、2週間目がちょうどターニングポイントなのです。2週間も続けてるけど、効果ないから辞めたくなってきた。と思うのが2週間目なのです。筋トレをして代謝が上がるという事がよく言われますが、それは、筋肉が増えたことによる代謝アップだと思っている人が多いのですが、それはもちろんそうなのですが筋トレをし、筋繊維が元に戻るまでの過程でも代謝が上がります。筋トレ後6時間から48時間の間は体が代謝アップの状態になります。なので、筋肉がつかないうちは代謝も上がらないなんてことはなく、筋トレすればするほど代謝は上がるのです。筋肉をつけるという意味では、筋トレの効果は2週間後から出るのではじめとほとんど変わらない状態に見えるかもしれませんが、体の中の働きは確実に変わっています。朝起きて、出勤前に、お昼休みに、帰宅後、入浴後、寝る前など、暇を見つけては筋トレをしてみましょう。
今回は2週間ダイエットですが、そこから結果が見え始める時なので2週間たった後も続けられそうなら続けてみてください。

お腹痩せ

2週間でお腹周りの変化は期待できるのでしょうか?私は、お腹が減れば多少はへこんでいる気がしますがそんな一時的なものではなく、実感としてへこませることはできるのでしょうか?
下腹がぽっこり出ている人は、内臓の位置が変わってしまっている場合が多いです。なので、内臓の場所をもとに戻すことでお腹痩せは実現できそうです。ただ、お腹が出ている人には2種類いて、内臓脂肪型の人と皮下脂肪型の人に分けられます。立った時にポッコリした部分がつかめれば皮下脂肪型、ポッコリはしているけどつかめない人は内臓脂肪型です。今回、2週間でポッコリを直すことができるのは皮下脂肪型の人です。
やり方は簡単。口をすぼませてゆーーっくりと息を吐き切り、お腹をへこませます。そのへこんだ状態で普通に呼吸をしながら30秒キープします。そして、これを1日の中で何度も繰り返します。そうすることで、内臓を正しい位置に固定してくれる筋肉を鍛えることができるのです。30秒なら、本当にいつでもどこでも、今この瞬間にもできるのでどんどんやってください!!へこむのが楽しみですね!

ジョギング

運動をして痩せるのなら、有酸素運動+筋トレが鉄板です。今回は、2週間と言う短期間なのでウォーキングよりもジョギングをしましょう。たった2週間なので、毎日頑張りましょう。1度のジョギングで30分以上走るのが目標です。距離や速さは関係ありません。大事なのは、30分継続して同じペースで運動すること。そして、その後に筋トレを組み合わせることです。もちろん、別々でも効果はありますが有酸素運動後の筋トレは相乗効果を生むので、別にやるよりも大きな効果が期待できます。スクワット、腹筋、腕立て伏せなどをしましょう。そうはいっても、無理しないように始めは各10回ずつくらいでいいとおもいます。

脂肪燃焼スープ

 
短期間のダイエットで忘れてはいけないのが、この脂肪燃焼スープです。脂肪燃焼スープダイエットは、本来3食とも脂肪燃焼スープにして1週間で5キロ痩せるというものですが、それでは体に無理があるので1食を置き換えたり、気持ちや体に余裕があれば2食を置き換えたりしてやってみましょう。脂肪燃焼スープの作り方は、キャベツ、ニンジン、玉ネギ、セロリをホールトマトと一緒にコンソメで煮込むだけでとっても簡単です。痩せたいけど時間がない!という人にはお勧めです。ここで紹介した運動と組み合わせるとますます効果が期待できると思います。

注意

 2週間で、どれくらいの減量を目指しているかはわかりませんが無理は禁物です。できたら多くても3~5キロ減位に抑えましょう。そうしないと、その時は痩せてもすぐにリバウンドしてしまったり、痩せたはいいけど肌がボロボロになったり、髪が抜けたりしわが増えたりしてしまい、こんなはずじゃなかった。という事になってしまいます。適度な運動、適度な食事制限で無理をせずに続けることをお勧めします。とはいえ、人生80年のなかのたった2週間のダイエットですから、最後まで続けてみましょう。結果はともかく、最後まで続けることはその後の自信にもつながりますし、2週間続けられたのなら体はかなり変わっているはずです。さあ、日にちを決めて頑張ってみましょう。