スポンサーリンク

【調査!!】単品ダイエットの真実!

スポンサーリンク

こんにちはダイエットの神様です。
単品ダイエットの元祖と言えば、「リンゴダイエット」でしょうが、その他にも最近では色々な単品ダイエットが流行りました。結局のところ、『〇〇だけで痩せる!』と言うのはあり得るのでしょうか。それが本当に可能だったら、好きなものばかり食べて痩せたいな~。と思いませんか。

まず、単品ダイエットのルールは
・決められた食品なら、いくら食べてもいい
・水やお茶は飲んでもいい
という、とてもシンプルなものです。

今までに、納豆、グレープフルーツ、トマト、サラダ、バナナ等の単品ダイエットが流行ってきました。単品ダイエットは、効果が表れやすく、ルールも簡単なので手軽に痩せるにはもってこいの方法です。でも、そのダイエットが今、最前線にいないのには何か原因があるのでは?まずその効果を調べてみましょう。

単品ダイエットの効果

まず、この単品ダイエットは長く続くものではありません。短期的なものですから、実質的に体脂肪が減ったとか、体重が減ることがあってもそれは偏った減り方になってしまいます。筋肉量だけが減少するとか、体の水分だけが失われてしまうなど、体重は減るけれども、それ以外の体の部分はダイエット開始前よりも悪い状況になってしまうことが多いです。また、無理して長期的に続けると摂食障害を引き起こしたり、栄養失調になることもあります。あと1週間でどうしても痩せたい!というような、緊急の時以外はあまりお勧めできないダイエットと言えます。

新しい単品ダイエット

体への影響から、あまりお勧めできない単品ダイエットですが、それに代わるダイエットとして根強い人気があるのが「置き換えダイエット」です。根強いというか、今もなお、新しい置き換えダイエットの商品が開発・発売されています。置き換えダイエットとは、どのようなものなのでしょうか。

置き換えダイエットとは、3食のうち1食、または2食を決められた食品に置き換えるというものです。その先駆けとなるのが「マイクロダイエット」です。栄養バランスは抜群、カロリーは200㎉程度のドリンクを、食事の代わりに飲むというものです。値段は決して安くはありませんでしたが、効果は抜群だったため、一世を風靡した(と筆者は感じています。)ダイエット法です。

当時は、マイクロダイエットだけしかなかったものが、今は様々なメーカーから販売されています。ドリンク系、食事系、おかし系、スープ系、酵素系とかなり幅も広がってきています。
 ダイエットには、様々な方面からのやり方があります。カロリー制限、糖質制限、筋トレ、有酸素運動などなど。置き換えダイエットは、その中のカロリー制限になります。なので、置き換え食品は大抵200㎉前後のものが多いですが、もっと低いものもあります。一朝一夕で効果が上がるものではないので、毎日続けるとしたら、おいしくて飽きないものがいいですね。いくつか紹介してみたいと思います。

スープ系

DHCプロティンダイエット スープパスタ  5,650円 (税込)
パスタも入っているので満足感もあり、味も3種類あるので飽きずに続けられそうです。ただ、15袋でこの値段なので少々手が出しにくい気がします。

脂肪燃焼スープを自分で作る

トマト缶、セロリ、玉ねぎ、パプリカなどをコンソメスープで煮込むだけで簡単に作れるスープです。調べてみると、結構細かいルールがたくさんあるのですが、もともとカロリーも少ないのでルールをしっかり守らなくてもある程度は痩せると思います。

市販のスープ

市販のスープで1食我慢できるのであれば、普通に1杯飲めば200カロリー前後なのでカロリーダイエットならば普通に減っていくと思います。ただ、上の2つほど栄養満点ではないので、他のメニューもある程度考えなくては偏ってしまうかもしれませんね。

食事系

・アサヒリセットボディ 発芽玄米入りダイエットケア雑炊 810円 (税込)
 5食入ってこの値段です。味も5種類あります。カロリーも100キロカロリー以下と、かなり抑えてあります。発芽玄米なのでよく噛むことで満足感も出そうです。
・ヘルシーカンパニーダイエットこんにゃくラーメン 2,000円 (税込)
 12食入りでこの値段です。しかも、味も全部違うのでどれから食べるか迷ってしまいそうです。カロリーダイエットにも、糖質ダイエットにも向いています。特に冬はおすすめかも!このラーメンは私もぜひぜひチャレンジしたいと思います。

・白滝料理に挑戦!
ネットで調べると、白滝を使った料理がけっこうたくさん紹介されています。白滝は食物繊維も豊富で低糖質低カロリーなので、ダイエットの強い味方です。私も、置き換えになるのかならないのか?白滝を細かく刻んで白米に混ぜて炊いて食べたりもしています。味も変わらず、普通のご飯と変わりません。

おかし系

・アサヒリセットボディ 黒糖きなこビスケット 258円 (税込)
個人的には、おかし系は置き換えには向かない気がします。あくまでも食事の代わりとして食べるので食事の時間にビスケットとかを食べるのは満足感がなく、食べた気がしないような気がします。

まとめ

このように、今はバラエティ豊かな置き換え食品があります。自分が何を一番大事にするのか。味か。値段か。短期で痩せることか。よく考えて、自分の考えに合った食品でチャレンジしてみてください。