スポンサーリンク

お酒はダイエットの敵なのか!?

スポンサーリンク

こんにちはダイエットの神様です。
ダイエットと言うと、食事制限が思い浮かびますが食事制限にお酒も含まれるのでしょうか。お酒は液体だから、別腹的な感じで考えている人はいませんか?または、甘いカクテルなどはともかく、ほぼ無味のビールや日本酒、焼酎ならばいいのではないか・・・?一緒におつまみを食べ過ぎなければ大丈夫とか思っていませんか。今回は、お酒とダイエットの関係について調べてみました。

お酒は太る?

 結論から言うと、お酒は普通に太ります。液体だから別腹とかはあり得ません。普通の食品と同じ、飲めば飲んだだけ太ります。おつまみのせいではありません。しかし、適量と言うものがあります。ダイエット中のアルコールの適量は200㎉くらいです。お酒の量が増えていくほど、肝臓の解毒・排出作業に時間がかかってしまう為に、代謝・貯蓄の機能が遅れる、あるいは出来ないので胃に残っている食べ物の処理が出来ずに脂肪になってしまいます。ですので、1日の適量をしっかり守れば飲んでも太らない状態で居られます。また、飲み過ぎで食欲を制御できなくなることも無く、食欲の増加も抑える事が出来るので食べ過ぎる事もなくなるでしょう。その結果、朝まで飲むなどの夜更かししてしまうことも無くなり、二日酔いもなくなり、寝不足や朝食を抜くなどの不摂生な生活もしなくなるので、ダイエットにつながり太らずにいられます。なので、お酒は太りますが、適量ならばダイエットにはさほど悪影響はないと言えるでしょう。

どんなお酒を選べばいいのか

 適量ならば問題ないとはいえ、飲むならばダイエットに向いているお酒のほうがいいですよね。お酒には、蒸留酒と醸造酒の2種類があります。蒸留酒は焼酎・ウイスキー・ブランデー・ウォッカなど、醸造酒はビール・日本酒・ワインなどになります。普段飲むのなら、ブランデーやウォッカよりはビールやワインの方が多いでしょうか。しかし、アルコール度数の少ないビールは、たくさん飲めてしまいます。一方、ブランデーやウォッカは、ビールと同じ500ml飲むとなるとかなりの量です。そう考えると、アルコールの度数が高いお酒を少し飲んだほうがいいと言えるのかもしれません。
 また、糖質のことも考えてみましょう。糖質はダイエットの大敵です。今は、糖質オフのビールや日本酒も色々な種類が売っていますし、味も普通のものとさほど変わりませんの、ダイエット中は糖質オフのお酒を飲みましょう。糖質の多いお酒の例としては、ビール、
発泡酒、日本酒、梅酒などです。もちろん、甘いカクテル類はもってのほかです。
 お酒の割り方にも注意しましょう。割っても糖質やカロリーにあまり影響がないのが水、炭酸水、お茶類、青汁、レモン、ライム、トマトジュースなどです。逆にダイエット中に控えたいのはジュース類、コーラ、シロップなどです。ダイエット中は気を付けてお酒を選んでみましょう。

中性脂肪にも注意しよう。

 お酒の中には、中性脂肪を増やしてしまうものもあります。中性脂肪とは、脂質を摂りすぎると増えてしまう脂肪なのですが、お酒には脂質は入っていません。では、どうしてお酒が原因で中性脂肪が増えてしまうのでしょうか。
 まず、アルコールを摂取すると、食欲がわいてしまうことが原因です。例えば、飲み会では料理が出てくる前に「とりあえず生!」と、食事の前に飲み始めます。仕事から帰ってきて、夕飯ができるまでの間に1缶飲んでしまったり。その、食事の前のアルコールが、余計に食欲を増進させてしまっているのです。
 そして、日本人はビールが大好きです。他のお酒が好きな人も、飲み会などでは1杯目はビールと言う人も多いのではないでしょうか。そのビールに合う料理が、中性脂肪を増やしてしまうようなものが多いのです。揚げ物や肉料理など。
 しかも。よし!これからはビールを飲んだ時には、おつまみには気を付けるぞ!食べ過ぎないように!って気を付ければ済む話ではないのです!アルコールに中性脂肪を合成しやすくする成分が入っているのです。アルコール、おそるべし!その結果「ビール腹」と呼ばれる、中性脂肪の多い体が完成してしまうのですね。

お酒が好きで、ダイエットしたい人は結局どうすればいいのか。

 アルコールが体内に残っていると、まず胃の中に残った食べ物を消化することができません。そして、アルコールが体に残っている48時間は体が中性脂肪の合成を続けてしまいます。おつまみは大豆製品など、植物性のタンパク質の多いものにしましょう。そして、アルコールは48時間体の中に残るので、休刊日を週に連続して2日作りましょう。これをすれば、大好きなお酒を今まで通りとはいかなくても、極端に我慢することもなく楽しみつづけることができます。また、今回この記事を読んでいただき、アルコールが飲んだ時だけでなくその後にも体に色々な悪影響を及ぼすことをわかっていただけたなら飲み方を変えようかな。と思ってくださった方もいるのではないでしょうか。お酒と上手に付き合って、「飲んでたけど痩せられた!」と言えるような飲み方ができたらいいですね。