スポンサーリンク

くびれを作るには?ぼっこりお腹をへこませよう!

スポンサーリンク

こんにちはダイエットの神様です。
「ぽっこりしたお腹をへこませて、くびれさせたい」
「モデルさんのような、綺麗なくびれを手に入れたい」

このように、くびれに憧れを抱く方は多くいるかと思います。くびれていると、細くて綺麗に見えますよね。

しかし、実際の自分のお腹を見てみるとぽっこりしている…ということもあるでしょう。そして、くびれさせようとしても、なかなか上手くいかなくて悩んでいる方もいるかと思います。

今回はそのような方のために、お腹がぽっこりしてしまう原因と、綺麗なくびれを手に入れるためのトレーニング方法について、解説していきます。

スポンサーリンク

お腹がぽっこりしてしまう原因

綺麗なくびれを手に入れるためにはまず、ぽっこりお腹を防ぐことが必要です。まずは、お腹がぽっこりしてしまう原因をチェックして、自分に当てはまっていないか振り返ってみましょう。

1.猫背で過ごしている

猫背は、ぽっこりお腹の原因になります。普段から猫背で過ごしていると、お腹の筋肉が緩んでしまいます。緩んだ結果、お腹に脂肪が蓄積しやすくなり、お腹がぽっこりしてしまうのです。

2.インナーマッスルが弱っている

インナーマッスルとは、身体の深いところにある筋肉です。その筋肉が弱っていると、ぽっこりお腹になってしまいます。

インナーマッスルが弱っていると、内臓を支えるのが難しくなり、内臓が下の方に移動してしまいます。この現象は内臓下垂と呼ばれており、内臓下垂が起こるとぽっこりお腹になってしまうのです。

また、内臓下垂の弊害はそれだけではありません。内臓下垂が起こると、内臓が骨盤の底に押し付けられるので、内臓が圧迫されて内臓の機能が低下します。

くれぐれも内臓下垂は防ぎたいものです。

3.肋骨が広がっている

肋骨が広がっていると、寸胴になってしまい、お腹がぽっこりしてしまいます。肋骨が広がっていない状態が正しい状態ですが、肋骨を正すと自然とくびれができます。

肋骨が広がる原因としては、運動不足や姿勢の悪さなどが挙げられます。心当たりがある方がいたら、気をつけましょう。

くびれを手に入れるトレーニング方法

では、くびれを手に入れるトレーニング方法について見ていきましょう。ぜひ日頃からトレーニングを実践して、くびれたウエストを手に入れましょう。

1.ドローイン

ドローインとは、お腹をへこませながら呼吸をする運動です。ドローインをすると、腹横筋や腹斜筋、骨盤底筋群、横隔膜、多裂筋を鍛えることができます。

以上挙げた筋肉のうち、腹斜筋を除いたものを「インナーユニット」と呼びます。インナーユニットには、姿勢を正したり、内臓を正しい位置で支えたりする役割があります。

インナーユニットを鍛えて、姿勢と内臓の位置を正すことによって、ぽっこりお腹が改善してくびれができます。

ドローインのやり方は以下のとおりです。

1.真っ直ぐ立つ(または膝を90度に曲げた状態で仰向けになる)
2.鼻から大きく息を吸い、お腹を意識的に膨らませる
3.ゆっくりと口から息を吐き、お腹を思いっきりへこませる
4.お腹を精一杯へこませた状態で、10〜30秒間その状態をキープ(その間は呼吸してもOK)

この一連の動作を、1日4〜5回行います。ドローインは場所を選ばないで行えるので、隙間時間にぜひやってみましょう。

2.8の字ダイエット

8の字ダイエットとは、8の字を描くように腰を動かすダイエット法です。8の字ダイエットを行う際は、足を肩幅ぐらいに広げて真っ直ぐ立って行います。

8の字ダイエットは腰を大きく動かすので、腰回りのインナーマッスルを鍛えることができます。その結果、お腹を内側から引き締めることができるのです。

また、8の字ダイエットをすると、骨盤にも刺激が加わります。その結果、骨盤の位置が矯正されます。その結果、下半身太りを防ぐこともできるのです。

このように、8の字ダイエットは手軽にできる上に、お腹の引き締めや骨盤矯正の効果があります。

3.ツイストクランチ

ツイストクランチは、腹斜筋を鍛えることができるトレーニングです。腹斜筋を鍛えると、ウエストラインが引き締まって、くびれができます。

ツイストクランチのやり方は、以下のとおりです。

1.仰向けになり、手を頭に当て、膝を90度曲げる
2.上体を起こす際に、体をひねって右肘と左膝をくっつける
3.左肘と右膝も同様にくっつける
4.2、3の動作を左右10〜15回繰り返す
5.残り2セット行う

家にいるときにぜひやってみましょう。

4.有酸素運動

お腹周りの筋肉を鍛えたとしても、脂肪がたくさんついていると、くびれがなくなってしまいます。

脂肪を落とすのであれば、ランニングやジョギングなどの有酸素運動が効果的です。筋肉を鍛えるトレーニングと同時並行で行っていきましょう。

美しいくびれを手に入れよう!

いかがでしたか?くびれを作ると、今まで着れなかったズボンやスカートを履くことができますし、水着も堂々と着ることができます。

ただ、くびれはすぐには作ることができません。くびれを作るためには、地道なトレーニングが必要です。

コツコツとトレーニングを重ね、美しいくびれを手に入れましょう。