スポンサーリンク

くびれを作ろう

スポンサーリンク

こんにちはダイエットの神様です。
みなさん、ウエストはありますか?くびれていますか?ウエストがない人、くびれてない人、悩んでる暇がもったいないです。もう作っちゃいましょう!作ればなんの問題もない!!大丈夫。今、くびれがないのは作り方が分からないだけ。レシピさえわかれば、きっとあなたも魅力的なくびれを手に入れられますよ!

くびれの真実

 実は・・・。どんなにお腹がペタンコでも、くびれがない人って多いのです。どんなに腹筋を頑張って腹筋が割れても、くびれないのです。なぜかと言うと、鍛えている場所が違うから。くびれは、腹斜筋なのです。なので、間違えた知識のままだといつまでたってもくびれは手に入りません。正しい知識、正しいやり方で鍛えていきましょう。

くびれを作るメリット

 ここでくびれづくりのモチベーションを上げるために、くびれを作るメリットを見ていきましょう。
・メリハリボディになり、スタイルが良くなる
 出ているところは出ていて、へこむところはへこんでいるメリハリボディになります。真理張りボディになると、ただ細いだけの時と違って健康的にも見えます。
・洋服が似合う
特にウエストを強調した服が似合うようになります。ビキニも着こなせます。スーツを着れば、後ろ姿もキマります!薄着になる季節も、お腹を隠さず堂々と歩くことができます!
・姿勢が良くなる
 姿勢がいい人って、それだけで仕事ができるように見えたり。好印象を持たれがちですよね。それに、姿勢よく歩く姿は若々しく見えます。
・胸が大きく見える。
今まで出ていたところがへこめば、胸が大きくなっていなくても自然と強調され、大きくなったように見えてしまいます!ただくびれるだけでなく、嬉しいおまけですね♪

足指ゴム矯正

 「足指ゴム矯正」という言葉、聞いたことがありますか。ちょっとなじみのない言葉かもしれませんね。出産やO脚、座り方などで段々骨盤が歪んでしまったことで、内臓が本来の位置にない人は多くいます。その内臓の位置にとって、くびれがなくなってしまったりポッコリおなかになってしまっているのです。足指ゴム矯正は、そんな歪んでしまった骨盤を矯正する方法です。足の親指を2本ゴムで縛ってくっつけて、同時にかかとも付けて寝転んで5分寝転ぶだけです。腰に枕を敷きましょう。すると、足の内側の筋肉が鍛えられます。代謝も上がりますし、骨盤も段々定位置に戻すことができます。

ストレッチ

 腹斜筋は、筋トレよりもストレッチのほうが効果があると言われています。ウエストを意識したひねるダイエットはたくさんありますが、10回やってはぁはぁ言ってしまう筋トレよりも、普段の動きでウエストを意識した動きが大事になってきます。後を振り向くときに、全身で振り向かずに上半身だけ振り向いてみたり、時間があったら腰を回す動きをしてみたりと、普段の生活の中で腰やウエストを意識した動きをしてみてください。そう考えてみると、腰やウエストって意識しなければ全然使っていないことに気づくと思います。使っていないからこそ、使い始めるとすぐに効果が出る人も多いです。
 上級者向けには、「ツイストクランチ」も効果的です。寝転んで手のひらを頭の後ろで組みます。膝を90度に、曲げて右ひじを左ひざに、左ひじを右ひざに交互につけます。簡単そうに見えますが、30回もやると息が上がるほど大変です。

おしり歩き

 おしり歩きは通常骨盤矯正のために行われることが多いですが、骨盤矯正=くびれということで、くびれにも効果があります。床に足を前に伸ばして座り、腕を振りながらおしりを動かすことで前に進みます。ある程度進んだら、後ろにも進んでみましょう。3分間くらい続けてみましょう。

フラフープ

 くびれを作ると言えば、これ!フラフープですよね!懐かしい!と言う人も多いのではないでしょうか。まだ回せますか?回せなくても、徐々に回数を増やしていけますので、地道に頑張りましょう。くびれづくりは元より、楽しいですよ!そして、まさにこれこそが腰やウエストを意識した動きです!普段なかなか腰やウエストを動かせない人は、フラフープをしてみませんか。
 フラフープは、10分間で20~30㎉ほど消費します。さほど多くはありませんが、有酸素運動にもなりますし、テレビを見ながらやればあっという間に10分なんて過ぎてしまいます。家の中なら天候にも左右されず、毎日続けることができますよね。フラフープをすれば、全身まんべんなく脂肪が落ちていくという話もあります。嬉しい効果ですね♪

まとめ

 ここまでいくつかくびれの作り方をお伝えしてきましたが、くびれを作るのに、大変な運動をしたりすることは必要ないことが伝わったでしょうか。くびれを作るのは意外と簡単なのです。もちろん、くびれを作るのと同時に体脂肪も落としていくのが理想なのですが、くびれは女性らしさの1つにも挙げられるくらい、大切な場所なので多少ぽっちゃりしていてもくびれていることに越したことはありません。ぜひ普段の生活でもくびれづくりを意識しながらきれいなくびれを作って、流行りのおしゃれな洋服を着こなしましょう!