スポンサーリンク

たたくだけダイエット!?

スポンサーリンク

こんばんは、ダイエットの神様です。
全身をトントンとたたくと、血流がアップします。
「最近やせにくくなった」となげく前に、毎日1回フルコースの「体たたき」をおこなってみませんか。
体をたたくマッサージ法を、叩打法(こうだほう)といいます。
家庭でもおこなわれている肩たたきなども、叩打法のひとつです。
本格的に体を叩いて体の調子を整えるのは、厚生労働省認可の国家資格のひとつあんまの資格を持つ人ですが、その治療法を応用して自分で「パンパン、トントン、タンタン」と体を叩くことで、サイズダウンすることも可能です。

スポンサーリンク

全身を叩いて体をほぐす叩打法の効果

自律神経のバランスを整えて血のめぐりをよくする叩打法は、ダイエットに効果的です。
腕や足が太くなり、お腹が出てお尻がたるむのは、体が不要な老廃物や脂肪をため込んでいるからです。
自分でツボを押したり、リンパマッサージをするのはが苦手という人も、体を軽くたたくだけなら簡単です。
毎日2分~3分、足の裏から順に太もも、お尻、お腹、腕、肩と上へ上へと軽くたたくだけで、たいていの人は2週間ほどで新陳代謝がよくなりダイエット効果があらわれます。
プロの叩打法は次のように分類されますが、あんま治療を受けたことがある人はきっと納得されるのではないでしょうか。

プロがおこなう叩打法の種類

・拍打法(手をくぼませて叩きます)
・切打法(手刀で叩きます)
・手背打法(左右の手を交差して合わせ、空気を含ませて叩きます)
・拳打(軽く握った両手の拳で叩きます)
・指背打法(指の背面で叩きます)
・指端打法(軽度の圧をかけて指の先で叩きます)

自分でおこなう全身叩き

朝なら軽くトータルで3分、入浴前なら5分くらいかけておこなうとよいでしょう。
肩を叩くときは、手をグーにして、小指側を下にしてトントンと叩きます。
お腹をたたくときはカップハンドにして、空気を含ませてパンパンと叩きます。
ふくらはぎや太ももを叩くときは、手をグーの形にして親指以外の4本の指が触れるようにタンタンと叩きます。
では、次の1~10の部位を20回ずつ叩いていきましょう。

1、足の裏
体を支えている足の裏には、ツボが集中しています。
片方の足をもう一方の太ももの上に置き、手をグーの形にして 小指側全体が足の裏にあたるように、足の裏全体をトントンと叩きます。
くるぶしのまわりも叩いておきましょう。左右両方おこないます。

2、ふくらはぎ
足首からふくらはぎにかけては、手をグーの形にして親指以外の4本の指があたるように、こぶしとこぶしで足を挟んで足の両サイドをタンタンと叩き上げます。次に足の前と後ろを挟むようにして同じようにひざ裏まで叩き上げます。  
もう一方の足も同様におこないます。

3、太もも
ふくらはぎの延長として同じように手をグーの形にして親指以外の4本の指があたるように、こぶしとこぶしで足を挟んでタンタンと叩き上げますが、太ももの前側と後ろ側も同様に挟んで、足の付け根まで叩き上げます。

4、そけい部
肩幅に足を開いて立ち、手をグーの形にして 小指側全体が足の裏にあたるように、そけい部を左右交互にトントンと交互に叩きます。

5、お尻
立ったまま片方のお尻をつき出すようにして、手をグーの形にして 小指側全体がお尻にあたるように、トントンと全体をリズミカルに叩きます。

6、お腹
肩幅に足を開いて立ち、手をグーの形にして 小指側全体があたるように叩きます。次に手をカップハンドの形にしてパカパカと叩きます。

7、胸
肩幅に足を開いて立ち手をグーの形にして親指以外の4本の指があたるように右手で左側のアンダーバストをタンタンと軽く刺激していきます。
次は左手で右側のアンダーバストを同じように叩きます。

8、腕
腕は前に伸ばし、手をグーの形にして親指以外の4本の指があたるように、手首から脇の下までタンタンと叩きます。内側も外側も同様に叩きます。

9、脇の下
片方の腕を上げ、もう片方の手を小指側全体が脇の下にあたるようにグーの形にしてトントンと叩き、脇の下のリンパを刺激します。
もう片方も同じようにおこないます。

10、肩
肩から首にかけて、小指側全体が肩にあたるように右手で左肩をトントンと叩きます。もう片方も同じようにおこないます。

全身シェイプアップするためには

朝は軽く全身を叩いて筋肉を目ざめさせ、夜はお風呂あがりに叩くと代謝が上がります。
まず、ウエストや太ももから効果があらわれますが、このダイエット法は体重が目に見えて減るようなダイエット法ではありません。
全身を叩くことで血行が良くなり冷えが改善され、結果的にやせるので、同時に夜だけ主食のご飯をいつもの半分にするなど、食事面でも少し工夫してみましょう。
少々遠回りかも知れませんが、リバウンドすることもなく、冷え性が改善されて体調がよくなります。

まとめ

体をリズミカルに叩くと血液の循環がよくなり、気持ちも前向きになります。
運動が苦手な人や運動のために時間が取れない人も、2分~3分でできるのが全身叩きのよいところです。
しかし、叩けば叩くほど痩せるわけではないので、痛いほど叩いたり、長時間叩くのはやめて下さいね。
「たたくだけダイエット」は日々のアクセントにもなるのでチャレンジしてみましょう。