スポンサーリンク

もち麦ダイエット!ダイエット効果と食べ方は?

スポンサーリンク

こんにちはダイエットの神様です。
ダイエットにおいて、もち麦が話題となっています。ダイエットに興味がある方であれば、もしかしたら耳にしたことがあるかもしれません。

もち麦とは一体どのような食品なのでしょうか?今回は、もち麦のダイエット効果ともち麦の食べ方などについて解説していきます。

ぜひ日々の食卓に、もち麦を取り入れてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

もち麦とは?

もち麦とはもち性の大麦で、食感がもちもちしています。白米と同様、炊いて食べられることが多いです。

もち麦には、ダイエットをしている方にとって嬉しい成分が入っています。

1. 豊富な食物繊維

もち麦には、ごぼうよりも多くの食物繊維を含んでいます。同じ穀類の白米と比べても食物繊維の量は圧倒的に多く、もち麦にはなんと白米の25倍もの食物繊維が含まれています。

もち麦に多く含まれている食物繊維は「大麦β-グルカン」と呼ばれる水溶性食物繊維です。大麦β-グルカンは町内の善玉菌のエサになるので、腸内環境が整ってお通じを改善させる効果があります。

そして大麦β-グルカンには、コレステロールを体の外へ排出する役割や、糖質の吸収を抑える役割もあります。そのため、大麦β-グルカンを摂取すれば痩せやすい体へとなっていきます。

2. セカンドミール効果で血糖値の上昇を抑える

セカンドミール効果とは、最初に食べた食事が次の食事を終えた後の血糖値にも影響する、という効果です。

もし次の食事を終えた後の血糖値も抑えることができれば、1日のトータルのインスリン分泌量を抑えることができるので、肥満を防ぐことができます。

また、満腹感を抑える効果もあるので、間食や食べ過ぎも防げます。したがって、セカンドミール効果のある食事をとることが、ダイエットの秘訣なのです。

実はもち麦にもセカンドミール効果があります。もち麦を朝に食べると、朝食後の血糖値の上昇はもちろん、昼食後の血糖値の上昇も抑えます。そしてなんと、夕食後の血糖値の上昇も抑えられるのです。

もち麦を朝食に食べれば血糖値の上昇が抑えられ、満腹感も持続するので、ダイエットの大きな味方と言えます。

もち麦ダイエットの効果は?

このように、もち麦はダイエットに効果的な成分が含まれており、セカンドミール効果もあります。ですが、実際に食べてみて効果はあるのでしょうか?

1. 早くて2週間でダイエット効果を実感

早い人であれば、2週間もち麦を食べ続ければウエスト周りのぜい肉が落ちていきます。そして腸内環境が整ってお通じも良くなり、便秘が解消します。

便秘が解消すれば痩せやすくなるだけでなく、お肌も綺麗になりますし日常生活でイライラすることも減ります。

2. むくみも解消する

もち麦を日頃から食べれば、むくみも解消します。もち麦には白米の2倍ほどのカリウムが含まれているので、体内の余分な水分を排出してむくみを解消することができます。

3. 満腹感も得られる

もち麦はもちもちしていて噛み応えもあるので、満腹感も簡単に得られます。噛む回数が多いと満腹中枢が刺激され、少量でも満腹感を得られ、食べ過ぎを防ぐことができます。

もち麦は朝食と夕食に食べるのがベスト!

もち麦は朝食と夕食に食べるのが一番です。

上記で述べた通り、もち麦にはセカンドミール効果があり、1日を通して血糖値の上昇を抑えることができます。そのため、朝にもち麦を食べておけば肥満になることを防げます。

では、夕食に食べるメリットは何でしょうか?

夕食と次の日の朝食は時間がかなり空きがちです。そのせいで夕食を食べ終えた後に間食や夜食を食べる方もいるでしょう。

しかし、もち麦は食感や噛み応えゆえに満腹感が持続しやすいです。そのため、夕食にもち麦を食べておけば、夕食後に間食や夜食を食べないで済みます。

もち麦の食べ方

もち麦はどのようにして食べれば良いのでしょうか?ここからは、もち麦の食べ方を紹介していきます。

1. 白米を加えて炊く

10割もち麦で食べるのも良いですが、白米と混ぜて食べると食べやすくなります。いきなり10割もち麦で食べるとクセが強いので、まずはもち麦3割ぐらいから始めて、徐々に割合を増やしていきましょう。

白米2合で炊く場合は、もち麦を100g入れて、水を200ml入れて炊くようにしましょう。

2. 一緒に水を飲む

もち麦に含まれている食物繊維は、水溶性食物繊維です。水溶性食物繊維は水で膨らむという性質があるので、もち麦と一緒に水を飲めば満腹感がよりアップします。

そして、便のかさも増すので、お通じもかなり改善します。

3. 一緒に漬物を食べる

もち麦と一緒に漬物を食べるのもオススメです。漬物には植物性乳酸菌が含まれており、もち麦と一緒に食べると腸内の善玉菌がより活性化します。

漬物はキムチ、たくわん、ぬか漬け、しば漬けなどがオススメです。体に良いだけでなく、美味しく食べられることでしょう。

最後に

もち麦はダイエット効果が豊富な食品です。いきなり白米をやめてもち麦だけ食べるのは負担ですが、白米と一緒に食べるのであれば負担なく食べ続けられることでしょう。

ぜひもち麦ダイエットを成功させましょう!