スポンサーリンク

やってみよう。ファスティングダイエット!

スポンサーリンク

こんにちはダイエットの神様です。
ファスティングダイエットをご存知ですか?名前は聞いたことあるかな・・・。なんて方もいるかもしれません。名前を聞いたことがある時点で、星の数ほどあるダイエットの中では結構メジャーな部類に含まれるのではないでしょうか。今日は、そんなファスティングダイエットを紹介していこうと思います。

 ファスティングダイエットとは、イメージ的には断食に近いです。でも修行のような断食を思い浮かべてはいけません。断食は、専門知識がないと時には危険も伴うものですが、そんな断食との違いは、断食は水以外一切口にしないのに対して、ファスティングダイエットは、置き換えダイエットでよく用いるスムージーや青汁や酵素ドリンクのようなものを飲んでもいいという事です。基本飲み物ならOKです。

絶食じゃないなら続けられるかも・・・♡と思った方。さっそくやり方を説明していきますね。

準備期間と回復期間を用意しよう。

 ファスティングダイエットでは、半日断食、1日断食、3日断食などいくつかやり方がありますが、どれも共通して言えることは、その日数だけで完成ではなく、まず、少しずつ炭水化物や脂分を抜き、食事の量も減らしていく準備期間、実際に断食をする断食の期間、体を普通の食事に慣れさせていく回復期間が必要です。1日のファスティングなら、まず前日の夕飯は腹5分目位で炭水化物や揚げ物は控えます。当日はできれば何も食べないか、無理そうなら酵素ドリンクや青汁、野菜スープを飲みます。回復期は徐々に体を慣らします。なので、実質3日は必要になります。そうやって、体に極力負担をかけることなくいつもの生活に戻れるようにしていきます。プラス筋トレなどの運動をすれば、バッチリ!もちろん1度やってみて、効果を感じればそれで終了してもいいですが、自分の目標体重になるまで何度も続けることで、大幅なダイエットの成功も夢じゃありません!!

腸活にもなります!

 最近何かと流行っている「腸活」という言葉。
 腸活と言っても幅広いのですが、ファスティングダイエットも、腸活になるのです。私は普段から便秘がちで、腸活と言うと、便秘解消の事かな?と直訳してしまいがちなのですが、腸って実はすごい役目をしてるのご存知でしたか?例えば、腸には神経細胞がたーーくさんあって、どのくらいたくさんあるのかと言うと、なんと脳の次に多いんだそうです!脳の次が腸!?ってなりますよね。脳の次は心臓あたりだと思っていませんでしたか?また、腸が健康だと、幸福感を感じて気持ちまで明るくなるとか、腸の不調がすべての病気の元だとか。私がそれを知った時は本当に驚きました。腸と不機嫌が関係あるなんて!私のイライラはあの人のせいじゃなくて、自分の腸のせい!?って。でも、腸をきれいにするだけで、気持ちが明るくなったり美人になったり、痩せたりするのなら腸活って一石二鳥どころか、三鳥、四鳥ですよね!
 ファスティングダイエットでも、一度腸を空に近い状態にして、キレイな状態にします。すると、肌がきれいになったり、体の中のいらないものが出てくるそうです。痩せるかどうかは別にしても、デトックスと言う意味でも効果が見られそうですね♪一度腸を空にすることで、消化・吸収・排出のサイクルがリセットされ、臓器の機能の回復が期待できます。

「食べる」ファスティング

 実は、食べてもいいファスティングダイエットも存在します。
 ファスティングダイエット中に野菜350g、果物200gを摂取します。血行量が多いので、スムージーにしたりスープにしたりして食べましょう。あくまでもファスティングダイエット中ですから、消化しやすい形にするのがベストです。味付けも、控えめに。薄いコンソメ味や、薄い塩味がいいと思います。そして、しつこいですがダイエット中ですから、よく噛んだり、ゆっくり食べたり、寝る前には控えるようにしましょう。

回復期には

 回復期には、まず重湯やおかゆを食べましょう。ずっと飲み物のようなものしか口にしていなかったので、早く固形物を食べたいって思ってしまいますが、あと少しの辛抱です。ここでつまずくと今までの我慢が台無しです。ゆっくりゆっくり体を慣らしていきましょう。まだ終了したわけではなく、終了前の回復期なので慎重に。失敗するとリバウンドが待っています。味付けも薄めにしたり、水を多く飲むようにしましょう。

まとめ 

ファスティングダイエット、いかがですか。ダイエットというよりは、腸や味覚など、体の機能を回復させる目的のほうが大きいかもしれません。それが結果的にダイエットにつながるという感じですね。少しは興味をもって頂けていたらうれしいです。道具もいらなければ、時間もかからない。お手軽なダイエットと言えそうです。しかし、ドリンクは飲んでいいといってもやはり、固形物を食べていないのですから力は出ません。準備期間と回復期間のことも考えて、実行するのは連休や長期休みの時がいいと思います。ぜひ、時間を見つけて試してみてください。