スポンサーリンク

アイスクリームでダイエット!アイスクリームはダイエットの味方!

スポンサーリンク

こんにちはダイエットの神様です。
あなたは「アイスクリーム」と聞いて、どんなイメージを持っていますか?

食べると太る?ダイエットの敵?それとも…?

アイスクリームにはカロリーがあるので、ダイエット中に食べるなんてもってのほかだと考えている方は多いでしょう。

しかし、実はアイスクリームはダイエットの天敵ではありません。

むしろ、アイスクリームはダイエットの味方になり得ます。

今回は、アイスクリームを使ったアイスダイエットについて解説します。

ダイエットのお供に、アイスクリームはいかがですか?

スポンサーリンク

アイスクリームがダイエットの味方の理由

アイスクリームは血糖値の上昇が緩やか

アイスクリームは血糖値の上昇が緩やかなので、食べても太りにくいです。

アイスクリームには乳脂肪が使われており、乳脂肪が血糖値の上昇を緩やかにしてくれます。

アイスクリームを食べると脂肪の燃焼が進む

アイスクリームを食べると、脂肪の燃焼が進みます。

「アイスクリームにそのような効果があるなんて意外!」と思われるかもしれませんが、そのメカニズムはどのようなものなのでしょうか?

まず、アイスクリームは冷たい食べ物なので、食べると体が冷えます。

体が冷えたら、体は体温を上げるために、体脂肪を燃焼させます。

それゆえに、アイスクリームを食べると脂肪の燃焼が進むのです。

アイスクリームの乳脂肪は体に蓄積されにくい

アイスクリームには乳脂肪が使われているので「食べたら太るんじゃ?」と思っている方はいるかもしれません。

しかし、アイスクリームに使われている乳脂肪は、体に蓄積されづらいタイプのものです。

むしろアイスクリームの乳脂肪は、食べるとエネルギーに変換されるので、エネルギーの補給としても優れています。

また、乳脂肪にはビタミンB群やミネラルが含まれており、栄養素もバッチリです。

カルシウムが豊富

アイスクリームはカルシウムが豊富で、カルシウムには脂肪の蓄積を抑制する効果があります。

体脂肪を増やしたくない方は、アイスクリームを食べましょう。

乳糖が脂肪を抑える

アイスクリームに含まれている乳糖には、内臓脂肪と皮下脂肪を抑える効果があります。

そのため、アイスクリームを食べれば肥満の予防にもなります。

バニラ味の高脂肪アイスクリームがおすすめ!

ダイエット中にアイスを食べるのであれば、バニラ味の高脂肪アイスクリームがおすすめです。

バニラ味のアイスクリームには「バニリン」という成分が含まれており、バニリンには

・食欲抑制
・リラックス効果
・肥満予防効果

という3つの効果があります。

そして、高脂肪のアイスクリームには、身体に必要な栄養素が豊富に含まれています。

そのため、ダイエット中でもしっかりを栄養素を摂ることができるのです。

具体的な商品名を挙げるのであれば、

・ハーゲンダッツ
・牧場しぼり
・MOW

などがおすすめです。

ダイエット中のアイスクリームの食べ方

ダイエット中、アイスクリームはどのように食べれば良いのでしょうか?

15時〜18時の間にアイスクリームを食べる

15時〜18時の間は、1日の中で最も太りづらい時間帯です。

なぜならば、この時間帯は1日の中で最も体温が高くなり、代謝が良いからです。

この時間帯であれば間食にアイスクリームを食べても太る心配はありませんし、栄養素もしっかり補給できます。

逆に夜の遅い時間帯は体温が低く、エネルギーを溜め込みやすい時間帯なので太りやすいです。夜の遅い時間帯のアイスクリームは避けましょう。

朝ごはんをアイスクリームにする

アイスクリームは、おやつの時間帯だけでなく、朝ごはんに食べるのもおすすめです。

朝ごはんをアイスクリーム100gに置き換えれば、約212kcalなので摂取カロリーをかなり抑えられます。

そして、朝ごはんにアイスクリームを食べることには、カロリーを抑えられる以外のメリットがあります。そのメリットは主に2つあります。

一つ目に、アイスクリームにはバニリンという成分が含まれていますが、バニリンにはリラックス効果があります。バニリンのリラックス効果によって、落ち着いた気持ちで1日をスタートすることができます。

二つ目に、アイスクリームには糖分が含まれているので、糖分が脳へのエネルギーになります。そのおかげで、頭がすっきりとします。

朝ごはんでのアイスクリームはいいことづくしですので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

アイスクリームの食べ過ぎには注意!

アイスクリームはダイエットをしている方の味方ですが、食べ過ぎないようにしましょう。

アイスクリームを食べ過ぎるとお腹を壊してしまいます。

1〜2個であれば適度に胃腸を刺激し、便秘解消効果がありますが、くれぐれも食べ過ぎには気をつけましょう。

最後に

今回は、アイスクリームのダイエット効果について解説しました。

アイスクリームは太るというイメージを持っている方も多いかと思いますが、実は意外とそうでもなかったのです。

もちろんしっかりと体重を落としたいのであれば、運動や食事制限をメインに行うべきですが、ダイエット中の食べ物としてアイスクリームはおすすめです。

ぜひダイエットのお供にアイスクリームを食べてみてはいかがでしょうか?