スポンサーリンク

オイルでダイエット!話題のMCTオイルとは?

スポンサーリンク

こんにちはダイエットの神様です。
ダイエットと言えば、食事制限と運動が定番です。ダイエットをしている方であれば、食べる量を普段より少なくして、筋トレや有酸素運動に励んでいることでしょう。

しかし、それ以外にもダイエットの方法はあります。その中の一つとして「オイルダイエット」と呼ばれるものがあります。オイルダイエットでは、MTCオイルという特別なオイルを使います。

オイルダイエットとは一体どのようなダイエットなのでしょうか?また、MCTオイルとは一体どのようなオイルなのでしょうか?見ていきましょう。

スポンサーリンク

MCTオイルとは?

MCTオイルの正式名称は「Medium Chain Triglyceride Oil」です。それを略してMCTオイルと呼ばれており、日本語では「中鎖脂肪酸オイル」と呼ばれています。

文字どおり、MCTオイルには中鎖脂肪酸と呼ばれる物質が入っており、例えば有名なココナッツオイルにも中鎖脂肪酸が入っています。

ただし、ココナッツオイルに含まれている中鎖脂肪酸は60%程度で、MCTオイルは中鎖脂肪酸が100%です。

中鎖脂肪酸は脂肪になりにくい!

では、MCTオイルに含まれている中鎖脂肪酸とは一体どのような物質なのでしょうか?

中鎖脂肪酸は、ヤシ科植物の種子部分や牛乳などに含まれている物質です。味や色、臭いがないのが特徴です。

そんな中鎖脂肪酸に対して、長鎖脂肪酸というのもあります。

長鎖脂肪酸とは、炭素が連なっている鎖の部分が、中鎖脂肪酸の2倍もある脂肪酸で、オリーブオイルなどに含まれています。

中鎖脂肪酸は、炭素の鎖の長さが長鎖脂肪酸と比べて短いので、水に溶けやすいという性質を持っています。

水に溶けやすいということは、体内に取り込まれやすいということです。吸収効率が良いので、体内に取り入れたらすぐにエネルギーに変換されます。

また、中鎖脂肪酸は代謝されるスピードも早いので、体脂肪になりにくいです。ゆえに、中鎖脂肪酸はダイエットに適した物質なのです。

中鎖脂肪酸はエネルギーも生み出す

MCTオイルを摂取すれば、ケトン体回路と呼ばれる回路が活性化し、脂肪を分解してケトン体と呼ばれる物質が生成されます。

ケトン体とはブドウ糖の代わりになるエネルギー源で「βヒドロキシ酪酸」「アセトン」「アセト酢酸」の総称です。

ケトン体は、血液中のブドウ糖が少ない時に生成され、エネルギー源になります。しかし、中鎖脂肪酸を摂取することで、血液中のブドウ糖が少ない時でもケトン体を生成することができます。

長鎖脂肪酸もケトン体を生成することができますが、中鎖脂肪酸の生成能力は長鎖脂肪酸の約10倍です。

ケトン体が生成されると、体内のブドウ糖を保存できるので、運動などをする時に便利です。

便秘解消するペクチン

MCTオイルには、ペクチンと呼ばれる物質も含まれています。ペクチンとは水溶性の食物繊維で、胃腸の調子を整えます。

ペクチンには水分を吸収する効果もあるので、ペクチンを摂取すれば便が柔らかくなって排便が促されます。

MCTオイルのダイエット以外の効果

MCTオイルには、ダイエット以外の効果もあります。

MCTオイルは、アルツハイマー病の予防や改善にも効果があるのです。60歳以降になるとアルツハイマー病を発症する人が増えますが、MCTオイルを摂取すればアルツハイマー病を予防できるかもしれません。

MCTオイルのダイエット方法!

MCTオイルはどのように摂取すればいいのでしょうか?ここからはMCTオイルのおすすめな摂取方法を紹介していきます。

1. コーヒーに入れる

コーヒーにMCTオイルを入れれば、手軽にMCTオイルを摂取することができます。MCTオイルは、コーヒー1杯に対して大さじ1〜2杯入れましょう。

コーヒーにMCTオイルを入れて飲めば、まろやかで濃厚な味わいになります。

2. 味噌汁に入れる

MCTオイルは味噌汁に入れても美味しいです。味噌汁に入れるのであれば、味噌汁1杯に対して小さじ1杯を入れましょう。

3. ドレッシングに混ぜる

ドレッシングに混ぜてサラダにかけて食べれば、野菜をより美味しく食べられます。ドレッシングに混ぜるのであれば、ドレッシング大さじ1杯に対してMCTオイルを小さじ1杯入れましょう。

MCTオイルの注意点

MCTオイルを摂取する際は、注意点もあります。

1. 多量摂取は腹痛・下痢を引き起こす

MCTオイルは大量に摂取するとお腹がゆるくなり、下痢を引き起こします。MCTオイルの摂取は、1日大さじ1〜2杯にするようにしましょう。お腹が弱い方は、それよりも少なめにすると安心です。

お腹を下さないためには、豆乳や卵と一緒に飲むのがおすすめです。

2. 酸化しやすい

MCTオイルは他の油と比べてみても、すぐに酸化しやすいです。そのため、飲み物にMCTオイルを入れたり食べ物にかけたりしたら、すぐに摂取するようにしましょう。

3. 煙が出やすい

MCTオイルは熱に弱いので、火にかけると煙が沢山出ます。炒め物などにMCTオイルを使うのはやめましょう。

最後に

MCTオイルのダイエット効果を紹介してきました。MCTオイルは通販サイトで購入することができるので、興味がある方はぜひ買ってみてはいかがでしょうか?