スポンサーリンク

オイルを有効活用してダイエット

スポンサーリンク

こんにちはダイエットの神様です。
オイルと言うと、油、太る、脂肪というようなイメージがありませんか?しかし、オイルも上手に選び、上手に付き合えばダイエットの味方となります。一時、ココナッツオイルが流行したことがありましたね。今回は、そんなオイルの使い方や効果を徹底解析してみたいと思います。
 

MTCオイル

まずは、MCTオイル。「Medium Chain Triglyceride」の略で、日本語に置き換えると中鎖脂肪酸のことを言います。脂肪酸には、その他にオリーブオイルや魚などに含まれている長鎖脂肪酸、バターなどに含まれる短鎖脂肪酸があります。どの脂肪酸にも様々な効果がありますが、ダイエットに向いているのは中鎖脂肪酸だと言われています。先ほども出てきた少し前に流行ったココナッツオイルには、中鎖脂肪酸が60%含まれています。しかし、MCTオイルにはなんと!100%の中鎖脂肪酸が含まれているのです。
さて、その中鎖脂肪酸がダイエットにどのような影響を及ぼすのかという事ですが、摂取することで体の脂肪が燃えやすくなります。
少し難しい話になりますが、ヒトの体は、普段は代謝しやすい糖質をエネルギーとして利用していますが、体内に糖質が少なくなると脂肪を分解してケトン体を作りエネルギーを産生しようとします。つまり、ケトン体が優先的に使われるようになると、脂肪の燃焼効率が上がり、痩せやすい体になると言われています。
という事で、体をケトン体が優先して使われる体にしていかなければなりません。しかし、ケトン体はあくまでも糖質がないときに優先して使われるもの。体内に糖質があれば、迷わず糖質をエネルギーとして使ってしまいます。なので、MCTオイルをつかったダイエットの時は、同時に糖質制限ダイエットもしなければならないという事です。と言うより、糖質制限ダイエットの効果を上げるのがMCTオイルと言ったほうがいいかもしれませんね。
MCTオイルの摂取の仕方ですが、ドレッシングとして使ったり、コーヒーに混ぜて毎食大匙1杯ほど摂取しましょう。食事の代わりにMTCオイルを入れたコーヒーを飲むのも可です。ただし、加熱してはいけません。常温のままで使用しましょう。
私も実はやったことがあるのですが、毎朝大匙1杯のMCTオイルを飲んでいただけなので、なんの効果もありませんでした。大事なのはケトン体を発生させることです。炭水化物を少なめにして、MCTオイルを摂取しましょう。

オリーブオイル

オリーブオイルダイエットとは、オリーブオイルを一日に大さじ1.5杯摂取するだけで、身体が無意識に食事の量を減らし、体重を減少させるようにするダイエット法です。だいたい一日に大匙1.5杯~3杯飲むのですが、一気に飲めない場合は数回に分けて摂取してもいいそうです。オリーブオイルを飲むのに抵抗がある人は、食パンに塗ったり、コーヒーやスープに入れたり、ヨーグルトに入れたりしても大丈夫です。オリーブオイルを摂取することで、食欲が段々減っていくのがこのダイエットの効果です。
さらに、オリーブオイルにはオレイン酸が豊富に含まれていて、血液をサラサラにし血中コレステロール値を低下させたり、胃腸の働きを整え便秘を解消する効果があります。それ以外にも、美肌効果などもあるそうです。同じオイルでもMCTオイルとオリーブオイルでは全く違った方法で体に働きかけてくるのですね。
オリーブオイルにもいろいろな種類がありますが、バージンオリーブオイルは癖が強く、飲みにくいと感じる人も多いので精製オリーブオイルなどをお勧めします。

アマニオイル

アマニオイルとは、植物性の油で、オメガ3脂肪酸といわれる不飽和脂肪酸を含んでいます。アマニオイルが持つアルファリノレン酸は、必須脂肪酸の中で、現代人がもっとも不足している大切な脂肪酸になります。脂肪酸の分子構造の形状から、オメガ3脂肪酸に分類されます。アマニオイルを摂取することでより自然で効率のよい代謝システムができあがります。結果、ダイエット効果につながります。また、美容に効果があると言われているαリノレン酸が豊富に含まれています。アマニオイルは、だいたい1日に小さじ1杯ほど摂取します。加熱すると効果が薄れるので、料理に混ぜるなどして摂取しましょう。癖があるので、味の濃い食べ物がお勧めです。
さらに女性にとっては、アマニオイルは嬉しい効果がたくさんあります。バストアップのためのサプリにもアマニオイルが含まれているんですよ!アマニオイルには、女性ホルモンを調整する作用があるそうです。また、アトピーやアレルギーの予防にも効果があります。なんと、アトピーの場合は肌に直接塗ってもいいそうです。

まとめ

今回3つのオイルを紹介しましたが、いかがだったでしょうか。求めている効果によって、使うオイルは変わってくると思いますが、大事なのは、これらはあくまでも油であることを忘れないことです。カロリーは普通に高いです。また、飲めば痩せる魔法の油ではありません。やり方や量をしっかり守ることで、効果が実感できます。また、今回ご紹介したオイルはすべて加熱しないほうが効果が得られるオイルですので、気を付けてください。熱を通さない摂取の仕方も、調べればたくさん出てくると思います。ご自分に合った方法で摂取してみてください。もうどのオイルを買うか決めましたか?さあ、今からスーパーへレッツゴー!