スポンサーリンク

ガッテンで放送されていたダイエット方法!無理なく痩せられる?

スポンサーリンク

こんにちはダイエットの神様です。
NHKでは「ガッテン!」という生活情報番組が放送されています。

ガッテンでは、日常生活で役に立つ情報や便利な情報が放送されています。

見るだけでも勉強になるのがいいところですよね。

そんなガッテンでは、たまにダイエット法について放送されることもあるのです。

今回は、ガッテンで紹介されたおすすめのダイエット法を紹介します。

ガッテンを見逃した方は、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

体重の3%を落とす3%ダイエット!

一つ目に紹介するのは「3%ダイエット」です。

3%ダイエットとは、2か月かけて自分の体重の3%を減らすことを目標とするダイエット方法です。

3%ダイエットは続けやすいダイエット!

ダイエットと聞くと「たくさん体重を落とさなければいけない」とイメージする方も多いかと思いますが、3%ダイエットはたったの3%なので無理なく痩せられます。

例えば体重が100kgの人なら、3%の3kgを2か月落とすだけで良いのです。

1日あたりに換算したら、1日50gの減量を2か月続ければ目標達成です。

これなら、ダイエットに苦手意識がある方でも、無理なく痩せることができます。

逆に短期間で体重を大幅に落とすようなストイックなダイエットは、挫折しやすいです。

そのようなダイエット法は、内臓に負担がかかりますし、筋肉量も減るので代謝が下がってしまいます。

ダイエット初心者の方は、3%ダイエットから始めましょう。

体重を減らせる以外にもメリットあり!

3%ダイエットは、体重を減らせる以外のメリットがあります。

体重を3%減らした方は「血圧」「血糖値」「悪玉コレステロール」の改善が見られました。

概要は以下の通りです。

・血圧…4〜5mmHg減少
・血糖値…2mg/dL減少
・悪玉コレステロール…4mg/dL減少

特に中年の方だと、血圧や血糖値は気になるところですよね。

体重を減らすだけでなく、健康にも気を使いたい方は、ぜひ3%ダイエットをやりましょう。

3%ダイエットのやり方

体重100kgの方の場合、1日50gの減少が必要ですが、脂肪に換算したら体重50gは300kcalに相当します。

そのため、食べる量を300kcal分減らすか、運動による消費カロリーを300kcalにすれば1日の目標を達成できます。

しかし「どうやってカロリー計算すればいいの?」と思う方もいますよね。

そこで役立つのが「マイナス100キロカロリーカード」です。

(マイナス100キロカロリーカード)
http://www9.nhk.or.jp/gatten/assets/pdf/diet_card01.pdf
http://www9.nhk.or.jp/gatten/assets/pdf/diet_card02.pdf

マイナス100キロカロリーカードには、100kcal分の食事量(100kcal消費する運動)が書かれています。

1日300kcal減らしたいのであれば、3枚のカードを組み合わせて実行すれば、1日300kcalを達成できます。

これなら、いちいち面倒臭い計算をしなくても、自分がすべきダイエット方法が見えてきますよね。

マイナス100キロカロリーカードを有効活用して、3%ダイエットを成功させましょう。

2週間のおやつダイエット!

おやつと言えば、ダイエットの天敵というイメージがありますよね。

砂糖や脂肪分がたっぷりで高カロリーだから、食べたら太りそうと思うのも無理はありません。

しかし、おやつは食べ方によってはダイエットの味方にすることができます。

やり方は簡単で、2週間おやつを食べ続けるだけです。

2週間おやつを食べると体重が減る!

番組内では、ダイエットの参加者に2週間毎日おやつを食べてもらいました。

すると、参加者は2キロ以上痩せました。

これは一体なぜなのでしょうか?

おやつを食べればドカ食いを防げる

おやつを食べると逆に痩せるのは、おやつを食べれば食事の食べ過ぎを防げるからです。

実際、ダイエットの参加者はおやつを食べる生活を始めてから、夕食を残すようになりました。

これは、おやつである程度お腹が満たされているからです。

そのため、食欲も抑えられ、食べ過ぎを防げるのですね。

専門家の意見

インペリアルカレッジ・ロンドンの研究では2015年に、男女2,400人に対して1日の食事回数を摂取カロリーの関係を調査しました。

すると、食事回数が3回以下のグループと6回以上のグループとで、以下のような違いが見られました。

・1日の摂取カロリー…6回以上の方が14%少ない
・BMI…6回以上の方が1.5ポイント少ない

このように、6回以上食べている人の方が、摂取カロリーとBMIがともに少なかったのです。

したがって、おやつを食べて1日3食よりも多く食べている人は、逆に太らないのです。

また、慶応義塾大学教授の伊藤裕さんは「低血糖だとお腹が空くが、おやつを食べることで低血糖による空腹を防げる」と述べています。

この通り、おやつを食べれば、

・摂取カロリーを抑えられる
・BMIを減らせる
・低血糖による空腹を防げる

というメリットがあります。

ダイエット中の方こそ、おやつを食べるようにしましょう。

2週間おやつダイエットの注意点

おやつは食事の食べ過ぎを防げますが、高カロリーのおやつを食べてしまったら本末転倒です。

また、おやつばかり食べていたら栄養バランスが崩れてしまいます。

おやつダイエットをする際は、食べるおやつの種類と量に気をつけましょう。

ガッテン式のダイエットで痩せよう!

今回は、ガッテンで放送されたダイエット方法を紹介しました。

今回紹介したダイエット方法は、どれも無理なく痩せられるダイエット方法です。

ぜひガッテン式のダイエット方法で、体重を落としましょう!