スポンサーリンク

ゴルフ選手のダイエット方法とは?トレーニングと食事法を紹介!

スポンサーリンク

こんにちはダイエットの神様です。
あなたは現在、ダイエットに取り組んでいますか?もしダイエットに取り組んでいるのであれば、ゴルフ選手のトレーニングや食事のとり方が参考になります。

ゴルフ選手は、ただボールを打つトレーニングだけでなく、ボールを使わないトレーニングも行っています。ボールを使わないトレーニングもすることで、体の軸をより安定させ、ボールの飛距離を伸ばすための筋力を身につけていくのです。

ボールを使わないトレーニングの中には、ダイエットにも効果的なトレーニングもあります。

そしてゴルフ選手は、食事にもこだわって体重調整を行います。太っているとスイングの際に腰に負担がかかりますし、痩せていると下半身が安定しません。そのため、ゴルフ選手は体型や体重を気にします。

したがって、ゴルフ選手のトレーニング法や食事のとり方は、ダイエットをする方にとっても参考になる部分があるのです。というわけで今回は、ゴルフ選手のトレーニング法と、食事のとり方について紹介していきます。

スポンサーリンク

ゴルフ選手の体幹トレーニング

ゴルフにおいては、体幹を鍛えることが重要になってきます。なぜならば、体幹がしっかりしていると、ゴルフのプレーがよくなるからです。

体幹がしっかりしていると、スイングの際にパワーをボールに伝えやすくなるので、ボールの飛距離が伸びます。また、体幹が鍛えられていると体が疲れにくいので、スコアも安定します。

また、体幹トレーニングは、ダイエットをしている方にもおすすめです。体幹を鍛えればお腹が引き締まりますし、基礎代謝がアップするので太りにくい体になります。

というわけで、ゴルフをしている方も、ダイエットをしている方も体幹トレーニングをしましょう。

1.ボールレッグレイズ

まず体幹を鍛えるのにおすすめなのが、ボールレッグレイズです。この体幹トレーニングでは、バランスボールを使います。やり方は以下のとおりです。

1.仰向けになり両足を伸ばし、足の先端の方でバランスボールを挟む
2.挟んだ状態で、両足を床に対して垂直になるようにまっすぐ上げる
3.1.の状態に戻す
4.2.〜3.を5〜10回繰り返す
5.残り2セット行う

2.サイドプランク

サイドプランクは、腹斜筋を鍛えることができます。腹斜筋が鍛えられていると、スイングが安定し、スイングのスピードも上がります。そのため、ゴルフにおいて腹斜筋は、かなり重要な筋肉です。

サイドプランクのやり方は、以下のとおりです。

1.横に寝て、両足を伸ばす
2.上体を床側の肘で支える
3.上側の手を腰にあて、その状態を60秒キープする
4.残り2セット行う

ゴルフ選手の腕のトレーニング

ゴルフ選手は、腕のトレーニングも行います。腕を鍛えておけば、スイングの際にパワーを伝えられます。

そして、腕を鍛えれば引き締まるので、ダイエットをしている方にも腕のトレーニングはおすすめです。

ダイアモンドプッシュアップ

腕のトレーニングでおすすめなのが、ダイアモンドプッシュアップです。ダイアモンドプッシュアップでは、上腕三頭筋を鍛えることができます。

スイングの際は、肘を伸ばすための筋力が必要ですが、肘を伸ばす際は上腕三頭筋が使われます。

ダイアモンドプッシュアップのやり方は以下のとおりです。

1.両手の親指と人差し指でダイアモンドの形を作る
2.その状態で腕立て伏せをする
3.2.を5〜10回繰り返す
4.残り2セット行う

ゴルフ選手の下半身のトレーニング

ゴルフにおいて、下半身のトレーニングはさほど重要でないと思われがちですが、下半を鍛えることはかなり重要です。

下半身を鍛えればバランス感のあるフォームになりますし、スイングの際に力をボールに伝えやすくなるのです。

また、下半身は全身の筋肉の大半を占めるので、鍛えれば基礎代謝がアップしてダイエット効果が見込めます。そのため、ゴルフはしないけどダイエットはしたい方にも下半身のトレーニングは必要です。

1.スクワット

スクワットでは、大臀筋と大腿四頭筋を鍛えることができます。やり方は以下のとおりです。

1.直立し、腕を前で組む
2.太ももが床に平行になるように、お尻を下げていく
3.1.の姿勢に戻す
4.2.〜3.を10〜20回繰り返す
5.残り2セット行う

2.素振り

実際にクラブを使って素振りをしても、十分に下半身が鍛えられます。

素振りをする際は、5センチぐらい深く膝を曲げて行いましょう。そうすることで、下半身に対する負荷がよりアップします。

ゴルフ選手の食事とは?

ゴルフ選手は、普段どのような食事をとるのでしょうか?

1.バランスの良い食事をとる

ゴルフ選手は日々、栄養バランスのとれた食事をとります。基本は「主食」「主菜」「副菜」「汁もの」「果物」「乳製品」を揃えて食事をします。

2.タンパク質は多めにとる

ゴルフ選手は、色んな食品を満遍なく食べますが、中でもタンパク質は多めにとります。

なぜならば、タンパク質は筋肉や骨を形成し、ゴルフに必要な丈夫な体を作るからです。そのためには、肉や魚、乳製品を日々しっかりと摂取する必要があります。

そして、タンパク質は摂取の仕方やタイミングも重要です。

タンパク質は、ビタミンCを含む食品と一緒に摂取するのがおすすめです。ビタミンCは、タンパク質を効率よく吸収するための手助けをしてくれます。

ビタミンCはブロッコリーやピーマン、パプリカに多く含まれています。食事の際はそれらの食品と合わせてタンパク質を摂取しましょう。

食事以外の場面でタンパク質を摂取する場合は、運動後30分以内にタンパク質を摂取するのがおすすめです。運動後30分以内は、筋肉が作られやすい時間帯だからです。

運動後30分以内にタンパク質をとって、より引き締まった体を目指しましょう。

最後に

いかがでしたか?ゴルフ選手のトレーニング法には、ダイエット効果があるものも沢山あります。また、食事のとり方も、ダイエットをしている方には参考になるでしょう。

ぜひゴルフ選手を参考にして、ダイエットを成功させましょう。