スポンサーリンク

スロートレーニングでダイエット!メリットや効果、やり方は?

スポンサーリンク

こんにちはダイエットの神様です。
スロートレーニングというトレーニング法を知っていますか?

スロートレーニングと聞いて

「ゆっくり体を動かすんでしょ?本当に効果あるの?」

と思う方もいるかもしれません。

しかし、スロートレーニングは、しっかりと体を鍛えたい方にとてもおすすめなトレーニング法なのです。

どうしてスローなトレーニングが体を鍛えることに効果的なのでしょうか?

今回は、

・スロートレーニングとは?
・スロートレーニングのメリット
・スロートレーニングの効果
・スロートレーニングのやり方
・スロートレーニングの注意点

について、解説します。

スロートレーニングはダイエットをしたい方にもおすすめですよ。

スポンサーリンク

スロートレーニングとは?

スロートレーニングとは、ゆっくりと体を動かしながら鍛えるトレーニング方法です。

主に筋トレで、スロートレーニングが用いられることが多いです。

筋トレの際に、ゆっくりと体を動かすと、筋肉が緊張している状態を維持することができます。

筋肉の緊張状態が長いということは、それだけ筋肉にかかる負荷が大きいということです。

そのため、スロートレーニングは筋肥大や筋力増強の効果が期待できるのです。

スロートレーニングの特徴を簡潔にまとめると、以下のようになります。

・ゆっくりな動きでトレーニングをする
・筋肉に負荷を大きくかけられる
・筋肥大や筋力増強に効果あり

スロートレーニングのメリット

スロートレーニングのメリットについて、詳しく見てみましょう。

少ない回数で鍛えられる

スロートレーニングは、少ない回数で体を鍛えることができます。

スロートレーニングは動きがゆっくりなおかげで、筋肉に負荷を大きくかけることができます。

そのため、たくさん回数をこなさなくても、十分に筋肉に負荷がかかって鍛えられるのです。

たくさん回数をこなさなくても十分に鍛えられるのは、効率がいいですよね。

効率よく鍛えたい方にとって、スロートレーニングはおすすめですよ。

高頻度でやらなくてもOK

スロートレーニングは、負荷が高いトレーニングなので、高頻度でやらなくてもOKです。

筋トレと聞くと「高頻度でやらないと筋肉がつかない!」というイメージがありますが、負荷が高いスロートレーニングであれば、少ない頻度でも十分に鍛えられます。

仕事や学校で忙しい方だと、なかなか筋トレに時間を割けませんよね。

しかし、スロートレーニングであれば頻繁にやる必要がないので、忙しい方でも無理なく行えますよ。

忙しい方は、ぜひともスロートレーニングにチャレンジしてみましょう。

怪我をするリスクが低い

スロートレーニングは、怪我をするリスクが低いです。

体を激しく動かさない運動なので、安全に行うことができます。

もちろん、筋肉には大きな負荷がかかるので筋肉痛にはなりますが、関節を痛めるリスクは低いので安心です。

スロートレーニングの効果

スロートレーニングの効果について、詳しく見てみましょう。

筋肥大・筋力増強

スロートレーニングには、筋肥大・筋力増強効果があります。

動きがゆっくりな分、筋肉に大きな負荷を加えられるので、筋肥大・筋力増強させることができます。

回数を多めにやることによっても筋肉を鍛えることはできますが、一回あたりの負荷を高めることによっても筋肉は鍛えられるのです。

質の伴った筋トレをしたいのであれば、スロートレーニングがおすすめです。

食後にやると血糖値の上昇を抑制できる

スロートレーニングは、食後にやると血糖値の上昇を抑えることができます。

血糖値の上昇はダイエットの天敵で、血糖値が上がりすぎると体脂肪が増加する原因になります。

しかし、食後にスロートレーニングをすれば、体脂肪の増加を食い止めることができます。

食後の血糖値が気になる方は、ぜひスロートレーニングをやりましょう。

スロートレーニングのやり方

スロートレーニングは、どのように行えばいいのでしょうか?

3〜5秒かけて体を動かし、3〜5秒かけて元に戻る

スロートレーニングは「3〜5秒かけて体を動かし、3〜5秒かけて元に戻る」ことを意識して行いましょう。

例えばスクワットの場合、

・3〜5秒かけて腰を下ろす
・3〜5秒かけて元の姿勢に戻る

というやり方で行います。

これを何回か繰り返していると、筋肉に負荷がかかっていることを実感できますよ。

5〜10回が目安

スロートレーニングは、1セットあたり5〜10回行うのが目安です。

5〜10回は少ないと思うかもしれませんが、スロートレーニングは高負荷なトレーニングなので、5〜10回で十分です。

スロートレーニングの注意点

集中力が切れないように

スロートレーニングをする際は、集中力が切れないように気をつけましょう。

スロートレーニングは、動きがゆっくりな分、途中で集中力が切れやすいです。

集中力を保ってトレーニングをしましょう。

休日を挟む

スロートレーニングをしたら休日を挟みましょう。

スロートレーニングをすると筋肉に大きな負荷がかかるので、筋肉がとても疲れます。

疲れを取るためにも、休日を挟んで筋肉を休ませましょう。

スロートレーニングでダイエットをしよう!

今回は、スロートレーニングのメリットや効果について解説しました。

スロートレーニングは、質が高いトレーニング方法なので、しっかりと体を鍛えることができます。

「きついけど十分に体を鍛えたい!」という方はぜひスロートレーニングをしましょう。