スポンサーリンク

ダイエットにお勧めの運動をご紹介

スポンサーリンク

こんにちはダイエットの神様です。
ダイエットって、色々なやり方がありますよね。多いのは、やはり食事制限でしょうか。単品ダイエット、置き換えダイエットやプチ断食、食前に○○を食べましょう。というような食事がらみのダイエットが多いように感じます。やはり食べれば太るというイメージがあるので、その食べ方をどうするかといったダイエットが多いのもうなずけます。しかし、ご存知のように運動でもダイエットはできます。一番いいのは食事制限と運動を組み合わせたダイエットですが、今日は運動に注目してみたいと思います。
 

有酸素運動と無酸素運動

運動には大きく分けて「有酸素運動」と「無酸素運動」があります。ご存知の方も多いかと思いますが、それぞれどんなものかおさらいしてみましょう。
 有酸素運動:ジョギングやウォーキングなど、筋肉への負荷が低い運動の事。酸素を消費し、脂肪や糖質を消費してエネルギーを作ります。有酸素運動によって、美肌や血行促進、ダイエット効果があります。
 無酸素運動:筋トレや短距離走、重量上げ、縄跳びなど筋肉にたまっている糖分からエネルギーを消費します。基礎代謝の向上や筋肉増強が期待できます。
 これ以外にも、強度や時間によって同じ運動でも有酸素運動にも無酸素運動にもあるものがあります。どちらもダイエット効果はありますが、脂肪を燃やしたければ有酸素運動がいいでしょう。
 有酸素運動は、20分以上続けたほうがいいとされています。しかし、ただ我武者羅に20分以上動きまくればいいというのではなく、心拍数が最大心拍数の60~80%になるようにします。つまり、我武者羅に動き回って心拍数が最大まで行ってしまったらだめだという事です。何となく、やればやるほど脂肪が燃える感じがしますが、そうではないので注意しましょう。とはいえ、自分の最大心拍数なんてわからないし、運動している最中の心拍数だって図れませんよね。
では、どうすればいいか。最近では、心拍数を計測できる時計も売られてはいますが高価なものですよね。そこで、おおざっぱではありますが、運動している時に「ややきつい」と感じるのが、脂肪燃焼に最もいいとされている状態です。楽でもなければ、ゼエゼエ呼吸が苦しくなるほどでもない。ちょっと曖昧ですが、これは個人によっても違うと思いますので、自分のちょうどいい塩梅を探してみてください。

おすすめの有酸素運動

まず一つ目にお勧めなのが、ジョギングです。定番中の定番ですね。
ジョギングは、リラックス効果もありお勧めのダイエットと言えます。ただし、初心者に長距離のジョギングは難しいと思いますし、距離が短いとカロリーは思ったほど消費されないので即効性はありません。体重がなかなか減らないので、モチベーションが下がってしまうかもしれませんが、体は確実に変わっていますので、あきらめずに頑張りましょう。では、体がどういう風に変わったのか。代謝がよくなり、今までと同じ量食べても太りにくくなります。また、熟睡できたりむくみや冷え性も解消されます。あきらめずに続ければ、これらの効果を実感できると思います。
 初心者で、20分以上は走れなそうという人はジョギングの前にストレッチをすると、効果が上げられます。スクワットなども相乗効果が期待できます。
 二つ目にお勧めなのが、「その場ジョギング」です。アパートなどの集合住宅にお住まいの方は、注意しましょう。ただ、その場から動かずにジョギングするというものです。しっかりやれば普通のジョギングと変わらないくらいのカロリーを消費することができます。天候に左右されず、テレビを見ながらでもできるので、もしぼーーっとテレビを見ている時間があるのなら、その場ジョギングをしながら見てみてはいかがでしょうか。

おすすめの無酸素運動

 超おすすめの無酸素運動、スクワットをご紹介します。
 スクワットは、今かなり注目されている運動なのでテレビや雑誌でもよく紹介されていますし、本も沢山出版されていてやってみようかな。と誰もが1度は思ったことがあるのではないでしょうか。では、スクワットの何がいいのか。スクワットは、太ももにある大きな筋肉を鍛えることで、大幅な代謝アップができるのです。人間の筋肉の7割は、下半身にあります。なので、下半身を鍛えるスクワットは、代謝アップには欠かせない運動だと言えます。また、インナーマッスルも鍛えられるため、姿勢が良くなったりスタイルが良くなったりします。また、鍛えたい部位によってもスクワットのやり方や回数が変わってくるのでご自分に合った方法を調べてみてください。
 先ほど、有酸素運動は「ややきつい」程度とお伝えしましたが、無酸素運動である筋トレは、「もう無理」と思うまで頑張るのがポイントです。欲を言えば、「もう無理」より1回多く頑張りましょう。ただし、もう無理という極限まで筋繊維をいじめるので間を1日か2日はあけます。(3日あけたら元に戻ります・・・)

まとめ  

ダイエットのための運動、いかがですか。あまり簡単なものはご紹介できなかったのですが、逆に今回紹介した運動をしっかりやれば、確実にダイエット効果は得られます。しかし、運動を今までにやってこなかった人は、急に運動して膝や腰に負担をかけてしまっては本末転倒なので、軽い運動からにしましょう。そうすると、なかなかカロリーの消費は期待できませんが、カロリーの消費以外にも運動することで前向きになったり、リラックスできたり、ストレス解消できたりと、色々な効果もありますので、まずは何も考えずに気軽に運動を始めてみてはいかがでしょうか。