スポンサーリンク

ダイエットにリバウンドはつきもの?リバウンドの原因と対策

スポンサーリンク

こんにちはダイエットの神様です。
リバウンドとは、いったんやせた体が気を許した途端に再び増え始め、最悪の場合には、ダイエット前よりも太ってしまうことです。
このリバウンドをくり返すことで、痩せにくい体になってしまいます。
度々ダイエットをくり返し痩せにくい体を作るよりも、時間をかけて一生太らないダイエットにチャレンジしてみませんか。

リバウンドする3つの原因

①過酷すぎるダイエットはリバウンドしやすい

一旦理想的な体重まで落とすことができると、もともと運動が苦手な人や食べることが好きな人は、「ダイエットが成功したのだから、しばらく休憩して明日からまたやろう」と思う傾向があります。
ダイエット中は筋トレやジョギングなどをおこない、糖質などを減らしてカロリー制限をしてきたのにダイエットが成功すると運動は一休み、ごほうびのスイーツが増えて、あっという間にリバウンドすることはありがちです。
それは、あまりに厳しすぎる条件を自分に課していたからかも知れません。
ダイエットのためにキツイ運動や糖質や脂質を極端に減らした食事方法を取り入れた人は、リバウンドする率が高いと言われています。

②体重にこだわり過ぎるダイエットは間違い

極端に体重は減らないものと理解してダイエットをはじめないと、「私はいくら努力しても痩せない体質なんだ」とあきらめてリバウンドすることがあります。
極端な食事制限をせず、適度な筋トレや有酸素運動を生活の中に取り入れたダイエットは、実はあまり体重には反映しないものなのです。
逆に、筋肉量が増えれば体重もわずかながら重くなります。
しかし、それは太ったわけではありません。全身を鏡に映して見ると、きっと締まって見えるはずです。
体重に変化がなくても誰かに「痩せたんじゃない?」と言われたらダイエットは成功です。
体重にとらわれるダイエットはリバウンドをくり返しますが、見た目を大事にするダイエットはリバウンドしません。

③目標体重になったからと、ダイエット前の食事に戻すとリバウンドする

ダイエット前より3㎏~4kg痩せたなら、それだけ必要なエネルギーも減るため、ダイエット前の摂取量だと当然リバウンドしてしまいます。
例えば、ダイエット前に1日2,000㎉の食事を摂っていて、ダイエット中に1,500㎉に制限し、目標体重になったなら1,800㎉くらいに戻すように心がけないと、カロリー過剰でリバウンドしてしまいます。

3つのリバウンド対策

①日々の食事をおろそかにしない献立

リバウンドしないコツは、たんぱく質、野菜、フルーツ少々、主食というパターンを頭においてバランスよく献立を立てることです。
主食のパンやご飯を半分にするだけでもカロリーを減らすことができます。
シンプルな献立にあきたら、メリハリをつけて翌日の献立で修正するようにします。
例えばトンカツなどカロリーが高い食事を摂った翌日は、湯豆腐などにするなど1週間単位で献立を調整すると無理なく食事を楽しめます。

②リバウンドを防ぐためには他の趣味を持つ 

リバウンドを防ぐには、ダイエットのことばかり考えないことです。
3ヵ月で3㎏のダイエットをすると決めたなら、3ヵ月で簿記の資格にチャレンジするとか、独学でネイルアートをマスターするなど、かねてから挑戦してみたかったことを始めてみましょう。何かに熱中することで食べたい欲求が薄れます。

③停滞期を理解する

ダイエットに停滞期はつきものです。
カロリーの摂取量が減ると、体がエネルギー不足を非常事態と察知し、生命活動を続けるための努力をはじめます。そのため体重は減りませんが、そのうち体が少ないカロリーでも生きていけることを認識すると、再び徐々に痩せていきます。
このシステムを知っておくと、「私は痩せない体質だから」とダイエットをあきらめることなく続けることができます。

半年かけて痩せる

様々なダイエットにチャレンジしてみたものの痩せなかった人は、半年くらいかけてダイエットに取り組むことをおすすめします。
ゆっくり痩せると太りにくい生活習慣が身につきます。
短期間で痩せると、ダイエット食から普通食への切り替えがうまくいかずにリバウンドを起こしてしまいます。
もともとケーキやドーナツ、アイスクリームなど甘いものが好きな人が、一切食べずにがまんして2ヵ月で3㎏落したとしても、ご褒美に食べると抑制が効かなくなり、毎日でも食べたくなってしまいます。
一方、半年くらいかけて食習慣を見直しながらゆっくりダイエットをすると、おやつの置き換え方もマスターできます。
同じケーキでもブラウニーなら530㎉ですが、シフォンケーキなら260㎉です。
アイスクリームが食べたくなってもシャーベットにするだけで300㎉もカロリーを減らすことができます。
この頭で食べ物を比較する習慣は、最低でも半年間は続けないと身につきません。
しかし身につくと、お友達とお茶をするときにもカロリーが低いものをチョイスするようになり、罪悪感なしにお茶を楽しめます。

まとめ

ダイエットにリバウンドはつきものですが、リバウンドしたときにすぐに再チャレンジをするとまた痩せはじめます。
年齢を重ねるたびに痩せにくくなるため、「これを最後のダイエットにしょう」と決心して、ある程度長いスパンで自分に適した運動と食事を続けてみましょう。