スポンサーリンク

ダイエットに効果的な時間帯

スポンサーリンク

こんにちはダイエットの神様です。
ダイエットのために運動をするなら、効率よく脂肪を燃焼させたいと誰もが思います。
朝がいいとか夕方がいいとか諸説あるため迷ってしまいますが、朝の運動も夜の運動もそれぞれメリットやデメリットがあります。
一般的には、脂肪を燃やすなら朝、筋力をつけるなら夜と言われていますが、体質やライフスタイルによって、自分が最も心地よいと思える時間帯がダイエットに適しているのではないでしょうか。

スポンサーリンク

朝に運動するメリットとデメリット

脂肪は、体のエネルギーである糖質が減ってから運動をする方が、効率よく燃焼します。
そのため、朝食前の空腹時に運動をすると痩せやすくなります。
体のエネルギーが少ない朝に運動をすることで交感神経が活発に働き、一日中代謝をアップさせる効果も期待できます。
しかし、朝起きてすぐ朝食をとらずにウオーキングやジョギングをすると、低血糖でめまいやふらつきをおこすこともあり、中には倒れてしまう人もいます。
早朝に運動をする場合は、バナナ1本とおさ湯コップ1杯などを摂ってから運動をするのがおススメです。
また、朝はまだ体が活動体勢になっていないので、ストレッチなどの軽いウォーミングアップをしてからウォーキングやジョギングをはじめるようにしましょう。

夕方に運動するメリットとデメリット

夕方は代謝が上がっており、消費カロリーも高まります。
夕方に運動をすると成長ホルモンの分泌が促され、寝ている間に肌の新陳代謝がアップし、デトックス効果や美肌効果も期待できます。
その他、紫外線を気にしなくてもよいのもメリットの一つです。
夕方から夜にかけての運動は朝の運動と同様に、ウォーキングや軽いジョギングなどの有酸素運動がおススメですが、夜遅く運動するのは止めておきましょう。
夜は体が睡眠に向かっているので、ウォーキングや軽いジョギングでも交感神経を目覚めさせてしまい、寝つきが悪くなってしまいます。
夜中のウォーキングやジョギングは控え、安眠のためには副交感神経を刺激してリラックス効果が得られる、ゆるいヨガなどにしておきましょう。

有酸素運動と無酸素運動について

有酸素運動は、ジョギングやウォーキングなど酸素を取り込みながらおこなう運動で、脂肪燃焼効果が高まります。
一方、無酸素運動はスクワットや腹筋、背筋、腕立て伏せなどの筋トレのことで、筋肉がつきます。
効率よくダイエット効果を得るには、筋トレをしてから有酸素運動をするとよいでしょう。
また、おなかが空いているときに運動すると、体はすぐに脂肪燃焼モードになるので効率的に体脂肪が燃焼できます。

基礎代謝を上げるためには筋トレが必要

・無酸素運動の筋トレは、ジョギングなどの有酸素運動に比べると、脂肪の燃焼効果は低くなりますが、筋肉をつけることで基礎代謝を上げることができます。
基礎代謝とは、何もしなくても消費されるエネルギーのことです。
筋トレを習慣化すると筋肉が育ち、その筋肉が基礎代謝を高め、痩せやすい体になります。
体についた余分な脂肪を燃焼させるには食事制限も必要ですが、それと同時に運動をして代謝を高めることが大事です。

脂肪について

脂肪には体脂肪、中性脂肪、皮下脂肪、内臓脂肪があります。
体脂肪は、体内のすべての脂肪のことです。
この体脂肪を燃焼させるには、摂取カロリーが消費カロリーより上回ってはいけないことになります。
食べ過ぎて使われなかったエネルギーは、体脂肪として蓄えられてしまいます。
中性脂肪は、エネルギーの元になりますが、血中に中性脂肪が多いと脂肪肝になる恐れがあります。
皮下脂肪は、肌の下に蓄えらる脂肪で女性につきやすく、内臓脂肪は、腸を覆っている膜の周りに蓄えられる脂肪で、男性につきやすいのが特徴です。
体脂肪を減らすには、できれば朝夕各30分の運動が理想です。
時間が取れない場合は、例えば朝ラジオ体操をおこない、通勤や通学では階段などを使用し、昼休みには軽い運動をおこない、帰宅は一駅歩くなど自分に合ったスタイルを習慣化して痩せやすい体質を作りましょう。
もし、すでにメタボ体型で生活習慣病が危ぶまれるようなら、帰宅途中にあるジムで無酸素運動の筋トレと有酸素運動の水泳などを組み合わせておこなうのも一つの方法です。

まとめ

ダイエットに効果的な時間帯は、脂肪を燃やすなら朝、筋力をつけるなら夜と言えます。
朝は交感神経が働き消費エネルギーが上がるため、脂肪が燃焼しやすくなり、夜は副交感神経が働きリラックスモードになるため、筋肉をつけるのに適しているからです。
朝の時間帯はウオーキングやジョギングなどの有酸素運動を中心に、夕方にはスクワットや腕立て伏せなどの無酸素運動を中心にすると、効率的に痩せることができます。
とは言え、あまり堅苦しく考えると継続することができません。
体質や生活サイクルによって時間にこだわらず、自分の都合のよい時間帯に行うのがストレスなく続けられる秘訣でしょう。