スポンサーリンク

ダイエットを続ける秘訣

スポンサーリンク

こんにちはダイエットの神様です。 
今日から頑張るぞ!と決心して始めたダイエット。なのに、なかなか体重が減らなかったりストレスがたまったりしていつの間にか断念していて結果減るどころか増えてしまった。3日坊主でいつも続かない。という人も多いと思います。今回は、そんな方のために、ダイエットを続けていく秘訣をお伝えしたいと思います。

他人を巻き込む

 「私、今日からダイエットするから!」「間食してたら注意して。」など、周りの人の力を借りましょう。ダイエット宣言してしまえば「根性がない人」とか、「いつも口だけ」なんて思われたくないという気持ちが働き、続けることができます。人前での見栄もあるので、宣言した人たちの前ではサラダを食べたり一駅分歩こうとしたりして頑張ることができます。また、うっかり間食してしまったりという事も周りの人が止めてくれます。職場ならば、気を遣ってあなたの前で間食をするのを控えてくれるという事もあるかもしれません。一人で地道に頑張っていると、なにも 気にしていない人たちがおいしそうな話題を持ち掛けてきたりして、断るのも申し訳なくて結局飲み会に参加してしまうという事もありますが、先にダイエット中だと宣言しておけば飲み会に無理に誘われることもなくなるでしょう。そして、あなたがしっかりと頑張っている姿を見せていれば「偉いね」「よく頑張っているね」と励ましてくれたり、認めてくれたりとあなたのやる気を周りの人がどんどん引き出してくれ、さらに続けていくポテンシャルを保つことができます。

他人を巻き込む2

 こちらの巻き込み方は、他の人も一緒にダイエットに参加させてしまうというものです。自分だけ間食できない、甘いものが食べられないことがストレスになってしまう人は、他の人にも一緒に頑張ってもらうことで「自分だけじゃないんだ」「あの人も頑張っている」という事が励みになり、続けることができるでしょう。同じ方法でダイエットをしていれば、「こうすると効果が出るよ」とお互いに情報を共有できたり、体重まで共有すれば、『負けなくない』という思いと、自分が誘ったという責任から挫折せずに最後まで続けられます。「先に〇キロ痩せた人が勝ち!」とかゲーム感覚にしたり、「負けたほうが服をプレゼント!」などペナルティを設けることでさらにやる気をキープさせることができますよ。

頑張りすぎない

 ダイエットを始めると、始めたばかりのころは早く痩せたいので「1日1食」とか、「1日10キロ走る」とか無理な目標を立ててしまいがちです。その結果辛くて、ストレスも重なり、続けられないだけでなくドカ食いをしてしまったり体調を崩してしまう事にもつながります。目標はあまり高くしすぎず、ゆっくりと続けるのが挫折しないコツです。また、短期で大幅に痩せられたとしてもそれはリバウンドするリスクも大きくなってきます。地道にコツコツ続けてゲットした体形のほうが維持しやすいので、目先の結果だけを見ずに長い目でダイエットをしましょう。
 また、『1週間で〇キロ痩せる』と言うような情報は、人によって体質や環境が違うので同じ方法を試せばだれでも同じ分だけやせるというわけではありません。その方法でどれだけの結果が出せるのかが分からないうちは、むやみに『1か月で5キロ痩せる』などと目標を設定して達成できずにストレスを溜めるよりはやり方だけは決めて、あとは期間や減量の割合はどちらか1つだけ設定しましょう。例えば、『1か月間だけ本気で頑張る』とか、『〇キロ痩せるまで頑張る』というようにすれば、無理なく続けることができると思います。

お休みの日も大事

 毎日ダイエットを続けて疲れ気味の人は、1日何も考えずに過ごせる日を設けましょう。1週間に1度は甘いものを解禁するとか、お酒を飲んでいい日を作るのもいいかもしれません。運動している人は、運動をしないでのんびりする日でもいいですし、いつも断っている飲み会に月に1度くらい出席してみてもいいでしょう。「私はダイエットしているからあれもこれも全部ダメ!」ではなく、解禁日を作ることでゴールまで続けることができます。解禁日は挫折ではありません。その日にストレスを解消することで、明日からのエネルギーを補給することができるのです。フルマラソンの給水ポイントみたいなものかもしれません。もちろん、解禁日なら何を飲んでも食べてもOK!という訳ではなく、節度は必要ですがそこまで頑張り、それ以降も頑張るつもりがあれば週に1度、10日に1度の解禁日のケーキ1個、ビール1杯はマイナスではなくむしろプラスに考えていいと思います。

 ダイエットを頑張っている皆さん、ダイエットはその方法さえ続けていればどんどん、思った通りに体重が減るわけではありません。いつも通りにやっているのに急に体重が減らなくなったり、なぜか増えてしまったりという事の繰り返しです。テレビやインターネットでダイエッターの1か月の体重のグラフなどを見たことがあるかと思いますが、それもただただ右肩下がりになっているものはなかったと思います。増えたりキープしたりという事を繰り返しながらも少しずつ減っていくという減り方が一般的な体重の減り方です。3歩進んで2歩下がるくらいの気持ちで、頑張りすぎず続けていくことが成功の秘訣です。頑張ってください。