スポンサーリンク

ダンスでダイエット!ダンスで痩せられる理由とは?

スポンサーリンク

こんばんは、ダイエットの神様です。
「楽しくダイエットをしたい!」

とお考えの方には、ダンスでダイエットをするのがおすすめです。

「でもどんな風にダンスすればいいのかな?」

と思っている人もいるかと思いますが、安心してください。

この記事ではダイエットにおすすめなダンスを紹介するので、読んだ後はすぐにダンスに取りかかれますよ。

この記事ではダンスの種類以外に、

 ダンスがダイエットにおすすめな理由
 ダンスをすれば痩せられる理由
 ダンスダイエットの注意点

についても解説します。

ダンスをして体重を落としてみませんか?

スポンサーリンク

ダンスがダイエットにおすすめな理由

ダンスがダイエットにおすすめな理由は、大きく分けて3つあります。

家でもできる

ダンスは音楽を流せれば、家でもできます。

ダンスをするのに、わざわざ外やジムに行く必要はありません。

今ではYouTubeでの動画サイトに、ダンスの動画がたくさん投稿されているので、動画を観ればダンス教室などに行かなくてもダンスができます。

楽しく続けられる

ダンスは基本的に、音楽をかけながら行う運動です。

音楽に合わせて体を動かすと、ノリノリな気分になります。

特に自分が大好きな曲のダンスならば、より楽しくダンスできるでしょう。

「運動は苦手!」という方でも、楽しくできるダンスであれば、苦手意識を感じることなく続けられるのではないでしょうか?

お金がかからない

家でダンスをするのであれば、お金がかかりません。

たとえお金がかかったとしても、

 ダンス用の楽曲代
 ダンスレッスンのDVD代

などでしょうし、一度買ってしまえばそれ以上お金がかかることはありません。

したがって、ダンスは敷居が低い運動法と言えます。

ダンスをすれば痩せられる理由

有酸素運動だから脂肪燃焼できる

ダンスは有酸素運動の一種なので、脂肪燃焼ができます。

ダンスで体をずっと動かし続けていると、呼吸が荒くなり、たくさんの酸素が体に取り込まれます。

結果、脂肪燃焼が進み、体脂肪が落ちていきます。

体を動かしてカロリーを消費

ダンスは体を思い切り動かす運動なので、カロリーを消費できます。

「体を動かし続けるのは大変」というイメージがあるかもしれませんが、楽しく続けられるダンスであれば、時間を忘れて体を動かし続けられるでしょう。

継続して運動するためには、楽しいと思えるかどうかも重要です。

もし運動法に迷ったら、ダンスダイエットをしてみませんか?

ダイエットできるダンスの種類

ここからは、ダイエットができるダンスの種類を解説します。

あなたのお気に入りのダンスを見つけ、ぜひ取り組んでみましょう。

痩せすぎ注意ダンス

痩せすぎ注意ダンスとは、ダンサーのYU-SUKEが編み出したダンス法です。

「痩せすぎ注意ってことは難しい動きをするのかな?」と思う方もいるかもしれませんが、大丈夫です。

痩せすぎ注意ダンスは、ダンス初心者でもできる動きで構成されているので、簡単にできます。

簡単でありながらも、最後までやりきったらかなり疲れるので、効果を実感できることでしょう。

コピーダンス

コピーダンスとは、アイドルなどのダンスに合わせて踊るダンスです。

自分の好きなアイドルのダンスであれば、より楽しくダンスができるでしょう。

「恋するフォーチュンクッキー/AKB48」はアイドルのダンスの中でも、難易度が低いです。

YouTubeで好きなアイドルのダンス動画を見つけて、真似して踊りましょう。

カーヴィーダンス

カーヴィーダンスとは、トレーナーの樫木裕実さんが編み出したダンスです。

カーヴィーダンスはくびれを作ることを目的としており、口コミでも「カーヴィーダンスをやったらウエストが細くなった!」という方がいます。

腰をメインで動かすダンスなので、腰回りが気になる方はカーヴィーダンスをやってみましょう。

エアロビクスダンス

エアロビクスダンスは、有酸素運動に特化したダンスです。

変則的な動きがなく、基本的にはリズミカルに体を動かすので、取り組みやすいです。

有酸素運動に特化しているとはいえ、長時間続けられるような動きで構成されているので、脂肪をたくさん燃やしたい方はエアロビクスダンスをやりましょう。

ベリーダンス

ベリーダンスとは、腰や下半身をメインで動かすダンスです。

おかげで、くびれを作りたい方や下半身を引き締めたい方におすすめなダンスと言えます。

多少難易度は高いですが、十分体が鍛えられるダンスなので、簡単なダンスに慣れてきたらチャレンジしてみましょう。

ダンスダイエットの注意点

準備体操をしておく

ダンスダイエットをする前は、ラジオ体操などの準備体操をしましょう。

いきなりダンスをすると体が追いつかず、体を痛めてしまう可能性があります。

安全にダンスをするためにも、準備体操は必ず行いましょう。

水分補給をこまめに

ダンスをしていると体温が上がるので、汗をたくさんかきます。

もし水分補給しないままダンスを続けると、脱水症状や熱中症を引き起こします。

具合悪くなるのを防ぐためにも、最低でも30分に1回は水分補給をしましょう。

うるさくしすぎない

ダンスは音楽をかけながら体を動かすので、音が近所の人に響いてしまうことがあります。

特に夜間は近所の迷惑になりやすいので、時間帯を選んだり、音量を小さめにしたりして、迷惑をかけないようにしましょう。

ダンスでダイエットをしよう!

今回はダンスダイエットについて解説しました。

YouTubeには、さまざまな種類のダンス動画があるので、自分に合ったダンス動画が見つけられることでしょう。

自分の気に入ったダンス動画を参考に、ダンスダイエットをしてみましょう。