スポンサーリンク

ハードな運動は危険!ハードな運動のデメリットとは?

スポンサーリンク

こんにちはダイエットの神様です。
ダイエットで体重を大幅に減らすために

「ハードな運動をしないと!」

と思っている方はいませんか?

TVではたまに、芸能人がハードな運動をして短期間で劇的に痩せる、という特集がやっていることがあります。

そのような特集を見て「ダイエット=ハードな運動」と思っている方はいるかと思います。

しかし、ダイエットでハードな運動をする必要はありません。

むしろハードな運動は、健康を害します。

今回は、ハードな運動のデメリットを紹介します。

体重を落としたいという気持ちはわかりますが、くれぐれもハードな運動はやめてくださいね。

スポンサーリンク

ハードな運動のデメリット

性欲が下がる

これは男性に言えることですが、ハードな運動をすると、性欲が下がります。

激しい運動を普段からしている男性は、軽い運動をしている男性と比べて性欲が低いということが判明しています。

これは、男性ホルモンであるテストステロンと関係があります。

適度な運動は、テストステロンを増加させます。

テストステロンには、性欲を増加させる効果があるので、適度な運動をすれば性欲はむしろアップします。

しかし、長時間ハードな運動をすると、血流内のテストステロンレベルが低下してしまいます。

その結果、ハードな運動は性欲を下げてしまうのです。

そのため、例えばフルマラソンは性欲がガクッと下がってしまいます。

性欲が下がると、パートナーとの関係維持にも困りますよね。

パートナーと良好な関係を維持し続けるためにも、性欲は維持したいところです。

パートナーと良好な関係を築きたいのであれば、適度な運動でテストステロンを高めるようにしましょう。

病気のリスクが増加

ハードな運動をしていると、病気のリスクが増加します。

100万人の女性を対象に、日々の運動量と健康状態の関係を調査した研究があります。

その研究によると、毎日ウォーキングなどの運動をしていた人は、脳血管疾患や心臓病などのリスクが高くなりました。

運動はある程度であればそれらの病気のリスクを下げますが、ハードな運動はむしろ高めます。

健康維持のために始めた運動がむしろ健康を害するとなると、本末転倒ですよね。

健康を維持したいのであれば、適度な運動を心がけましょう。

怪我の発生率が高まる

マラソン選手等は特に注意してほしいことですが、1か月に200キロ以上走る人は怪我の発生率が非常に高まります。

1か月に200キロ以上走る人は、病院にかかる日数が多く、不静脈や虚血性心疾患などの循環器系の異常が見られました。

また、マラソン選手の場合、大会中に突然死する人もいます。

そもそもハードな運動自体、筋肉や関節に大きく負担をかける行為ですので、怪我をしやすくなるのは無理もないです。

ハードな運動は消費カロリーがわずか

「ハードな運動をしたら痩せられる!」と思っている方はいませんか?

ハードな運動は体を激しく動かすので、その分カロリーを大きく消費し、脂肪をかなり燃焼させるイメージがあるかと思います。

しかし、ハードな運動はそこまでカロリーを消費しません。

例えば、体重60kgの人が1kmランニングをした場合、消費カロリーはたったの60kcalです。

3km走っても、消費カロリーは180kcal(≒おにぎり1個分)です。

せっかく頑張っても、それだけしかカロリーが消費されないとなると、コスパが悪いでしょう。

その上、先ほど解説した通り、怪我や病気のリスクも高まるので悪いことだらけです。

また、脂肪1kgを減らすのには、約7,200kcal分の運動が必要です。

7,200kaclとなると、かなりの運動量となります。

ハードな運動をしてもカロリーはあまり消費されないので、ダイエットをしたいのであれば、長期的な運動が必要です。

ならば、ハードな運動を続けるよりも適度な運動をした方が、体に負担がかかりませんし続けやすいです。

体重を減らしたいのであれば長続きしない上に体に負担がかかるハードな運動よりも、長期間続けられる適度な運動をした方がいいです。

食べ過ぎてしまう

ハードな運動をすると、お腹がかなり空きます。

そのため、自然と食べる量が増えてしまいます。

ダイエットをしているのに、ハードな運動によって食べる量が増えるとなると、本末転倒でしょう。

しかも先ほど述べた通り、ハードな運動はきつい割にはカロリーをあまり消費しません。

そのため、ハードな運動はむしろ体重増加を促進します。

ダイエットを成功させたいのであれば、ハードな運動を慎みましょう。

適度な運動であればお腹が余計に空くことがありませんし、食べ過ぎを防ぐことができます。

ダイエットしたいならハードな運動は避けよう!

今回は、ハードな運動のデメリットを紹介しました。

ハードな運動は健康的にもリスクが高いですし、ハードな割にはあまりカロリーを消費しません。

そして、そもそもハードなので長続きせず、すぐにリバウンドしてしまいます。

ダイエットをしたいのであれば、ハードな運動は禁物です。

適度な運動をして、ダイエットを成功させましょう。