スポンサーリンク

パタパタ、グルグル体操で簡単ダイエット

スポンサーリンク

こんにちはダイエットの神様です。
毎日の生活の中に運動をとり入れたくても、なかなか時間がとれないのが実情ではないでしょうか。ㇽ
わずかなスキマ時間を利用して手首や足首をパタパタ動かしたり、首や腕をグルグル回したりすることで血流がよくなり、痩せやすい体が作られます。
この記事では、時間や回数に関係なく、思いついた時にいつでもどこでも1ヵ所だけでも1分だけでもおこなうと効果を得ることができる簡単な運動方法をお伝えします。

スポンサーリンク

パタパタ運動

手首パタパタ

①両手を体の前にまっす伸ばし、手首を立てます。立ったままでもイスに座ったままでもOKです。  
②両方の手首を下にパタンと倒し、また、立てては倒します。パタパタと20回ほどくり返します。

足首パタパタ

①足を投げ出して座り、両足の足首を立てます。
②足首を伸ばす、倒すを20回ほどくり返します。

ひざパタパタ

①仰向けに寝て、両膝は立て、両手は頭上に伸ばします。
②ひざと内くるぶしが床につくように両膝を右に倒し、次は左に倒します。左右にパタパタと10回程倒します。

蹴り上げパタパタ

①仰向けに寝て、どちらか片方の足を蹴り上げます。その時、かかとを突き出すようにします。
②すぐに下ろして、もう一方の足も蹴り上げ、交互に10回ほどくり返します。

グルグル運動

首グルグル

①息を吐ききるまで頭を前に倒します。ゆっくり吸いながら元に戻します。
②右回り3回、左回り3回をゆっくりおこないます。

ひじグルグル

①両手の指先を両肩に置き、息を吸いながらひじを前に向け、そのまま横に開きます。
②ひじで円を描くように前まわし10回、後ろ回し10回をおこないます。

腕グルグル

①手のひらが向かい合うように、両腕を頭上に上げ「きらきら星」のように手のひらを10回まわします。
②両手を肩の位置まで下ろし、肩甲骨を寄せるように両手を後ろに引きます。
ゆっくり①と②を5回ほどくり返します。

肩グルグル

①あぐらに座り、両手はひざに置き、両肩を前に5回、後ろに5回まわします。
あぐら座りは股関節のストレッチにもなるので、ひざが上がってしまうようなら、両膝をトントンと押してスムーズに座れるようにしましょう。

パタパタ、グルグル体操をおこなうとなぜ痩せるの?

上記でお伝えした運動はカロリーを特別消費するわけではありませんが、血の巡りがよくなります。
首、手首、足首の3つが冷えると体全体が冷えますが、スキマ時間にグルグル回しておくと体が温まり、むくみにくくなります。
また、肩関節や股関節、ひざ関節をほぐす運動を意識しておこなうと、関節の可動域が広がって、なめらかな美しい身のこなしができるようになります。

しなやかな体を作る3つの関節

肩関節、股関節、ひざ関節などの関節にアプローチすると、ムッチリした背中やポッコリ出たお腹、太めのふくらはぎが解消できます。
整骨院など東洋医学の分野では、関節がスムーズに動かせる体を作ることが健康と美容の基本であるといった考え方から、骨と骨のつなぎ目の関節のツボを刺激して体の不調を治していくことが多いようです。
長時間のデスクワークなどで同じ姿勢を取り続けると、関節の可動域が狭まり筋肉が減 ってきます。そして、つかなくてもよいところにぜい肉がついてしまいます。
スッキリしたしなやかな体を作るために、関節を適度に刺激しましょう。

・肩関節は、腕と肩甲骨がつながるところです。
肩関節や肩甲骨の位置がずれると正しい姿勢がとれなくなり、腹筋が弱くなって下腹がぽっこりと出てきます。

・股関節は脚の骨と骨盤がつながるところです。
骨盤が正しい位置にあると腸などの調子もよいのですが、ずれると便秘になったり腰回りに脂肪がつきやすくなります。女性の場合は生理痛や生理不順に悩まされます。

・膝関節は太ももとふくらはぎをつなぐところです。
膝関節や足首の関節は重い上半身を支えるために負担がかかりやすく、痛みや、むくみなどの不都合がおきやすい部位です。

関節周辺のリンパの流れをよくしておくとダイエットに効果的

リンパには、免疫機能のほかにもデトックス機能もあります。
肩関節周辺には鎖骨リンパ節、腕のつけ根には液化リンパ節、股関節近くには鼠経(そけい)リンパ節、ひざ関節周辺に膝下(しっか)リンパ節などがありますが、お風呂上りなどに優しくなでておくだけでも代謝が促されます。

まとめ

女性は男性に比べ、背中や二の腕、お腹に脂肪がつきやすい上、冷えやすくむくみやすい傾向にあります。
関節にアプローチする簡単な体操を毎日少しずつおこなうことで、特別なダイエットをしなくても日常生活のあらゆる場面で、キレのある柔軟な動きができるようになります。
1日に5分でもいいので、自分の体と向かい合う時間を作り、いたわってあげることで健康で美しくしなやかな体を維持することができます。
今日からまずは肩関節、股関節、ひざ関節にアプローチするお気に入りの3つの簡単な体操を選んでダイエットプログラムを組んでみませんか?