スポンサーリンク

ピチピチ服ダイエット

スポンサーリンク

こんにちはダイエットの神様です。
ダイエットには様々な方法がありますが、ちょっぴりユニークで楽しい「ピチピチ服ダイエット」にチャレンジしてみませんか?
ダイエットを始めるとつい体重を気にして、数百グラムの増減に一喜一憂しがちですが、
このダイエットは、ピチピチ感を肌で感じながらダイエットをするため実感が得られます。
近年ゆるいシルエットのファッションが流行ですが、痩せてこそ似合うファッションです。
まずは体のラインが分かるファッションで現実の自分と向き合いましょう。

スポンサーリンク

体のラインを隠す服は着ない

ピチピチ服ダイエットの基本は、体のラインを隠す服を着ないことです。
太り始めると、あまりにピチピチの服装では他人から見ても見苦しく、自分もきつくて苦しいのでついつい大きめの服を買ってしまいますよね。
しかし、体のラインを隠すファッションを選ぶと体もその服のサイズに合わせてどんどん太ってしまいます。

あなたはウエストサイズを言えますか?

ダイエットをはじめるにあたって、体のサイズを測る人は少なく、体重ばかり気にする人が多いようです。
メリハリボデイを作ると体重を減らすより見た目が痩せて見えます。
ウエストは簡単に減らすことができるのでまずウエストマークのファッションを心がけましょう。
ウエストにベルトが必要なパンツならベルトの穴が教えてくれます。
また、手持ちの体のラインを隠すゆるいチュニックやワンピースは幅広のベルトをしめると、ウエストラインが出てきます。
あまりギュウギュウと締める必要はなく、「ウエストラインはここですよ」とウエストに教えてあげる程度でウエストは反応します。
即効性を望むなら、ウエストにラップを巻き、その上からゆるいワンピースを着て幅広のベルトを締め、家事などをしてからお風呂に入るとウエストは3㎝くらいサイズダウンします。
元に戻るので、継続しておこなう必要がありますが、日中ベルトをつけるだけでも1ヵ月で5㎝くらいは減らすことができます。

あなたのウエストはむくんでいませんか?

手足がむくむことはありがちですが、実はウエストにも老廃物や水分がたまりむくみがでます。
同じ姿勢をとり続けるデスクワークなどはウエストがむくみやすいので、トイレ休憩に立った時間などを利用して、ウエストをねじるストレッチをしておきましょう。

モチベーションを上げるために痩せたら着たい洋服を買おう

あまり先の目的よりも1ゕ月くらい先に着たい服を買うと、自分を追い込むことができます。予定がない場合は、ひとりで美術館めぐりやコンサートに行くなどの計画を立てましょう。
痩せていた時の洋服はクローゼットにたくさんあるでしょうが、流行りの服を着ることで
新たな自分に出会えます。
洋服を買うにはお金がかかりますが、エステに行っても、ジム通いをしても時間とお金はかかります。痩せるためにはある程度の出費は仕方がありません。

普段着は子供服をチョイス

ピチピチ服ダイエットは普段着もピチピチの服を着るのが基本です。
ピチピチ服がない場合は、子供服売り場をのぞいてみましょう。
大人の服より安価でデザインも可愛く150cm~160㎝くらいのサイズを選ぶと、適度なフイット感があって意外と着れますよ。

目で確認するより肌で認識する方が痩せやすい!

ダイエットをはじめると体重計に乗っては「今日も食べ過ぎた」などと数字を見て後悔しがちです。
ピチピチ服ダイエットは数字に表れないのでストレスを感じにくいのがメリットといえます。食べ過ぎた日の翌日はピチピチ感が増し、よく動いた日は服にゆとりが感じられます。
たびたび体重計に乗って体重の増減にこだわるより、着た加減で「ちょっと太ったかな」と鏡に全身を映して見るほうが、姿勢の改善も同時にできます。
おしゃれに興味を持ち、スリムな美しい自分を想像することで、食欲が抑えられます。

ピチピチ服ダイエットで痩せてきたらダブダブ服とサヨナラしましょう

太っていた時に着ていた服は、痩せたら思い切って捨てましょう。
ダブダブの服は家の中で着ようと思い、実際に着ていると、体はすぐにその服のサイズに合わせて太ってしまい、元の体型に戻ってしまいます。
かつての服と決別することで、リバウンドの可能性を低くすることができます。
外見に興味がなくなると、美容や健康のためにダイエットをはじめても長続きしません。
常におしゃれでいたいという気持ちがあると、ダイエットの成功率は高くなります。

まとめ

洋服によるダイエットは、再度自分と向き合い、新たな魅力を引き出すきっかけにもなります。
何をしても痩せなかった人はぜひ、「ピチピチ服ダイエット」にチャレンジしてください。
今まで太めの体形をカバーするためにオーバーサイズの服を選んでいた人が、ボディラインが強調された服を着るのは抵抗があるかも知れませんが、断然若返ります。
少しでも痩せて見せたいと黒や紺などを選んでいた人も、明るめのカラーを選ぶと華やぎます。