スポンサーリンク

ボクサーのダイエットはどんな感じ?かなり厳しい?

スポンサーリンク

こんにちはダイエットの神様です。
ボクサーと言えば「減量が厳しそう…」というイメージがあるかと思います。
自分に合った階級の試合に出るために、試合数日前〜直前は減量を行います。

では、ボクサーは試合前にどのような減量をするのでしょうか?
一般の人であればボクサーほど厳しいダイエットをすることは基本的にはありませんが「体重を減らしたい!」という方にとっては、参考になる部分もあります。

というわけで、今回はボクサーのダイエットはどのようなものなのか解説していきます。真似できる部分はどんどん真似していきましょう

何でボクサーはダイエットをするの?

そもそも何故ボクサーは試合の前にダイエットをするのでしょうか?
わざわざダイエットをしなくても、その時の体重の階級に出ればいい話のように思えますよね。

その理由は、ダイエットをすることでパンチのスピード、スタミナの向上が見込めるからです。体重が軽い方がパンチもしやすいですし、体力もあまり使いませんよね。すなわち、少しでも戦いを有利にするために、ボクサーはダイエットをするのです。

しかもダイエットの際、筋肉は落とさずに脂肪を落とすようにします。というわけで、ボクサーはダイエットがかなり得意といえるでしょう。

ボクサーのダイエット方法4選

では、ボクサーはどのようなダイエットをするのでしょうか?主なダイエット方法4つを紹介していきます。

1.お酒は飲まない

特に試合前に言えることですが、ボクサーはお酒を飲みません。何故ならばお酒を飲むことで脂肪がつきやすくなるからです。
ボクサーは減量の際、筋肉を落とさず脂肪だけを落とすように心がけますが、
お酒を飲むとそれができなくなってしまいます。

何故お酒を飲むと脂肪がつきやすくなるのでしょうか?
その理由は肝臓にあります。お酒を飲んだ際、アルコールは肝臓で分解されますが、その際糖質や脂質の分解は後回しにされてしまいます。
その結果、脂肪が溜まりやすくなってしまうのです。

というわけで、ボクサーは減量する時は禁酒します。

2.糖質を減らす

ボクサーは減量時、糖質を全く摂らないわけではないですが、摂取する糖質の量を減らします。人によって糖質の減らし方は様々ですが、夕食時に糖質を抜く選手が多いです。

私たちの体は糖質からエネルギーを作り出すようにできています。その糖質の摂取量が少ないとエネルギーが作れないように思えますが、その際は代わりに体内の中性脂肪をエネルギーとして使うようになります。そうすることによって、体内の脂肪を燃焼し、太りづらい体を作っていくのです。

3.水抜き

試合前のボクサーは「水抜き」というものをします。水抜きとは文字どおり、体内の水分を減らすことです。ボクサーはダイエットの際、筋肉を落とさずに脂肪だけを落とすように努めますが、それだけだと減らせる量に限界があります。減量の拍車をかけるために、ボクサーは体内の水分を減らすようにするのです。

主な水抜きの例としては有酸素運動があります。有酸素運動はスタミナをつけるためだけに行うわけではなく、汗を沢山かくことによって体内の水分を排出していくのです。そしてその際、サウナスーツを着てより汗をかきやすくする選手も当然のようにいます。

また、水抜きをする際は食事内容にもこだわります。減量時のボクサーはカリウムを多く含んだ食べ物(大根など)を多めに摂るようにし、塩分の高い食べ物を控えます。何故ならば、体内の塩分濃度が高いと水分を体内に溜め込みやすくなりますが、カリウムを摂取することによって塩分の排出を促すことができるからです。そうすることによって、水分を溜めにくい体を作っていきます。

ただし、水抜きをする際でもボクサーは水分摂取を怠りません。水分補給をしないと血行が悪化して練習のパフォーマンスが下がりますし、脱水症状を起こしてしまいます。ボクサーの中には水を全く飲まない方や唾を何度も吐き出す人もいますが、それは体に悪いのでひかえましょう。

4.高たんぱく低カロリーの食事を摂る

ボクサーは高たんぱく低カロリーの食事を摂るように心がけています。たんぱく質は筋肉を作るための重要な栄養素なので、たんぱく質を沢山摂れば筋肉量が減少することを防げます。また、筋肉量が増えれば代謝も良くなるので一石二鳥です。

高たんぱく低カロリーな食材の例としては鶏のささみ、納豆や豆腐などの大豆食品、青魚などが代表例です。減量時のボクサーはそれらの食材をメインで食べるようにします。

ボクサーのダイエットは一般人でも真似できる!

いかがでしたか?ボクサーのダイエット方法についてご紹介してきましたが、かなりきつい方法は意外にもなく、一般人でも真似できるようなものばかりでした。

糖質制限に関しては「試合前は一切食べない」というボクサーもいますし、水抜きに関しては水分補給を全くしないボクサーもいますが、何もそこまでしなくても減量はできるのです。

もちろん普段運動や食事制限をしていない人だときつい部分もありますが、少しずつ真似していけばあなたもボクサー流のダイエットをこなせるようになるはずです。体重を減らしたい方はぜひボクサー流のダイエットを試してみましょう!