スポンサーリンク

メタボ解消のためのプルプルマッサージと食事法

スポンサーリンク

こんにちはダイエットの神様です。
メタボとはメタボリックシンドロームの通称で、日本語に訳すと「代謝症候群」または「内臓脂肪症候群」といいます。
栄養のバランスの悪さや食べ過ぎによって余分な脂肪がつくと、生活習慣病などの健康障害を起こしてしまうことがあります。
メタボが気になる人は、タオルを使った簡単な「プルプルマッサージ」と、血流をアップする食事で標準体型に戻しましょう。

スポンサーリンク

メタボリックシンドロームとは

メタボリックシンドロームは、内臓肥満(腹囲が男性85cm以上、女性90cm以上)に高血圧、脂質異常、高血糖などの症状が加わった状態のことをいいます。
メタボは働き盛りの男性に見られることが多く、食生活の乱れや運動不足が原因とも言われています。
内臓に脂肪がたまるのは生活習慣病の前段階ですが、高血圧や高血糖、高コレステロールはとりたてて痛みもなく徐々に進行していくので、気がついたら生活習慣病になっていたということにもなりかねません。
生活習慣病がさらに進むと、脳卒中や脳梗塞、心筋梗塞などの大病につながります。
気がついたら早めに対処して、理想のボディに近づけましょう。 

タオル1本でできるプルプルマッサージ

日々の生活では体の左右どちらかに負担がかることが多く、知らず知らずのうちに歪みが生じ、血流が低下します。
触ってコリがある部分や冷たい部分を、タオルを使ってプルプルと震わせることで血流が改善できます。太ももの裏やお尻、腰などに三つ折りにしたタオルを当てて、両端を手で握り軽くゆするだけで筋肉が刺激され、手軽にメタボ解消効果が得られます。

太ももプルプル

イスに腰かけて、片足ずつ太ももの裏に三つ折りにしたタオルを通して両端を両手で持ち、肉をゆするように軽くゆらします。太ももが温かくなるまで、左右とも20回程ゆらします。
太ももの大きな筋肉を刺激することで、全身の血流が良くなります。

お尻プルプル

お尻と太ももの境目に三つ折りにしたタオルをあて、お尻を持ち上げるようにしてゆらします。お尻のコリを取るとともにヒップアップ効果があります。

腰プルプル

腰に三つ折りにしたタオルをあてて軽くゆらします。
冷えが解消され、筋肉がゆるみ腰痛予防になります。座り作業が多いと腰やお尻はかなりこっているので、ホカホカするくらいまでおこなうと血流が良くなります。

首プルプル

首の後ろに三つ折りにしたタオルをあてて軽くゆらすと首の血流をよくなり、肩こりや目の疲れがとれ、顔のむくみが解消できます。

冷え太り対策でメタボを解消

お腹やお尻、手足が冷たい人は、血流が悪化している証拠です。
血流がよくないと基礎代謝が低いので食事から摂った栄養がエネルギーに変換されにくく、脂肪となって蓄積されてしまいます。
季節に関係なく体の冷えを感じるようなら、運動習慣や食習慣を見直して基礎体力をあげる必要があります。

こんな生活習慣が脂肪をためる!

毎日シャワーだけですます人は、慢性的に体が冷えた状態となり、自律神経のバランスが崩れやすくなり代謝が悪くなります。
また、長時間冷房の効いた環境にいると体の深部まで冷えてしまい、血流が悪くなってしまいます。
女性のは体型補正用の締め付けのきつい下着をつける習慣があると、血流が滞り冷え性の原因となってしまいます。
脂肪をため込まないためには、季節に関係なく温めグッズを用いるようにしましょう。
例えば、コットンや絹などの薄めの腹巻や、小さめの湯たんぽ、シャツの上から貼ることができるカイロなどをマメに利用することで、手軽に血流をアップすることができます。
血流をよくして 基礎代謝を上げ、脂肪を燃焼させることがダイエットへの近道です。

血液のめぐりをよくする食生活

食材は根菜類やネギやショウガなど体が温まるものを選び、なるべく加熱して食べるようにします。調味料も味噌や醤油などの発酵食品や、唐辛子やコショウなどを使うようにしましょう。
次のような食材が体を温める効果があるので、毎日の食事作りに役立ててください。

とり肉、とりレバー、羊肉、豚レバー、干しエビ、イワシ、マグロ、サケ、サバ、エビ、ちりめんじゃこなどの動物性たんぱく質、黒豆、小豆、大豆、納豆などの植物性たんぱく質です。
野菜ではネギ、しょうが、小松菜、玉ネギ、カボチャ、ニンジン、レンコン、ニンニクな
どです。
木の実や果実ではくるみ、なつめ、ゴマ、あんず、ざくろ、りんごなどです。
調味料では黒砂糖、酢、赤唐辛子、シナモン、葛、酒かすなどです。

手軽にできて体を温めるホットドリンクを作りませんか?

ぽかぽかりんご酢ドリンクは、リンゴを皮つきのままこまかく刻み、りんご酢少々と熱いお湯を注ぎます。
シナモンくず湯は、市販のくず湯のもとにシナモンとしょうが汁を加えます。
豆乳チャイは、紅茶にショウガとシナモン、コショウ少々を入れ小鍋で温め、最後に豆乳を加えます。好みで黒砂糖を入れます。
リラックスタイムには、なるだけ体が温まるものを飲むようにしましょう。

まとめ

40歳以上になると痩せたいと思ってもなかなか痩せられません。
それは年齢とともにどんどん代謝が悪くなるからです。
生活習慣病で悩まないためにもバランスのとれた食事を心がけ、適度な運動で脂肪をため込まないようにしましょう。