スポンサーリンク

リンゴダイエットで痩せる!リンゴダイエットのやり方とは?

スポンサーリンク

こんにちはダイエットの神様です。
リンゴは果物の中でもかなり定番です。リンゴは秋から冬にかけてが旬で、その時期にはリンゴがスーパーに沢山並びます。

そんなリンゴには、実はダイエット効果があるのです。そしてなんと、リンゴダイエットというダイエット方法もあります。

どうすればリンゴを食べて痩せることができるのでしょうか?今回は、リンゴの特徴やリンゴダイエットのやり方について解説していきます。

スポンサーリンク

リンゴの特徴

まずはリンゴの特徴について解説していきます。リンゴには嬉しいダイエット効果があるのです。

1. 低カロリー

意外にもリンゴは低カロリーな果物なのです。リンゴは1個あたりの重さが250gでカロリーは100kcalです。

リンゴを1個食べるだけでもお腹は満たされますが、その割にカロリーは控えめなので太る心配がありません。

食事の量を減らすために、間食にリンゴを食べてある程度お腹を満たしておくのも良いでしょう。

2. むくみを解消するカリウム

リンゴにはカリウムが含まれており、カリウムにはむくみを解消する効果があります。体がむくんで体が太く見えることでお悩みの方も、リンゴを食べればその悩みを解消できます。

また、カリウムには高血圧を予防する効果もあるので、健康にも良いです。

3. 腸内環境を整えるペクチン

リンゴに含まれているペクチンには、整腸作用があり、腸内の善玉菌を増やしてくれます。腸内環境が良好になると、代謝機能がある肝臓の状態も良好になり、痩せやすくなります。

また、お通じもよくなるのでぽっこりお腹を解消することもできます。

4. ダイエットに効果的なリンゴポリフェノール

リンゴにはリンゴ独自のポリフェノールが含まれており、リンゴポリフェノールと呼ばれています。このリンゴポリフェノールには、ダイエットをしている方にとって嬉しい効果があるのです。

まず、リンゴポリフェノールには血流を改善させる効果があります。血流が改善されると、体内の新陳代謝も活発になり痩せやすくなります。

また、リンゴにはプロシアニジンというリンゴポリフェノールも含まれており、プロシアニジンには内臓脂肪を減らす効果があるのです。。

リンゴダイエットのやり方

ここからはリンゴダイエットのやり方について解説していきます。

リンゴダイエットでオススメなのは「1食リンゴのみダイエット」です。「1食リンゴのみダイエット」とは、1日のうちの1食をリンゴのみにするダイエット方法です。

リンゴは低カロリーで腹持ちもいいので、空腹感を感じることなく続けられることでしょう。

ただし、1日のうち2〜3食をリンゴに置き換えるのはNGです。そうしてしまうと必要な栄養素が不足してしまい、体に悪いです。リンゴに置き換えるのは1食だけにして、他の2食は栄養バランスが十分に整ったものにしましょう。

また、1食リンゴのみダイエットをするのであれば、朝食か夕食をリンゴに置き換えるのがオススメです。

朝食or夕食をリンゴに置き換えるメリットは何なのでしょうか?

1. 朝食の場合

朝は、体内の老廃物を排泄しようとする働きが活発です。リンゴには整腸作用があるペクチンなどが含まれているので、朝食にリンゴを食べれば体内の排泄活動をサポートできます。

そのため、腸内環境が良くなり、代謝がアップします。

2. 夕食の場合

夜は午前中に比べて、エネルギーをあまり消費しない時間帯です。そのため、夜にご飯を食べすぎると太ってしまいます。

そんな夜にリンゴのみを食べれば、カロリーをぐっと抑えることができ、太ることを防げます。また、リンゴは腹持ちもいいので、1〜2個だけでも十分に満足できます。

ダイエットに効果的なリンゴの食べ方

リンゴダイエットを成功させたいのであれば、ダイエットに効果的なリンゴの食べ方も押さえておきましょう。

1. すりおろしリンゴ

すりおろしリンゴはダイエットにオススメです。すりおろし状態で食べることによって、栄養素の吸収がスムーズに進むためです。

ただし、噛まないで飲むとすぐにお腹が空いてしまうので、噛んでから飲むようにしましょう。

2. 皮ごと食べる

リンゴの皮には栄養素が沢山含まれているのです。中でも、ダイエットに効果的な栄養素のリンゴポリフェノールやペクチンは、皮に多く含まれています。

リンゴダイエットをするのであれば、皮をむいて捨てるのはもったいないです。皮ごと食べてダイエットに必要な栄養素をちゃんと摂取しましょう。

3. 焼きリンゴにして食べる

体の酸化が進むと、代謝の機能も落ちるので太りやすくなってしまいます。

もしそれを防ぎたいのであれば、焼きリンゴを食べましょう。リンゴを加熱すると、ペクチンの抗酸化力が9倍になります。焼きリンゴは体の抗酸化を大きくサポートしてくれます。

焼きリンゴはシナモンや砂糖をかけて食べると美味しいです。ただし、かけすぎには注意しましょう。

最後に

今回の記事では、リンゴのダイエット効果やリンゴダイエットのやり方などについて解説してきました。

リンゴの旬は秋から冬にかけてなので、その時期はリンゴダイエットに挑戦してみてはいかがでしょうか?