スポンサーリンク

初心に返ってウォーキング♪

スポンサーリンク

こんにちはダイエットの神様です。
皆さんは、普段どんなダイエットをしているでしょうか。有酸素運動、食事制限、筋トレ、プチ断食などなど、巷には数えきれないほど多くのダイエットがあふれていて、結局どれをやればいいのかわからなくなってしまうほどですね。TVで放送して、芸人が短期間できれいに痩せていたりすると、「効果あるかも♪」と期待をして、今までに失敗してきたという経験はありませんか?

 今回は、そんなダイエッターの皆さんに初心に返っていただき、道具もいらない、技術もいらない、誰にでもできる「ウォーキング」に注目しました。

【ウォーキングの効果】

 ご存知かもしれませんが、ウォーキングは、「有酸素運動」の代表と言ってもいいくらいのメジャーな有酸素運動なのですが、息もさほど上がらず、筋肉を使ったという実感もほとんどわかず、誰にでもできるというだけあって、これって運動と言えるの?ダイエット効果なんてあるの?と、やっていても多少不安になってしまったりもします・・・。
ウォーキングでの消費カロリーは、普通のペースで1時間歩くと(体重にもよりますが)、100~200㎉前後。早歩きだと、150~300㎉前後となります。正直、大した量ではありませんね。しっかりやっていても、1キロ痩せるのにも2か月位かかってしまいそうです。では、ウォーキングはやっても意味がないのでしょうか。いいえ。そんなことはありません。
まず、ウォーキングは特別な技術がいらず、ほぼ誰にでもできる運動です。無料です。歩く速さも問いません。距離も時間も問いません。だた、歩くことがウォーキングです。そう考えると、歩いているだけでストレス解消ができたり、気分をリフレッシュする効果があります。もちろん、ダイエット効果を狙って歩くのならある程度の速さ、距離、時間は設定されますが仮にそうだとしても、ウォーキングと言うのは、脳をスッキリさせ、前向きに物事を考えられるようになる効果もあると言われています。
もちろん歩いていれば心肺機能が高まったり、筋力の低下を抑えたり、体力がついたりという効果も期待できます。また、生活習慣病の予防や骨が強くなったりもします。ダイエットと言うと、無理な食事制限や過度な運動をしがちですので、このような体へのプラスの効果はとても嬉しいですね。
 

【ウォーキングのやり方】

 さて、ウォーキングのやり方ですが、「ただ歩くだけでいいんじゃないの?」という声が聞こえてきそうですね。もちろん、歩くだけでもいいんです。でも、どうせやるのなら少しでも効果を実感したいと思ってしまいますよね。
まず、歩くスピードですが、普通に歩くよりも、若干早めに歩くことを心がけましょう。歩数の目安は10000歩です。と、いう事は・・・。1週間で70000歩ですが、1日に10000歩のほうが楽な人と、週に70000歩のほうが楽だという人がいると思いますので、それはご自分の生活習慣に合わせてやっていただけたらと思います。約1時間で300㎉ほど消費されます。

【時間はどのくらいかかるの?】

 
10000歩を毎日やったとして、どれくらいで痩せられるのでしょうか。計算上では1キロ痩せるのに1か月ほどかかる計算になります。筆者だったら、そんなに頑張ってたった1キロ・・・?と、もう辞めたくなってしまいそうです。しかし、体重だけに目を奪われてはいけません。先ほどもお伝えしたように、ウォーキングをしただけでその効果は全身に広がります。脳から始まり、つま先までその効果はいきわたります。見た目にはわからなくても、脳は前向きになり、心肺機能が高まり、基礎代謝も上がります。気づかないうちに、食べ過ぎた翌日も体重が増えていなかった。などの効果を少しずつ実感できるようになるでしょう。

【間違ったウォーキング】

ただ歩けばそれでいいとお伝えしましたが、長年自分のクセに気づかないまま歩いている人も多くいます。悪い歩き方をご紹介しますので、ご自分に当てはまらないを一度確認していただけたらと思います。
・猫背…猫背で歩いていると、肩が凝ってしまったり体のゆがみの原因になります。
・足を引きずるようにだらだら歩く…これでは、筋肉をあまり使わないので運動効果は期待したほど得られません。
・胸を張りすぎ…正しい姿勢を意識しすぎて逆に色々な部分に負担をかけてしまっている歩き方です。一見姿勢が良くも見えるのですが、基本は頭からつま先までまっすぐな姿勢です。
・体が揺れすぎている…体が上下していたり、左右に揺れている歩き方は見た目にも不自然に見えますし、実際に体にかかる負担も大きいです。無駄に疲れてしまいます。筆者も、歩きながらウエストも引き締められたら・・・。とクネクネ歩いたこともあるのですが、長い時間続けるのは無理です。だったら、はじめから最後まで同じ姿勢で歩いたほうが効果は何倍にも上がります。

まとめ

ウォーキング。地味にも見えるかもしれませんが、実際には思っていた以上の多くの効果があります。しかし、ダイエットをしていると効果が出ずにモチベーションが下がってしまうことも多くありますね。ウォーキングは続けていれば確実に効果をあげられる運動ですが、即効性を求めているのなら、他のダイエットにウォーキングをプラスしてみてもいいかもしれません。即効性はないものの、王道・元祖ダイエットのウォーキング。リバウンドも大きな体への負担もありません。お金もかからないので、軽い気持ちで一度始めてみてはいかがでしょうか。