スポンサーリンク

効果のあるダイエット方法!食事と運動で痩せるためには?

スポンサーリンク

こんにちはダイエットの神様です。
「ダイエットでは何をすれば痩せられるの?」
「ダイエットしているけどなかなか痩せられない」

そういうことでお悩みの方はいませんか?

いざ痩せようと思っても、何をすればいいか戸惑いますし、効果的なダイエット法を見つけるのはなかなか難しいですよね。

今回は、ダイエットのことでお悩みの方向けに、効果のあるダイエット法を紹介します。

ぜひダイエットを成功させましょう。

スポンサーリンク

ダイエットは食事と運動が基本!

ダイエットは食事と運動が基本です。

食事の量や内容によって、摂取カロリーは異なるので、体重の増減具合も異なります。

また、運動をすれば代謝が上がり、脂肪を燃焼させられるので痩せられます。

したがって、ダイエットでは食事と運動に気をつける必要があるのです。

ここからは、食事(運動)で効果的に痩せるためにはどうすればいいか、解説します。

食事で効果的に痩せるためには?

摂取カロリー<消費カロリーを意識する

まず、食事法で痩せるためには、

摂取カロリー<消費カロリー

を心がけましょう。

摂取カロリーが多ければ多いほど、太りやすくなってしまいます。

逆に消費カロリーが多ければ、体重はどんどん落ちていきます。

摂取カロリー<消費カロリーを守るためには、

・食事の量を減らす
・低カロリーなものを食べる
・運動量を増やす

この3点を意識するべきです。

ただし、極端に摂取カロリーを減らすと健康に悪いので、体調を崩さない程度に頑張りましょう。

よく噛んで食べる

食事の際に、よく噛んで食べていますか?

食事内容を変えるだけでなく、よく噛んで食べることもダイエットでは必要となります。

よく噛んで食べると、満腹中枢が刺激され、少量の食事でも満足感を得やすくなります。

その結果、自然と食事の量を減らすことができるのです。

目安は、一口最低30回以上です。

30回噛むことを意識して、満腹感の得られる食事をしましょう。

食べる順番に気をつける

食事の際は、食べる順番にも気を付けましょう。

ダイエットでおすすめの食べる順番は、

野菜→タンパク質→炭水化物

です。

糖質の少ない食材から順番に食べることによって、血糖値の上昇を抑えることができます。

血糖値の上昇を抑えられると、体脂肪の原因となるインスリンの分泌を抑えることができます。

体脂肪の増加を防ぐためにも、糖質の少ない食材から順番に食べるようにしましょう。

食べたものを記録する

ダイエットにおいては、自分が食べたものを記録するのも手段の一つです。

食べたものを記録すれば、食事量を客観的に把握できます。

もし食べ過ぎている場合、記録を見ればすぐに気づけるので、食べる量を減らすことができます。

自分の食べたものを客観的に把握し、調整するためにも、食べたものを記録することはおすすめです。

栄養バランスを意識する

食事の際は、栄養バランスを意識しましょう。

食べる量を減らせば体重は落ちますが、栄養バランスが整っていないと体調を崩します。

・炭水化物
・タンパク質
・ビタミン類
・ミネラル
・脂質

これらをバランスよく摂取するようにしましょう。

運動で効果的に痩せるには?

ダイエットにおいては運動も大事ですが、どのような運動をすればいいのでしょうか?

筋トレを行う

筋トレは、ダイエットにおすすめな運動です。

筋トレをすれば基礎代謝が上がり、太りづらい体になります。

中でもおすすめな筋トレは、スクワットです。

下半身の筋肉は、全身の筋肉の大部分を占めるので、スクワットをして下半身に筋肉をつけたら大幅に基礎代謝がアップします。

筋トレに興味がある方は、まずはスクワットから取り組んでみましょう。

有酸素運動を行う

有酸素運動も、ダイエットではおすすめです。

有酸素運動をすれば脂肪が燃焼されるので、体脂肪を減らすことができます。

体脂肪が減れば見た目がすっきりするだけでなく、肥満や高血圧の予防にもなるので健康にもいいです。

ランニングやジョギング、ウォーキングなどさまざまあるので、自分に合った有酸素運動をしましょう。

週2〜週3で行う

筋トレや有酸素運動などの運動は、週2〜3のペースで行いましょう。

運動は定期的なペースで行ってこそ、ダイエット効果が見込めます。

ただ、頻繁にやりすぎると体に負担がかかるので、休息も挟む必要があります。

そのため、週2〜3が適切なペースです。

その他にダイエットで意識すべきポイント

食事や運動以外に、ダイエットで意識すべきポイントはあるのでしょうか?

睡眠をしっかりとる

体重を落としたいのであれば、睡眠をしっかりとるようにしましょう。

睡眠不足だと、食欲増進ホルモンであるグレリンが増加し、食欲抑制ホルモンであるレプチンが減少します。

その結果、食べ過ぎを招いて体重が増加してしまいます。

そのようなことを防ぐためにも、睡眠はしっかりととって、食欲を抑えるようにしましょう。

ストレスを溜めない

ストレスはなるべく避けたいものですが、特にダイエット中の方はストレスと溜めないように気をつけましょう。

ストレスを溜めると、暴飲暴食に走ることがあり、体重が増加してしまいます。

ストレスによる暴飲暴食を防ぐためにも、ストレスはなるべく溜めないようにしましょう。

運動はストレス発散になりますし、ダイエット効果もあるので一石二鳥ですよ。

効果的なダイエットをして体重を落とそう!

今回は、効果的なダイエット方法を簡潔にまとめました。

どれも取り組みやすいものばかりなので、ダイエットを決心した方はすぐに取り組めるでしょう。

ぜひ効果的なダイエット方法で、体重を落としましょう。