スポンサーリンク

年齢とともに太るのは基礎代謝が原因!年齢別ダイエット法

スポンサーリンク

こんにちはダイエットの神様です。
効率よく減量する方法は、年齢や体質によって異なります

ダイエットと言えば摂取カロリーと消費カロリーの差で成功するかどうかが決定しますが、年齢とともに基礎代謝は低下していくため、太りやすく痩せにくくなります。

効率よくダイエットをするには、年齢によって食事や運動を見直すことが大事です。

基礎代謝とは?

体温を一定に保ったり、内臓を働かせるのに必要な最低限のエネルギーが基礎代謝です。基礎代謝は、座ってくつろいでいる時も眠っているときも消費されるエネルギーです。

この基礎代謝量は10代でピークを迎え、年齢とともに低下していくため同じ食事量を摂っていると自然に体重が増えてしまいます。

体重が増えるだけでなく生活習慣病と関わる内臓脂肪も増え、糖尿病や高脂血症、高血圧症の原因となってしまいます。

食習慣と運動習慣を見直し、各年代によって調整することによって基礎代謝を上げることができます。

年代別食事と運動のヒント

・20歳以下の人はまだ成長期のため、食事量を制限する過度なダイエットは控えるようにしましょう。

女性の場合は、ホルモンのバランスが崩れ無月経になる恐れがあります。

間食やフアストフードはカロリー過多になりやすく、ニキビや肌荒れの原因にもなりかねません。

ふだん運動習慣がない人は、通勤や通学の際に一駅歩くなど、日常生活に運動を取り入れるようにしましょう。

・20歳代から30歳代にかけては、仕事や子育てに忙しく十分な睡眠や規則正しい食事がとれていない傾向があります。

体を作る肉や魚、大豆製品のたんぱく質や野菜類を毎食しっかり食べることが、間食を防ぎ肥満を遠のけます。

毎日の生活の中に家庭でも出来るスクワットやその場足踏みをすると、基礎代謝を上げることができます。

・30歳代から40歳代は、基礎代謝が低下して太りやすくなってくる年代です。

男性も女性も働き盛りで、お酒や食事のお付き合いも多くなります。

この年代に太り始めると、後半の人生を生活習慣病で悩むことになってしまいます。

漠然と「痩せなければ」と思っても、なかなか痩せるものではありません。

食べたものと体重、おこなった運動を記録すると、体重増加との果関係がわかりやすくなります。

遊び感覚で記録してみましょう。最近はやっているのがレシートダイエットと言って、その日の食に関するレシートをノートに貼る方法です。

仕事帰りに翌朝のパンだけ買うつもりでコンビニにより、ケーキを買ったり、あんまんを買ったりしていることが多いと、糖質が過剰摂取になってしまいます。

基本的には口に入れたものを全てメモするのがレコーディングダイエットですが、レシートを見て反省するだけでもダイエットにつながります。

・40歳代から50歳代は女性の場合、更年期がやってきます。

代謝が低下し、食事制限だけでは体重が落ちにくくなります。

更年期になると、卵巣機能が低下することによるエストロゲンの分泌量が低下し、心身ともに不調を生じやすくなります。

基礎代謝、筋肉量ともに低下し、太りやすく痩せにくい状態になります。

その上、更年期に伴う精神的な不安もあります。気分転換のためのジム通いやヨガや水泳

などを取り入れるのもおすすめです。

子育てが一段落した年齢でもあるので、ある程度自分に投資をすることも考えるとよいでしょう。

・50歳代から60歳代は、肥満が生活習慣病の引き金になるので、健康のためにも食習慣の見直しと運動習慣をつけることが必要です。

人生100年時代と言われる中、この年代で気をつけないと病院通いが仕事となってしまいます。

また、閉経後の女性は骨からカルシウムが失われやすく、骨粗鬆症のリスクが高まります。

無理な運動は禁物ですが、ウォーキングなどを習慣にしたいものです。

代謝を上げるための簡単な5つのエクササイズ

年齢に関係なく誰にでも出来るちょっとユニークなエクササイズを紹介します。

①イスに座ったまま足踏み

イスに座ったまま両手でそれぞれの足を押え、ジダンダを踏むように足踏みします。

30秒~1分間おこないます。

②ぴょんぴょん体操

両手をバンザイの形に上げ、ウサギの耳のようにして、その場で軽く跳躍します。

10~20回おこないます。

③お尻キック

姿勢を正して立ち、左右の足を交互に蹴り上げて、お尻にタッチします。

1分ほど続けます。

④その場もも上げ&全身ブルブル

足を高く上げてその場で足踏みをした後、全身脱力し手足をブルブルとふるわせます。

⑤肩回しと肩の上げ下げ

両手を肩の上に置き肩を前回しと後ろ回しをそれぞれ10回くり返し、左右交互に肩の上げ下げを10回くり返します。

まとめ

一般的に30代後半くらいから、だんだん痩せにくくなります。

年齢とともに基礎代謝が低下していくことを認識し、カロリーオーバーにならないように気を付けましょう。

また、この年代から適度な運動習慣をつけておくと、40代以降に肥満による生活習慣病に悩む確率が低くなります。