スポンサーリンク

年齢別ダイエット!年齢に合わせたダイエットをしよう!

スポンサーリンク

こんにちはダイエットの神様です。
「今までやってきたダイエット方法が通用しない…」

年を取ると、昔やっていたダイエット方法が通用しなくなることがあります。せっかく運動したり食事内容を変えたりしても、体重はどんどん増えていくばかり…。

そんなときは、自分の年齢に合ったダイエットをするべきです。実は、年齢によって効果的なダイエット方法は異なってくるのです。

今回は、オススメなダイエット方法を年齢別に紹介していきます。

スポンサーリンク

年を取ればとるほど太りやすくなる

「過去に実践していたダイエット方法が効かない…」と悩む方は後を絶ちませんが、それは一体どうしてなのでしょうか?

実は、私たちは年を取ればとるほど、太りやすい体質になっていくのです。その理由は、年齢とともに基礎代謝と活動代謝が減っていくからです。

基礎代謝とは、運動などをしなくても自然と行われる代謝です。活動代謝とは、運動などをすることによって行われる代謝のことを指します。

基礎代謝が減るということは、今まで基礎代謝が高くてダイエットをする必要がなかった方でも太りやすくなるということです。そして、活動代謝が減るということは、運動によるダイエットの効果が小さくなるということです。

したがって、年齢を重ねるごとにダイエットの方法を変えていく必要があります。

女性は年を取ると女性ホルモンが減る

特に女性の場合、年を取れば取るほど女性ホルモンの分泌が減る、という問題があります。女性ホルモンの分泌は30代後半から徐々に減っていきます。

女性ホルモンの分泌が減っていくと、脂肪を分解する力が落ちていくので、太りやすい体になってしまうのです。

女性は年を取ったら、これらのことを意識してダイエットをしましょう。

20代のダイエット方法

まずは20代のダイエット方法を紹介していきます。20代は基礎代謝と活動代謝がともに高いので、運動によるダイエットの効果が高いです。

そのため、日頃から運動をするようにしましょう。ウォーキングやランニングなどの有酸素運動、スクワットや腕立て伏せなどの筋トレなどがオススメです。

20代は筋肉がつきやすいので、若いうちに筋肉をつけておいて基礎代謝を高めておきましょう。普段から運動をして筋肉をつけておけば、年を取ってもある程度は代謝能力を維持できます。

食事に関しては、20代は特に「1日3食」を心がけましょう。20代で朝食を抜く人は男性だと3人に1人、女性だと4人に1人と、朝食を抜く人が目立ちます(出典:https://www.otsuka.co.jp/health-and-illness/balance/breakfast/)。

朝食を抜くことは、ダイエットにおいては悪影響です。なぜならば、朝食を抜くことでエネルギーを余分に吸収する体質になってしまうからです。

そうならないためにも、忙しくても1日3食を心がけるようにしましょう。

30代〜40代のダイエット方法

30代〜40代は基礎代謝と活動代謝が落ちていきます。その上、結婚や出産など、ライフスタイルにも大きな変化が現れる時期なので、ストレスが溜まって体重が増える方も後を絶ちません。

そして女性は30代後半になると、女性ホルモンの分泌が減っていくので、脂肪を溜めやすい体になっていきます。

代謝能力が落ちてく30〜40代は運動よりも、食事内容を変えることを意識した方が良いです。

まずは、カロリーを抑えた食事を心がけましょう。特に脂質は太る原因になるので、肉の脂身などはなるべく食べないようにするべきです。

そして、カロリーを抑えるだけでなく栄養バランスを意識した食事を心がけることが大切です。基本は、主食、主菜、副菜、汁物を揃えたメニューにしましょう。

食事の際は、温野菜や薬味など、体を温める食べ物を取り入れてみるとなお良いです。体を温めれば、代謝を上げることができます。

最後に、間食は控えましょう。間食を減らして余分なエネルギー摂取を抑えるのです。

50代以降のダイエット方法

50代以降はさらに代謝が落ちていき、より太りやすくなります。そして女性の場合、50代になると閉経するので、女性ホルモンがかなり減少してより太りやすくなります。

そして、運動自体も大変になるので、激しい運動をして体重を減らすことは困難です。

50代以降は、少しでも代謝の低下を防ぐためにも、軽めの運動を日々行うようにしましょう。

ウォーキングやストレッチであれば、激しい運動に耐えられなくても無理なく続けることができます。60代になると、定年退職する方もいるので、空いた時間を有効活用して軽めの運動をしましょう。

普段の食事では、タンパク質と野菜を多めにとるように意識しましょう。タンパク質を多めにとれば筋肉量の低下を防げますし、野菜は低カロリーで栄養素も豊富です。

また、お酒の量も減らすようにしましょう。お酒は体に負担がかかるだけでなく、カロリーも高いのでなるべく飲まないようにしましょう。そうすれば体重が増えるのを防げますし、寿命も延びます。

最後に

いかがでしたか?自分の年齢によって、ダイエット方法は変えていく必要があるのです。

ご自身の体についてしっかりと把握した上で、自分に合ったダイエットをしていきましょう。