スポンサーリンク

有酸素運動の効果とは?やり方や注意点は?

スポンサーリンク

こんにちはダイエットの神様です。

ダイエットに興味がある方であれば、

「有酸素運動はダイエットに効果的!」

と聞いたことがあるかもしれません。

確かに、有酸素運動はダイエットに効果的です。

しかし、有酸素運動はダイエットに効果があるだけではありません。

他にはどのような効果があるのでしょうか?

今回は

・有酸素運動の効果
・有酸素運動の種類
・有酸素運動のやり方
・有酸素運動の注意点

について、解説します。

スポンサーリンク

有酸素運動のダイエット効果

脂肪燃焼

有酸素運動には、脂肪を燃焼させる効果があります。

有酸素運動をしていると、序盤では血液中の糖質がメインに消費されますが、しばらく時間が経つと脂肪もエネルギーとして燃焼するようになります。

そのため、有酸素運動をすれば体の厄介な脂肪を落とすことができるのです。

基礎代謝の向上

有酸素運動をすれば体が鍛えられて筋肉がつくので、基礎代謝が向上します。

もちろん筋トレには及びませんが、例えばランニングをすれば脚に筋肉がつくのでその分基礎代謝もアップします。

有酸素運動のその他の効果

有酸素運動には、ダイエット以外の効果もあります。

一体どのような効果があるのでしょうか?

ストレス発散

有酸素運動には、ストレス発散効果があります。

何故ならば、有酸素運動をすればセロトニンが作られ、セロトニンがストレスを解消してくれるからです。

有酸素運動にはウォーキングやランニングなど、身体を一定のリズムで動かす運動ばかりです。

一定のリズムで身体を動かす運動をすると、セロトニンが分泌され、ストレスが解消されます。

現代はストレス社会です。

人間関係に悩んだり、忙しすぎて心身ともに疲れていたりする人が多いかと思います。

しかし、そんな状況でも有酸素運動をすれば、ストレスをしっかりと解消することができますよ。

ストレス社会に負けないためにも、ぜひ有酸素運動をしましょう。

心肺機能の向上

有酸素運動は、心臓と肺に負荷をかける運動なので、心肺機能が向上します。

心肺機能が向上すると、体力がつきますし、疲れにくい体になります。

普段から元気で健康的に過ごしたい人は、有酸素運動をして心肺機能を高めましょう。

有酸素運動の種類

有酸素運動と言っても、さまざまな種類があります。

自分に合った有酸素運動に取り組んでみましょう。

ウォーキング

ウォーキングは、歩いて行う有酸素運動です。

ウォーキングは、ゆっくりのペースで行えるので、お年寄りの方や足腰が悪い方でも無理なくできます。

ジョギング

ジョギングは、ウォーキングよりも速く、ランニングよりも遅めのペースで走る有酸素運動です。

具体的には、友達と会話ができる程度のペースが目安です。

ジョギングもあまり激しい有酸素運動ではないので、気軽に有酸素運動を楽しみたい方におすすめです。

ランニング

ランニングは、走って行う有酸素運動です。

ランニングはウォーキングやジョギングに比べて負荷の高い運動です。

体力に自信がある方は、ランニングに取り組んでみましょう。

水泳

水泳も有酸素運動の一つです。

水泳は浮力のおかげで関節にかかる負担が少なく、関節痛でランニングやジョギングができない方にもおすすめです。

また、水中での運動は消費カロリーが陸上よりも高いというメリットもあり、ダイエットにかなり効果的な有酸素運動と言えます。

エアロバイク

エアロバイクは、室内でペダルを漕ぐ運動ができるマシンです。

座りながらでもできるのが魅力ですが、思いっきり漕げばとてもいい運動になりますよ。

ジムに行けばエアロバイクは置いてあるので、ぜひやってみましょう。

有酸素運動のやり方

準備運動をした上で行う

有酸素運動をする際は、準備運動をした上で行いましょう。

準備運動をあらかじめやっておくことで、体が温まり、怪我をしづらい状態で有酸素運動ができます。

安全を確保するためにも、準備運動はしっかりしましょう。

30分〜1時間を目安に行う

有酸素運動は、30分〜1時間を目安に行いましょう。

短すぎるとダイエット効果が見込めませんし、長すぎても挫折してしまいます。

慣れてきたら時間を延ばしたり、負荷を上げたりしてみましょう。

食後2時間ぐらい空けて行う

有酸素運動は、食後2時間ぐらい空けてから行いましょう。

逆に食後すぐに有酸素運動をすると、胃腸に負担がかかり、吐いてしまうことがあります。

そうならないようにためにも、消化吸収が進んだ食後2時間後を目安に行いましょう。

空腹の場合は軽食を食べてから

空腹の場合は、軽食を食べてから行いましょう。

お腹が空きすぎても、力が出ませんし、場合によっては倒れてしまいます。

そうならないためにも、空腹の場合はバナナやおにぎりを食べてから有酸素運動をしましょう。

有酸素運動の注意点

有酸素運動をしている最中は、こまめに水分補給をしましょう。

有酸素運動をしていると汗を大量にかくので、水分補給をしないと熱中症や脱水症状を引き起こします。

そのため、飲み物は必ず持参しましょう。

有酸素運動でダイエットをしよう!

今回は、有酸素運動の魅力について解説しました。

有酸素運動はダイエット効果があるだけでなく、ストレス解消効果や心肺機能が向上するなどの効果があります。

有酸素運動は、私たちの体に嬉しい効果をもたらしてくれるのです。

ぜひ有酸素運動に取り組んでみましょう。