スポンサーリンク

水泳でダイエット!ダイエット効果やおすすめな時間や頻度は?

スポンサーリンク

こんにちはダイエットの神様です。
ダイエットのための運動と聞いて、ジョギングやランニングなどの運動を連想する方は多いかと思います。

しかし、ダイエットにおすすめな運動はそれらだけではありません。

ダイエットには、水泳もおすすめです。

今回は、

 水泳のダイエット効果
 ダイエットにおすすめな水泳の時間や頻度
 水泳ダイエットの注意点

について解説します。

あなたも水泳でダイエットをしてみませんか?

スポンサーリンク

水泳のダイエット効果

水泳は水中での運動なので、関節などに負担があまりかかりません。

そのため、関節の調子が悪くて「ランニングとかはできない…」という方でも、取り組みやすい運動となっています。

しかし、ダイエットに水泳がおすすめな理由は、それだけではありません。

水泳の凄さを実感するためにも、水泳のダイエット効果について見ていきましょう。

水泳は消費カロリーが高い

まず、水泳は消費カロリーが高い運動の一つです。

水中では水圧が体にかかるため、その分カロリー消費が高くなります。

陸上と同じ動きを水中でしたら、消費カロリーは2〜4倍にもなると言われています。

水泳がダイエットにおすすめだと言われているのには、消費カロリーが高いという点にあります。

また、泳ぎ方別の1時間あたりの消費カロリーは、

 平泳ぎ…約600kcal
 クロール…約1300kcal

で、他の運動の中でも消費カロリーは高めとなっています。

水圧がかかって代謝がアップ

水泳をすると、代謝がアップします。

水泳をしていると、体に水圧がかかることにより、血流が良くなります。

血流が良くなった結果、代謝がアップして太りづらい体になるのです。

ダイエットにおすすめな水泳の時間と頻度

水泳がダイエットにおすすめとは言っても、どのように泳げばいいのでしょうか?

ここからは、ダイエットにおすすめな水泳の時間と頻度を紹介します。

30分以上泳ぐ

水泳でダイエットをするのであれば、30分以上は泳ぎましょう。

水泳などの有酸素運動は、開始してから20分経ったら脂肪が多く燃焼されるようになります。

というわけで、脂肪をより多く燃焼させるためにも、最低でもプラス10分は頑張りましょう。

体力に自信がある方は、30分よりも多めに泳いでもOKです。

頻度は週1〜週4がおすすめ

水泳の頻度は、週1〜4日ぐらいがおすすめです。

ダイエットのための運動は、なるべくこまめに、かつ一定のペースで続ける必要があります。

しかし、そうは言っても仕事や学校で忙しい方もいるかと思うので、最低週1からのペースが丁度いい方が多いかと思います。

そして、あまりやりすぎると体に負担がかかるので、休日を挟むことを考えたら最大で週4にとどめておいた方がいいです。

というわけで、週1〜週4のペースで水泳をしましょう。

水泳のメニュー

水泳のメニューにはどのようなものがあるのでしょうか?

水中ウォーキングを30分

水泳にダイエット効果があると言っても、

「泳ぐのは苦手」
「体力に自信がない」

という方もいるでしょう。

そのような方におすすめなのが、30分の水中ウォーキングです。

水中ウォーキングであれば、

 泳ぐのが苦手な方
 体力に自信がない方

でも無理なく取り組むことができます。

水中でウォーキングをするだけですが、それだけでもいい運動になるので、水泳初心者は水中ウォーキングから始めてみましょう。

50mを4往復

水泳がある程度できる方は、50mを4往復することにチャレンジしてみましょう。

50mを4往復することには、

 距離が短いので泳ぎやすい
 休憩をこまめに挟める

というメリットがあります。

取り組みやすい上に、良い運動になるので、ぜひチャレンジしてみましょう。

100mを2往復

水泳ができて体力にかなり自信がある方は、100mを2往復にチャレンジしてみましょう。

100mに慣れてきたら、50mを4往復するよりも早いペースで泳ぐことができます。

効率良く泳ぎたい方は、100mを2往復にチャレンジしてみましょう。

水泳ダイエットの注意点

泳ぐ前に準備運動を行う

水泳をする前は、必ず準備運動をしましょう。

準備運動をしないで泳ぐと、

 怪我をする
 溺れる

この2つのリスクが高まります。

安全に水泳ダイエットをするためにも、水泳前は準備運動をしっかりと行いましょう。

食べ過ぎに注意

水泳を行った後は、食べ過ぎに注意しましょう。

水泳をするとかなりカロリーを消費して疲れるので、つい食べてしまいます。

しかし、せっかくいい運動をしたのに食べ過ぎてしまったら努力が水の泡になってしまいます。

くれぐれも食べ過ぎないようにしましょう。

継続して行う

水泳ダイエットは、継続して行いましょう。

水泳は消費カロリーが高いものの、すぐにはダイエット効果を実感しづらいです。

継続して行ってこそ、ようやく効果が現れてきます。

最低でも1ヶ月は続けましょう。

水泳ダイエットで痩せよう!

今回は水泳ダイエットの効果などについて紹介しました。

水泳は意外にも、消費カロリーが高く、ダイエットには効果的な運動なのです。

近所の市民プールなどを利用して、水泳ダイエットにチャレンジしてみましょう。