スポンサーリンク

海外のプロテインは安全?危険?メリットやデメリットは?

スポンサーリンク

こんばんはダイエットの神様です。
海外のプロテインにはどのような特徴があるのでしょうか?

最近のスポーツ用品店では、たくさんの種類のプロテインが販売されています。

国内メーカーが販売しているプロテインも最近では増えてきました。

では、海外のプロテインはどうなのでしょうか?

海外と聞くと「安全性については大丈夫なのかな?」「飲んだら危険なんじゃないかな?」と不安に思う方もいるかもしれません。

今回は海外のプロテインが気になっている方に向けて、

  1. 海外のプロテインのメリット
  2. 海外のプロテインのデメリット
  3. 海外のプロテインを安全に購入するには?

について解説します。

海外のプロテインを購入したいなと思ったら、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

海外のプロテインのメリット

海外のプロテインには、主に以下のメリットがあります。

  1. コストパフォーマンスが高い
  2. 品質基準が厳しい

それぞれの2つのメリットについて、詳しく見ていきましょう。

コストパフォーマンスが高い

まず海外のプロテインは、基本的にコストパフォーマンスが高いです。

海外のプロテインは、一袋あたりの量が多くて価格が安い傾向にあります。

海外から購入すると送料がかかりますが、それでも国内のプロテインを買うよりも安く済むパターンが多いです。

安さの理由は、海外ではプロテインの原料である乳清タンパク質を大量生産しやすいからです。

おかげでプロテインを作るのにかかるコストを大幅に抑えることができます。

しかも海外のプロテインは、大きなサイズのボトルで販売していることが多いため、なおさらコストパフォーマンスが高いです。

プロテインをお得に買いたいのであれば、海外のプロテインがおすすめです。

品質基準が厳しい

海外のプロテインは、生産される際の品質基準が厳しいです。

海外のプロテインやサプリメントは、日本のプロテインなどに比べて厳しい審査を受けた上で生産されています。

アメリカの場合「FDA(Food and Drug Administration、米国食品医薬品局)」によって定められた品質基準の「cGMP(current Good Manufacturing Practice、最新適正製造基準)」を通過しなければ、販売することができません。

cGMPは数ある品質基準の中でも特に厳しいもので、品質基準は頻繁に更新されるので、常に品質に関しては気をつけなければいけません。

もしcGMPに反していれば、厳しい罰則があります。

したがって、海外のプロテインは品質においても優れています。

海外のプロテインのデメリット

ここまで海外のプロテインのメリットを紹介しましたが、以下のようなデメリットもあります。

  1. 人工甘味料が多い
  2. 安いプロテインは違法薬物が入っていることもある

この2点について詳しく見ていきましょう。

人工甘味料が多い

海外のプロテインは、日本国内のプロテインと比べて人工甘味料が多い傾向にあります。

飲んでみるとあまりにも甘すぎて、飲みづらいということもあります。

しかも砂糖などの自然な甘さではないので、人工甘味料の甘さが苦手な人は受け付けないかもしれません。

日本国内のプロテインにも人工甘味料が使われているものが多いですが、海外のプロテインに比べたら人工甘味料の量は多くありません。

おかげで飲みやすいフレーバーに仕上がっています。

プロテインは日常的に飲むものなので、飲み続けられる味かどうかは重要な問題ですね。

安いプロテインは違法薬物が入っていることもある

安いプロテインは、違法薬物が入っていることもあります。

上記で、海外のプロテインは厳しい品質基準を通過していると書きましたが、正規な形で販売されていないものは品質に問題がある場合が多いです。

成分表示に記載されていないものが入っていることがありますし、ひどい場合だと違法薬物が含まれていて、健康に被害が出ます。

健康に被害が出るとまではいかなくても、スポーツ選手が飲むことでドーピングに引っかかるという場合もあります。

というわけで、安い海外のプロテインは正規に販売されていないことが多く、違法薬物などが入っていることもあるのです。

海外のプロテインを安全に購入するには?

海外のプロテインは質が高いものが多いですが、中には違法薬物が入っているものもあります。

問題のあるプロテインを避け、安全に購入するためには、

  1. 値段が高めのプロテインを買う
  2. 大手メーカーのプロテインを買う
  3. AmazonやiHerbを利用する

を心がけましょう。

値段が高めのプロテインを買う

品質に問題があるプロテインは安い傾向にありますが、値段が高めのプロテインを買うようにすれば、品質に問題のあるプロテインを避けられます。

そもそも品質に問題のあるプロテインが安く売られているのは、正規の形で販売されていないからです。

質の高いプロテインは正規の形で販売されているので、値段も高くなります。

大手メーカーのプロテインを買う

大手メーカーのプロテインであれば、安全性については心配する必要はありません。

もしインターネットで海外のプロテインを見かけた時は、メーカーについて調べるのがおすすめです。

メーカーを調べた際に全然ヒットしなかったり、悪い評判が多かったりしたら、そのメーカーが販売しているプロテインは避けましょう。

AmazonやiHerbを利用する

AmazonやiHerbは大手の通販サイトなので、安心して買い物ができます。

大手の通販サイトであれば、違法薬物が入っているプロテインを販売することは余程のことがない限りありえません。

海外のプロテインを買う際は、Amazonやiherbなどの大手通販サイトを利用しましょう。

海外のプロテインを安全に購入しよう!

今回は海外のプロテインのメリットやデメリット、安全に購入する方法について解説しました。

海外のプロテインは質が高い傾向にありますが、安いものや正規のルートで販売されていないものには、違法薬物などが含まれていることがあります。

問題のあるプロテインを避けるためにも、商品やメーカーについて調べたり、大手の通販サイトを使ったりしましょう。