スポンサーリンク

痩せない理由は生活習慣にあり?

スポンサーリンク

こんにちはダイエットの神様です。
春が近づくと「春までに痩せよう」夏が近づくと「夏までに痩せよう」と、ほとんど一年中ダイエットに取り組んでいるものの、いっこうに痩せる気配がないのは、あなただけではありません。

巷では様々なダイエット方法が溢れていますが、リバウンドすることなく一番お金をかけずに痩せる方法が「食事と運動、睡眠」の3つを見直すことです。

まずは1ヵ月に2㎏を落す目標設定を!

無理なくキレイに痩せるには焦りは禁物です。1ヵ月に2㎏以上落すとリバウンドしやすくなります。

ざっくりとですが1ヵ月で2㎏落すには1日に500㎉を減らす必要があります。

食事だけや運動だけで減らそうとするとキツイですが、「食事と運動、睡眠」の三点セットでカロリーに気をつけると意外とすんなり痩せます。

身長160㎝、体重55㎏の女子が実際おこなって効果が出た方法です。

毎日の食事で300㎉を減らす

食物繊維の多い野菜をゆっくりよく噛んで食べることから始めると、無理なく食事量を減らすことができます。

痩せたいからと1食抜くのはやめましょう。三食バランスよく食べることを基本に、摂取カロリーを夜だけ減らすようにすると少しずつ体重が減ります。

日中は体を動かしますが寝ている間はカロリーが消費しないため、食べ過ぎると太ってしまいます。

ダイエットで減らしてよいのは唯一ご飯やパン、麺類ですが全くとらないのはエネルギー不足になってしまいます。

あくまでも糖質は制限するという意識が大事です。

例えばご飯は軽く1膳で約200㎉で、6枚切り食パン1枚が約160㎉です。朝食のパンを半分に夕食のご飯を半膳にすると180㎉を減らすことができます。

問題は昼食です。

昼食を牛丼やパスタ、ラーメン、ハンバーガーなどにすると、一気に消費カロリーが増えてしまいます。

例えば、牛丼は1000㎉近くあります。

パスタの場合でサーモンのクリームパスタなら1000㎉、ラーメンの場合で担々麵なら1000㎉です。

ふつうのハンバーガーだけなら300㎉前後ですが、フライドポテトやチキンナゲットなどをプラスすると1000㎉になってしまいます。

体重を減らすためには1500㎉から1800㎉にしたいところですが、1食で1000㎉も摂取してしまうと、後の2食をバランスの取れた献立にするのは、かなり難しいといえます。

コンスタントにダイエットをするには、昼食を見直すことが大事です。

丼物なら海鮮丼や鉄火丼にすると500㎉に、クリームパスタを和風キノコパスタにすると400㎉に抑えることができます。ラーメンも塩ラーメンなら400㎉です。ハンバーガーをミックスサンドにするだけでやはり400㎉~500㎉になります。

・食事はゆっくりよく噛んで食べましょう

脳が満腹感を覚えるまでに20分ほど時間がかかります。早食いをすると、満腹感を得る前に食べ過ぎてしまいます。

三度の食事をよく噛んでゆっくっり食べるだけで、ダイエット効果があります。

毎日の運動で200㎉を減らす

運動といえばジョギングやウオーキング、水泳などをイメージしてしまいますが、家事もりっぱな運動です。

例えばお風呂掃除を15分ていねいにおこなうだけで約100㎉が消費され、家中の拭き掃除を20分すれば100㎉消費します。

お金をかけずにカロリー消費が期待できる運動は縄とびですが、10分で100㎉消費できます。場所をとらずに縄とびをおこなうにはエアー縄とびがおすすめです。縄なし縄とび、つまり格好だけの跳躍です。

もう一つのおすすめはエアーボクササイズです。

ユーチューブを見ながら約15分ボクササイズをおこないましたが、二の腕シェイプ効果もありますよ。

このエアーボクササイズもエアー縄とび同様に道具もいらず、消費カロリーが高いのでおすすめです。

運動習慣のなかった人や、手抜き家事をしていた人が継続的に1日に1ヵ所20分程度のていねい掃除と、エアー縄とびかエアーボクササイズをすると確実に痩せます。

その他にもていねい掃除にプラスして、ゆっくり15分ほどジョギングをしたりエアロバイクをこぐと200㎉を減らすことができます。

また、有酸素運動の前に腹筋や背筋、腕立て伏せなどの無酸素運動をやっておくと、効率よく痩せます。

良質な睡眠が痩せやすい体をつくる!

良質な睡眠をとることで一晩に約200~300㎉が消費されます。

人の体は眠っている間に成長ホルモンが分泌されますが、大人は成長ホルモンが分泌されると、体内の脂肪が燃焼して痩せやすくなります。

できれば日付が変わる前に布団に入り、3時間ぐっすり眠ると成長ホルモンは分泌されます。

以前は22時から2時までの時間に成長ホルモンが分泌されると言われていましたが、何時に寝てもぐっすり眠ることができると成長ホルモンは分泌され、一晩に200~300㎉が消費されます。

また、起床時間を朝少し早めにしてゆっくりとした時間を持つことで、便通がよくなります。便秘体質は肥満の原因になるので早起きを心がけましょう。

まとめ

ダイエットに焦りは禁物です。

食事と運動と睡眠を見直して健康的に痩せましょう。

まずは1日の食事で200cal制限し、運動で200㎉消費することを目標にしましょう。

過度な食事制限をすると体は摂取したエネルギーを吸収しやすくなり体重は減りません。

自分の身体の様子を見ながら少しずつ減量していきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする