スポンサーリンク

睡眠でダイエット!睡眠はダイエットにどう関係している?

スポンサーリンク

こんばんはダイエットの神様です。
あなたは普段、しっかりと寝ていますか?

実は睡眠は、ダイエットに大きく関係しているのです。

「食事制限と運動をちゃんとしていれば大丈夫じゃない?」と思っている方もいるかもしれませんが、睡眠をおろそかにしていたら、ダイエット効果が薄れてしまいます。

睡眠はダイエットに、どのように関わっているのでしょうか?

今回は、

 睡眠がダイエットにどう関係しているのか
 痩せるための睡眠のポイント

を解説します。

ダイエットをしている方こそ、睡眠はとても重要なのです。

スポンサーリンク

睡眠はダイエットにどう関係している?

睡眠はダイエットにどう関係しているのでしょうか?見ていきましょう。

成長ホルモンが分泌される

私たちが寝ている間、体内では成長ホルモンが分泌されています。

成長ホルモンには脂肪を分解する効果があり、1日あたり脂肪を約300kcal分だけ分解します。

しっかりと寝るだけで約300kcalもの脂肪を消費できるのは、大きいでしょう。

体脂肪が多くてお悩みの方は特に、ぐっすりと眠ることが大事です。

睡眠不足だと食べ過ぎてしまう

睡眠不足は、食べ過ぎを招いてしまいます。

研究によると睡眠時間が短い人ほど、食欲増進ホルモンであるグレリンが増加し、食欲抑制ホルモンであるレプチンが減少します。

「寝不足だとお腹が空きやすい」と感じるのは、食欲に関係するホルモンが原因です。

そして肥満の指標であるBMI値も上昇してしまうのです。

食欲が余分にあると、リバウンドをする可能性も高くなります。

早めに寝れば夜食を食べずに済む

夜遅くまで起きていると、お腹が減って夜食を食べたくなることがあると思います。

もし早めに寝れば、夜食を食べずに済むので、摂取カロリーを無駄に増やさずに済みます。

夜食は摂取カロリーを増やすだけでなく、睡眠の質も下げるので悪いことだらけです。

ダイエット中は食事制限をするのでなおさらお腹が空きやすいですが、お腹が空いたら早めに寝るようにしましょう。

痩せるための睡眠のポイント

睡眠をしっかりとって痩せるためには、どのようなことを心がければいいのでしょうか?

最低6時間以上は眠る

まず、普段から最低でも6時間以上は眠るようにしましょう。

研究によると、睡眠時間が6時間の人は肥満になる確率が23%、5時間の人は50%、4時間の人は73%と、6時間を切ったら肥満になる確率がグッと上がったのです。

したがって、忙しくても最低でも6時間以上寝ることを心がけて生活しましょう。

カフェイン摂取は夕方までに

仕事が忙しくてカフェインを摂取する方は多いかと思いますが、カフェインの摂取は夕方までに済ませましょう。

カフェインを遅い時間帯に摂取すると、頭が冴えすぎてしまって、なかなか眠れなくなります。

たとえ眠りにつけたとしても、睡眠が浅くなってしまいます。

また、カフェインを日常的に摂取していると、摂取する量が増えてしまうので、時間帯だけでなく摂取量にも気をつけましょう。

寝る1時間前はスマホやPCを使わない

スマホやPCは画面からブルーライトを発していて、ブルーライトには目を覚ます効果があります。

もし寝る前にスマホやPCを使っていたら、目が冴えて眠れなくなったり、睡眠の質が下がったりしてしまいます。

スマホやPCの使用は、寝る1時間前までにして、それ以降は紙の本や漫画を読んで過ごしましょう。

どうしてもスマホやPCを使わなければいけない場合は、ブルーライトをカットする眼鏡をつけるようにしましょう。

入浴は寝る1時間前までに済ませる

スマホやPCだけでなく、入浴も寝る1時間前までに済ませるようにしましょう。

入浴すると体が温まり、交感神経が活性化するので、入浴し終わった直後は就寝には適していません。

体を冷まし、交感神経を落ち着けるためにも、少なくとも1時間の猶予が必要です。

そして入浴する際は、あまりお湯の温度を上げないようにしましょう。

夕食は3時間前に済ませる

夕食は寝る3時間前までに済ませるようにしましょう。

食べ物の消化には2時間ほどかかりますが、胃に食べ物が残った状態で寝ると、睡眠の質が下がってしまいます。

胃の中が空っぽな状態で眠るためにも、眠る3時間前までには夕食を済ませましょう。

寝る前にストレッチをする

寝る前に余裕があるのであれば、ストレッチをするのもおすすめです。

ストレッチには血行を良くし、副交感神経を活性化させてリラックスさせる効果があります。

血行が良くなれば基礎代謝が上がりますし、リラックスできれば睡眠の質もグッと上がります。

ストレッチは軽くで構いませんので、寝る前に5分ぐらいストレッチに取り組んでみましょう。

しっかり睡眠をとって体重を落とそう!

今回は睡眠とダイエットの関係について解説しました。

睡眠をおろそかにしていると、ダイエットが難しくなることが理解できたかと思います。

ダイエットに関係あるのは、食事制限や運動だけではありません。

日頃からしっかりと寝て、ダイエットの成功率を高めましょう。