スポンサーリンク

筋トレをしてダイエットを成功させよう!筋トレのメリットとは?

スポンサーリンク

こんにちはダイエットの神様です。
あなたはダイエットのために、筋トレをしていますか?

中には「筋力ないし筋トレはきつそう…」と思っている方もいるでしょう。

確かに、筋トレは筋肉を使うので楽ではありません。

しかし、ダイエットをしているのに筋トレをしないのはもったいないです。

ダイエットをしている方にこそ、筋トレはおすすめです。

今回は、筋トレをするメリットや、おすすめの筋トレ方法について紹介します。

あなたもこれを機に、筋トレダイエットを始めませんか?

スポンサーリンク

筋トレのメリット

筋肉がついて基礎代謝が上がる

言うまでもなく、筋トレをすれば筋肉が鍛えられるので、筋肉がつきます。

筋肉には、基礎代謝を上げる効果があります。

そのため、筋トレをして筋肉量を増やせば、基礎代謝がアップして痩せやすい体になります。

つまり、筋トレをすればするほど、痩せやすい体へと自然になっていくのです。

これが、ダイエットをしている方に筋トレがおすすめな最大の理由です。

ダイエットをしている方は、筋トレで基礎代謝を高めて痩せやすい体を作りましょう。

最初はきついかもしれませんが、続けていけば徐々に慣れていくので、ぜひとも筋トレで筋肉をつけましょう。

自宅で気軽に取り組める

筋トレは、自宅で気軽に取り組むことができます。

ランニングとかだと、外に出て行う必要がありますが、自宅でできる筋トレであれば面倒臭さを感じることなくすぐに行えます。

筋トレのメニューには「腕立て伏せ」「腹筋」「スクワット」などがありますが、どれも自宅で簡単に取り組めるものばかりです。

部屋のスペースさえ確保すれば、その場ですぐに筋トレができます。

もちろん、ジムに通って器具を使って筋トレをするのもアリですが、自宅でも十分に筋肉を鍛えることができますよ。

家にいて暇な時は、ぜひ家で筋トレをしてみませんか?

筋肉がついて体型がかっこよくなる

「筋トレをしてゴリマッチョになるのはちょっと…」と思っている方はいませんか?

筋トレは、何もゴリマッチョを目指している方だけにおすすめなものではありません。

ゴリマッチョとまではいかなくとも、ある程度筋肉がついていると、体が引き締まって見えます。

また、そもそも女性の場合は筋肉が簡単につきづらいようにできているので、筋トレをしてゴリマッチョになるという心配はありません。

むしろ女性の場合は、筋トレをして筋肉を身につければ、体のたるみなどが解消して美しいボディラインになります。

筋トレをして、綺麗な体型を目指しましょう。

おすすめな筋トレメニュー

ここからはおすすめな筋トレメニューを紹介します。

ぜひ取り組んでみましょう。

スクワット

スクワットは下半身全体を効率良く鍛えることができます。

下半身は筋肉量が多いので、下半身を鍛えれば基礎代謝が大幅にアップします。

そして、お尻のたるみなども解消できるので一石二鳥ですよ。

スクワットのやり方は以下の通りです。

1.まっすぐ立ち、腕を胸の前で組む
2.太ももが床に対して平行になるまで、ゆっくりと膝を曲げていく(この時、猫背にならないように注意する)
3.元の体勢にゆっくりと戻る
4.これらの動作を10〜15回×3〜5セット行う

スクワットは、筋力に自信がない方でも行えるので、特におすすめですよ。

腕立て伏せ

腕立て伏せは、主に上腕三頭筋を鍛えることができます。

腕立て伏せで上腕三頭筋を鍛えれば、腕のたるみを解消できますよ。

腕周りを引き締めたい方は、腕立て伏せを頑張りましょう。

腕立て伏せのやり方は以下の通りです。

1.うつ伏せになり、両手で体を支える
2.上体が床にすれすれになるまで、両肘をゆっくり曲げていく
3.腕を伸ばし、元の状態に戻る
4.これらの動作を10〜15回×3〜5セット行う

腹筋

腹筋は、お腹周りの筋肉を鍛えるトレーニングです。

腹筋すれば、お腹周りが引き締まります。

腹筋のやり方は以下の通りです。

1.仰向けになり、手を頭の後ろに持ってくる
2.膝を90度曲げ、反動を使わずに上体をゆっくり起こす
3.腹筋がプルプルしてきたら、その姿勢を2秒間キープする
4,元の姿勢に戻る
5.これらの動作を10〜15回×3〜5セット行う

プランク

プランクとは体幹トレーニングの一種で、このトレーニングもお腹周りを引き締めることができます。

そして、猫背が改善されて姿勢も良くなるので、一石二鳥ですよ。

プランクのやり方は以下の通りです。

1.仰向けになり、両肘で上体を支え、つま先で下半身を支える
2.その状態を30〜60秒間キープし、これを3〜5セット行う

背筋

背筋とは、脊柱起立筋を鍛えるトレーニングです。

脊柱起立筋を鍛えれば、姿勢が良くなります。

背筋のやり方は以下の通りです。

1.仰向けになり、両手は頭の後ろに添える
2.ゆっくりと上体を反らす
3.きついところまで反らしたら、ゆっくりと元の姿勢に戻る
4.これらの動作を10〜15回×3〜5セット行う

筋トレの注意点

長時間やらない

筋トレは長時間やらないようにしましょう。

長時間やったら、怪我の原因となります。

くれぐれも無理はしないようにしましょう。

休日を挟む

筋トレをしたら、休日を挟みましょう。

休日を挟むことによって、筋肉は成長します。

毎日ずっと筋トレを続けると、筋肉の成長が妨げられるので気を付けましょう。

栄養補給をしっかり

筋トレをするのであれば、栄養補給をしっかりしましょう。

栄養補給をちゃんとすれば、筋肉は成長しやすくなります。

タンパク質、炭水化物、ビタミン類など、バランスを意識しましょう。

筋トレをしてダイエット!

ダイエットをしている方にとってh、筋トレはとてもおすすめです。

筋トレをすれば痩せやすい体を作れますし、綺麗な体型になります。

ぜひとも筋トレを頑張りましょう。