スポンサーリンク

縄跳びでダイエット!効果ややり方について紹介!

スポンサーリンク

こんにちはダイエットの神様です。
小さい頃に縄跳びをして遊んでいた方は多いかと思います。

大人になってから縄跳びをしている方は、なかなかいないでしょう。

しかし実は、縄跳びはダイエットにおすすめな運動なのです。

そのため縄跳びは、ダイエットをしたい大人の方にも取り組んでほしい運動となっています。

今回は、

 ダイエットに縄跳びがおすすめな理由
 縄跳びの効果
 縄跳びのやり方
 縄跳びの注意点

について解説します。

スポンサーリンク

ダイエットに縄跳びがおすすめな理由

縄跳びは安い

縄跳びは、安く販売されています。

縄跳びは1000円前後で買えるので、手軽に始めることができます。

ダイエット器具を揃えるのはお金がかかるイメージがあるかと思いますが、縄跳びはそんなにお金はかからないのが嬉しい点です。

短時間でも運動になる

縄跳びは、短時間でも十分な運動になります。

実際にやってみると分かりますが、縄跳びを10分続けるだけでも体力をかなり使います。

そのため、長時間かけて運動する必要がなく、忙しい方でも取り組みやすいです。

仕事や勉強で忙しい方だとなかなか運動に時間を割けませんが、縄跳びであればそのような方でも無理なく取り組めます。

縄跳びの効果

カロリー消費

縄跳びの基本的な跳び方は前跳びですが、前跳びでもジョギングやウォーキングの1.3〜2倍のカロリーを消費すると言われています。

具体的な数値を挙げるならば、体重50kgの成人女性が10分間縄跳びをしたら、60〜70kcalを消費します。

そのため、縄跳びはカロリーを大きく消費する運動なのです。

脂肪燃焼効果

縄跳びは有酸素運動の一種なので、脂肪燃焼効果があります。

縄跳び中は息が上がるので、酸素を体内に多く取り込むことによって、脂肪燃焼が促進されます。

全身が鍛えられる

縄跳びは下半身をメインに使うものの、全身を使う運動です。

全身が満遍なく鍛えられるので、基礎代謝がアップして太りづらい体を作ることができます。

また、縄跳びは基本的には有酸素運動ですが、早いペースでやれば無酸素運動になって筋肉が鍛えられます。

体を鍛えることを重視したい方は、早いペースで縄跳びをしましょう。

体力がつく

縄跳びをしていると、酸素が体内に多く取り込まれることにより、心肺に負荷がかかります。

その結果、心肺機能がアップして体力がつきます。

実際に縄跳びを継続すると、長時間縄跳びを続けられるようになり、体力の向上を実感できるでしょう。

ストレス解消

縄跳びをすればストレスを解消することもできます。

縄跳びなどの一定のリズムを刻む運動は、セロトニンを活性化させる効果があります。

セロトニンが活性化すると、リラックスできてストレスが解消されます。

ストレスで悩んでいる方は、ぜひ縄跳びをしてストレスを解消しましょう。

縄跳びのやり方

縄跳びはどのようにやればいいのでしょうか?

縄跳びのやり方について解説します。

基本的な縄跳びのメニュー

基本的なメニューは

 1分間に60回ペースで2分間跳ぶ
 30秒休憩を挟み、合計3〜5セット行う

です。

それだけでも十分な運動になりますので、縄跳び初心者の方はこのメニューから始めましょう。

1回10〜20分

縄跳びはかなり体力を消耗する運動なので、1回あたり10〜20分で十分です。

実際にやってみると疲れるので、縄跳び初心者の方や体力に自信がない方は、10分でも十分です。

体力がついてきたら、徐々に時間を延ばしていきましょう。

正しいフォームで

縄跳びをする時は、正しいフォームで行いましょう。

フォームが乱れていると、

 体に余計な負担がかかる
 ダイエット効果が半減する

などのデメリットがあります。

縄跳びをする時は、

 顎を少し引く
 まっすぐ前を見る
 つま先で飛ぶ(足裏で飛ぶと腰や足首に負荷がかかる)

を心がければ、綺麗なフォームとなります。

芝生や土の上で行う

縄跳びは芝生や土の上など、柔らかい地面の上で行いましょう。

コンクリートなどの硬い地面で縄跳びをすると、足腰に負担がかかって体を痛めてしまいます。

体を大事にしつつ縄跳びをするためにも、地面には気をつけましょう。

縄跳びの注意点

準備運動をする

縄跳びをする前は、必ず準備運動をしましょう。

準備運動をしないでいきなり縄跳びをすると、怪我をする恐れがあります。

安全に縄跳びをするためには、準備運動を行いましょう。

クッション性の高いシューズで

縄跳びは、クッション性の高いシューズで行うのが望ましいです。

クッション性の高いシューズであれば、ジャンプを繰り返しても足にあまり負担がかかりません。

面倒かもしれませんが、体に負担をかけずに縄跳びをするためには、シューズ選びも重要です。

周りの人に注意

縄跳びをする際は、周りの人に注意しましょう。

縄跳びが人にぶつかると、怪我をさせてしまいます。

時間帯や場所に気をつけて、縄跳びをしましょう。

縄跳びダイエットで痩せよう!

今回は、縄跳びダイエットの効果などについて解説しました。

縄跳びは子供がするものだというイメージがあるかもしれませんが、全然そんなことはありません。

子供か大人か関係なく、ダイエットしたい方に縄跳びはおすすめです。

ぜひ縄跳びダイエットを始めてみませんか?