スポンサーリンク

肉を食べてダイエット!肉の嬉しい特徴とは?

スポンサーリンク

こんにちはダイエットの神様です。
ダイエットをしている方にとって、

「肉はダイエットの敵!」

というイメージは強いかもしれません。

そのため、肉を控えて野菜中心の生活をしているダイエッターさんも少なくないでしょう。

しかし、肉はそこまでダイエットの敵ではありません。

ダイエット中に肉を食べても太る心配はありませんし、むしろダイエッターにとって嬉しい特徴もあります。

今回は、肉を食べるダイエットについて解説します。

スポンサーリンク

肉の特徴

どうしてダイエット中に肉を食べても、太る心配がないのでしょうか?

肉は低糖質!

肉は、糖質が少なめな食品です。

100gあたり、豚肉は0.1〜0.3g、牛肉は0.1〜0.6g、鶏肉はほぼ0gです。

糖質制限で体重を落とそうとしている方にとっては、うってつけな食品となります。

糖質制限をしている方は、炭水化物の代わりに肉を食べると良いでしょう。

そして、大体の肉が100gあたり200kcal前後と、低カロリーなのです。

そのため、肉は食べても太る心配がありません。

ただし、脂身がついた状態で食べるとカロリーが高いですし、高脂質なので脂身は落として食べましょう。

満腹感を得られる

肉を食べれば、満腹感が得られます。

なぜならば、肉は硬めの食品なので、噛み応えがあるからです。

たくさん噛んで食べることによって、満腹中枢が刺激され、少なめでも満腹感が得られます。

しかも、肉は消化吸収に時間がかかるため、腹持ちもいいです。

ダイエットで食事制限をしている最中でも、肉を食べれば空腹によるストレスを軽減できます。

空腹を抑えれば、無理して頑張らなくても食べる量を抑えられます。

高タンパクなので代謝がアップ!

「タンパク質を言えば肉」というイメージの通り、肉は高タンパクな食品です。

タンパク質は筋肉を作る際の栄養素となります。

そのため、タンパク質を摂取して筋肉を増やせば、基礎代謝がアップします。

運動をした上で肉を食べれば、尚更筋肉がついて基礎代謝がアップするので、運動して肉を食べるのがおすすめです。

他には、ビタミンB群が含まれているので、タンパク質以外の栄養素も摂れます。

脂肪燃焼を促すL-カルニチン

肉には、アミノ酸の一種である「L-カルニチン」が含まれています。

L-カルニチンには、体脂肪をエネルギーに変換する役割があり、体脂肪を減らすことができます。

運動をしている方であれば、L-カルニチンを摂取すると運動のためのエネルギーを生み出せますし、運動との相乗効果で体脂肪を減らすので一石二鳥です。

チロシンが食欲を抑えてくれる

肉には「チロシン」という成分も含まれており、チロシンは甘いものを食べたくなる欲求を抑えてくれます。

食事制限をしていると、お腹が空いてつい甘いものを食べたくなってしまいますよね。

しかし、チロシンはそんなダイエッターの味方です。肉を食べれば、甘いものを食べたくなくなります。

甘いものを食べたくなった時は、代わりに肉を食べるといいですよ。

ダイエットに効果的な肉の食べ方

ここからは、ダイエットに効果的な肉の食べ方を紹介します。

適量の肉を食べる

男女別によって肉の適量は異なり、目安は以下の通りです。

女性…体重1kgに対し0.8〜1g
男性…体重1kgに対し1〜1.2g

ダイエット中はこの目安を守って、肉を食べましょう。

食事の際は肉を最初に食べる

食事の際は、肉を最初に食べるようにしましょう。

なぜならば、最初に肉を食べると小腸からインクレチンというホルモンが分泌され、血糖値の上昇が抑えられるからです。

血糖値の上昇が抑えられると、体脂肪の原因となるインスリンの分泌量も抑えられます。

最初に肉を食べて、体脂肪の増加を防ぎましょう。

一口30回以上噛む

肉を食べる時は、一口30回以上噛みましょう。

そうすることによって、満腹中枢が刺激され、食べ過ぎを防ぐことができます。

ダイエット中は、噛む回数を意識しながら食事をしましょう。

ダイエット向けの肉を食べる

肉と言っても様々な種類があります。

そのため、どんな肉を食べればいいのか迷うかと思います。

ダイエット向けの肉の種類は、以下の通りです。

■鶏ムネ肉、ささみ
■牛肩、もも
■豚ヒレ、もも

ダイエット中は、以上の肉を食べましょう。

逆にダイエット中に避けるべき肉は、以下の通りです。

■霜降り肉
■ひき肉

そして、肉を食べる場合「焼く」「煮る」「蒸す」「茹でる」という調理法で食べれば、油が落ちてよりヘルシーになります。

注意点

肉を食べる際は、気をつけたい点があります。

野菜もとる

肉を食べる際は、野菜も一緒に食べましょう。

なぜならば、肉には食物繊維が含まれており、肉ばかり食べていると便秘になるからです。

便秘になると、お腹がぽっこりしてしまいます。

そして、肉は食べ過ぎると腸内の悪玉菌が増加し、体臭がきつくなります。

便秘や体臭を防ぐためにも、食物繊維が含まれている野菜を食べて腸内環境を整えましょう。

胃腸に負担

肉は消化に時間がかかるので、胃もたれもしやすいですし胸焼けもします。

もしそのような症状を感じた場合、肉の量を減らしましょう。

肉を食べてダイエットしよう!

今回は、肉の特徴や食べ方を紹介しました。

肉は決してダイエットの敵ではなく、上手に食べれば味方になります。

あなたもぜひ、ダイエット中の食卓に肉を取り入れてみてはいかがでしょうか?