スポンサーリンク

股関節をストレッチしてダイエット!効果とやり方を紹介!

スポンサーリンク

こんばんは、ダイエットの神様です。
あなたは運動する時、股関節のストレッチもしていますか?

実は股関節は、ダイエットに大きく関わる部位なのです。

股関節をストレッチすれば、体重を落とすことができます。

股関節とダイエットは、どのように関わっているのでしょうか?

今回は、

 股関節がダイエットに関わっている理由
 股関節ダイエットの効果
 股関節ダイエットのやり方

について解説します。

股関節ダイエットは手軽にできるので、時間がある時に取り組んでみましょう。

スポンサーリンク

股関節がダイエットに関わっている理由

股関節は、血管やリンパ管が集中している部分なのです。

もし股関節を日頃から動かしていないと、血液とリンパの流れが悪くなり、老廃物や脂肪がたまってしまいます。

老廃物や脂肪の蓄積を防ぐためにも、股関節に刺激を加えて、血液とリンパの流れを改善することが必要なのです。

股関節ダイエットの効果

股関節ダイエットをしたら、具体的にどのような効果が見込めるのでしょうか?

基礎代謝がアップ

股関節ダイエットをすると、血流が良くなって基礎代謝がアップします。

基礎代謝とは運動をしなくても行われる代謝のことで、基礎代謝が高いほど自然と痩せられるのです。

血流が良いと体温も上がるので、

 免疫力アップ
 冷えの改善

という効果も見込めます。

したがって血流を良くすることは、ダイエットにも健康にも効果的なのです。

むくみが改善

股関節ダイエットには、リンパの流れを良くする効果もあるので、むくみが改善します。

リンパの役割は老廃物や余計な水分を運ぶことですが、リンパの流れが悪いと老廃物などの運搬がスムーズにいかなくなり、むくんでしまいます。

むくんでいると太って見えるので、股関節ダイエットをしてむくみを解消しましょう。

股関節ダイエットのやり方

股関節ダイエットのやり方は、実に様々です。

自分にあったやり方で体重を落としましょう。

お尻と太ももをほぐすストレッチ

外側の筋肉の緊張をほぐすことによって、股関節の血流は良くなります。

お尻と太ももをほぐすストレッチのやり方は、以下の通りです。

  1. 浅く椅子に座り、片足をもう片方の足に乗せる
  2. 上の足側にある手(右足が上なら右手)をひざの上にそえ、まっすぐに座る
  3. 息を吐きながら上半身を前方へ倒し、20秒かけて元の姿勢に戻る
  4. 足を組み直して同様の動作を繰り返す

椅子に座りながら行うストレッチなので、デスクワークに疲れた時にやってみるといいでしょう。

あぐらをかいたストレッチ

あぐらをかきながら行うストレッチで、股関節に刺激が加わるだけでなく、柔らかくすることもできます。

しかも動きがシンプルなので覚えやすいです。

あぐらをかいたストレッチのやり方は、以下の通りです。

  1. あぐらをかく
  2. 両足の裏同士を合わせ、背中をまっすぐ伸ばす
  3. 足を自分の方向へよせる
  4. 両ひざを上下に20回動かす
  5. 10秒かけてゆっくりひざを手で押していく

上半身を前に倒すストレッチ

座りながら上半身を前に倒すことによって、股関節に刺激を加えるストレッチです。

上半身を前に倒すストレッチは、以下の通りです。

  1. あぐらをかき、両足同士を合わせて背中をまっすぐ伸ばす
  2. 背中がまっすぐな状態を保ちながら、上半身を倒す
  3. 上半身を起こす
  4. 2〜3を10回繰り返す

お尻のストレッチ

お尻の筋肉をほぐしたら股関節もほぐせます。

お尻の筋肉は固くなりやすいので、自覚がある方はお尻のストレッチをやりましょう。

やり方は以下の通りです。

  1. 仰向けに寝て両ひざを立てる
  2. 左足首を右の太ももにかけて、左ひざを胸に引き寄せながら息を吸う
  3. 両足の間に右手を通す形で、左足のすねを両手でつかむ
  4. 右側のお尻を15〜20秒伸ばす
  5. 反対側も同様の動作で行う

下半身全体のストレッチ

下半身全体に刺激を加えるストレッチで、特に脚の付け根をほぐすのに効果的です。

下半身全体のストレッチのやり方は、以下の通りです。

  1. 片方の足を立て、もう片方のひざは床につける
  2. 両脚を前後に開き、上半身を前方へ倒しつつ息を吐く
  3. 両手を立てた脚の太ももにそえて、もう片方の脚を伸ばした姿勢を15秒キープする
  4. 反対側も同様に行う

腰回りのストレッチ

主に腸腰筋に刺激を加えられるストレッチです。

腰回りのストレッチのやり方は、以下の通りです。

  1. 片足を上げた状態で立ち、上げた足は太ももが床に対して平行になるようにする
  2. 上げた足のひざは90度に曲げる
  3. 上げた足の形を維持した状態で前に踏み込み、体重を乗せる
  4. 後ろの足を伸ばした状態で5秒間キープ
  5. もう片方の足も同様に行う

股関節ダイエットで痩せよう!

今回は、股関節ダイエットについて解説しました。

日々仕事でデスクワークをしている方は、股関節が固くなりやすく、血流やリンパの流れが悪くなってしまいがちです。

股関節をほぐさないと太りやすくなるだけでなく、冷えやむくみが起こるなど、健康上にも良くないです。

たまには股関節ダイエットで、股関節をほぐしましょう。