スポンサーリンク

肩甲骨グルグルダイエットってなに!?

スポンサーリンク

こんばんは、ダイエットの神様です。
肩甲骨がどこかわからない?
自分の背中は意識して見たりさわったりする機会があまりないので、肩甲骨が背中の肉に埋もれている人がかなりいるようです。
人は後姿から老けていきます。
背中や肩の肉が盛り上がっているようなら、肩甲骨をグルグル回したり背中を伸ばして後姿を美しく整えましょう。

スポンサーリンク

肩甲骨から老化は始まる

肩甲骨とは、肩甲骨と上腕骨(じょうわんこつ)で形成されている関節です。
この関節は、関節の中で一番可動域が広いのですが、肩甲骨は30代から衰えはじめると言われています。
肩甲骨は常に動かしていないと可動域が狭くなる上、、首や肩、背中にぜい肉がつき、30代にして残念な体型になってしまうのです。
年齢とともに固まりやすい肩甲骨は、常に柔軟にしておくことが大事です。
肩甲骨まわりを意識してよく動かしておくことで、痩せやすく太りにくい体になります。

肩甲骨のストレッチ

肩甲骨の可動域が狭くなるのは、血流が悪くなっているからです。
肩や首だけでなく耳たぶや手首、足首もグルグルまわすと血流がよくなります。
また、冷えると肩や首、背中などがこりますが、昔から首、手首、足首の3つの首を温めると、病気知らずで過ごせると言われてきました。
「冷え太り」や「冷えは万病のもと」といった言葉がありますが、冷えはダイエットの大敵です。
体の関節部分をグルグルまわして血流を促しましょう。

肩のグルグルまわし

①右手を右肩に、左手を左肩に乗せます。
②ゆっくり大きく内まわし10回、外まわし10回おこないます。

首のグルグルまわし

①両手を腰のあたりから後ろにまわして、手のひらを合わせてグルッとまわし、小指側が背骨の中心にあたるように合掌します。
②首を無理をしない程度にゆっくり左右4~5回ずつまわします。

耳たぶのグルグルまわし

①両手で耳たぶを持ち前まわし10回、後ろ回し10回、おこないます。

手首のグルグルまわし

①両手をバンザイの形に上げ、「キラキラ星」のように手首を20~30回ほど回転させます。

足首のグルグルまわし

①イスに腰かけて片方の足をひざに乗せ、もう片方の手で足首を持って、グルグルまわします。右回り10回、左回り10回を両足ともおこないます。

タオルを使ってのひねり

①両足を肩幅に開いて立ち、タオルを両手で持ち目の高さまで上げます。
②タオルを持ってひじをまっすぐに伸ばして、上半身を斜め後ろにひねります。
③反対側も同じようにひねります。10回~20回おこないます。

タオルを使って体側伸ばし

①両足を肩幅に開いて立ち、タオルを両手で持ち頭上に上げます。
②体を横に倒して体側を伸ばします。もう片側も同じように伸ばします。
10回~20回おこないます。

タオルの上げ下げストレッチ

①イスに座って肩幅にタオルを持ちます。
②タオルを頭上に真っすぐ上げます。
③頭の後ろを通してタオルを下ろします。10回~20回おこないます。

背中で手がつなげますか?

日常的に肩甲骨の可動域を広げる簡単なストレッチをくり返すことで、背中で手をつなぐことができます。
どちらか片方だけつなげない場合も、上記の一連のストレッチを習慣的におこなうとつなげるようになりますよ。
ただ、痛いのを我慢しておこなうと逆効果になるので、できる範囲でおこないましょう。
鏡に背中を映して肩甲骨が見えるようなら体脂肪を心配することはありませんが、肩甲骨が肉に埋もれているようなら血流が悪く、太りやすい体になっています。
手首や足首をグルグル回すことと肩甲骨とは一見、関係なさそうに思えますが、体は全部つながっています。
全身のおもだった関節をグルグルまわすことで血行が促進され、太りにくくなります。
朝食後30分ほどして上記の肩甲骨ストレッチをおこなってから、背中で左右の手をつなぐことができるかどうかを毎日チェックしてみましょう。

腕振り健康法

体を軸として腕をふることで血行がよくなり、肩こりや首こり、肩甲骨のこりなどが解消できる上、ウエストのシェイプ効果もあります。
隙間時間におこなえる簡単な体操ながら、脂肪燃焼効果も期待できます。
その他にも自律神経のバランスを整える働きもあるため、1日1回腕振り運動を
おこなうと心身がスッキリします。
以下の2つの腕振り運動は、運動が苦手な人や高齢者にもできる運動です。
1ヵ月ほど続けると、肩甲骨が天使の羽根のように出てきます。

両手ふり体操

①両足は肩幅に広げて立ち、両手を同時に後ろにふります。
②反動を利用して前にでた両手を前後に50回くらいふります。

でんでん太鼓体操

①両足は肩幅に広げて立ち、でんでん太鼓のように手を体に巻き付けるようにリズムよく100回くらい振ります。

まとめ

秋から冬にかけては体が縮こまりやすくなります。
毎朝肩甲骨をほぐすことで身体が温まり、一日中快適に過ごせます。
今までできなかった背中で手をつなぐ動作が簡単にできるようになると、背筋がピンと伸びて、体重の減り以上に痩せて見えます。