スポンサーリンク

菌力ダイエット!?

スポンサーリンク

こんにちはダイエットの神様です。
「菌」と言うと、なにを思い浮かべますか?カビとか、キノコとかでしょうか。最近テレビで時々聞かれる言葉に「やせ菌」という言葉がありますがご存知ですか?そうです。「菌」は、目には見えないほどとっても小さい物質なのに、私たちが痩せるのを手伝ってくれる力があるのです。さあ、菌の力を借りてダイエットしてみませんか。

「痩せ菌」とは?

 ではさっそく、魅力的な響きである「痩せ菌」についてです。痩せ菌と言うのは、腸内細菌の一つです。腸内細菌とは、私たちの体内に100兆個も存在する菌の事です。同じ量食べているのに、痩せる人と太る人に分かれますよね。痩せる人の腸内にたくさんいるのが、痩せ菌です。“ビフィズス菌”と“バクテロイデス”の2つの細菌が多く腸内に存在している人は、食べても太りにくいということが明らかになっています。
 どうすれば、その夢の細菌が増えていくのでしょう。ビフィズス菌とバクテロイデスの2つの菌は、誰の腸内にも存在する菌です。なので、問題なのは数です。数を増やしましょう!数を増やしてくれる主な食品は、海藻、根菜、発酵食品などです。どんな食材かすぐに思いつくでしょうか。
海藻・・・ひじき、めかぶ、昆布、わかめなど 海藻サラダで一気に摂取できます。
根菜・・・ごぼう、大根、ニンジン、レンコンなど 筑前煮、豚汁で一気に摂取できます。
発酵食品・・・納豆、キムチ、味噌、醤油、ヨーグルトなど キムチ納豆がおすすめです。
以上の食品です。どこでも手に入り、値段もおてごろなものばかりなので今すぐにでも始められそうです。
 また、水溶性食物繊維を含んでいる食品もたくさん食べましょう。アボカド、ニンニク、納豆、オクラ、モロヘイヤなどです。納豆は発酵食品でもあり、水溶性食物繊維も含んでいるので、食べて損はなさそうですが、納豆が苦手な人は玉ねぎや牛乳、バナナを食べてもいいと思います。
 一日の食事の中で、上にあげたような食材を食べ、さらに寝る1時間前にヨーグルトを食べれば完璧です!!もう腸内細菌は一気に痩せ体質になっているはず!まずは1か月続けてみましょう。

乳酸菌

 乳酸菌は、皆さんの身近にある菌と言えるのではないでしょうか。乳酸菌=ヨーグルト=便秘解消というイメージがありませんか。乳酸菌は、ヨーグルト以外の食品にも含まれていますし、便秘解消以外にも様々な効果があるんですよ!
 では、さっそく乳酸菌を含む食品を見てみましょう。
チーズ・発酵バター・納豆・漬物・お酒(マッコリや、甘酒など)になります。洋食、和食どちらでも乳酸菌を摂取することができそうですね。でも、ヨーグルト以外で乳酸菌がダントツに多いのが、キムチです。朝はパンに発酵バターを塗ったものとヨーグルト、夜はマッコリを飲みながらキムチをおつまみに・・・。なんてやったりしたら、もうあなたの腸は無敵です!!そんな食事がもちろん毎日続けられるわけはありませんが、乳酸菌を含む食品を頭の片隅に置いて食事のメニューを考えてみてはどうでしょうか。
 そして、ヨーグルトですが、もちろんダイエット目的なので、甘くておいしいヨーグルトよりも効能を先に考えましょう。便秘が気になる方は、「ガセリ菌SP株」が入っているヨーグルトがいいようです。ガセリ菌って・・・。CMで聞いたことがあるようなないような・・・。って感じだと思いますが、雪印メグミルクの『恵ガセリ菌SP株ヨーグルト』に入っています!便秘解消もですが、ダイエットに特化して言えば、内臓脂肪が減るのを助けてくれる働きがあるそうです。その他にもヨーグルトを選ぶならトクホや、機能性食品が手っ取り早いとは思いますが、腸内環境は人それぞれ違うので、合う乳酸菌の種類も様々だと思います。いくつかの種類を食べ比べてみて、体の調子を見てみましょう。コンビニでもスーパーでも買えますし、おいしいので無理なくできそうですね。

まとめ

 ダイエットに効果的な「菌」は他にもたくさん存在します。「納豆菌」「麹菌」「酵母菌」「酢酸菌」などです。そして、この記事を始めから読んでくださっている人は薄々お気づきかもしれませんが、今まで挙げたものはすべて腸内環境の改善に役立っているのです。そうです。「菌」が体のどこに効くのか、ダイエットをどこからサポートしてくれるのか。と言うのはすべて腸内環境を整えることにつながっているのです。菌の効果は、ダイエット以外にも免疫力アップや美肌効果も挙げられます。ただし、菌は3日で便と一緒に体外へ排出されてしまうので、毎日何かしらの菌を食べることが大事です。向井理さんは「恵ガセリ菌sp株ヨーグルト」を3年も食べ続けているそうです。さらに、乳酸菌は「オリゴ糖」や食物繊維と一緒に摂取することでさらに相乗効果を生み出すので、余裕があったら菌を摂取するだけでなく、オリゴ糖や食物繊維と組み合わせることを心がけてみてください。オリゴ糖はスーパーの砂糖を売っている棚に並べられていると思います。色々な種類があるので見てみてください。
 さあ、みなさんも今日から菌活を始めてみましょう。