スポンサーリンク

運動系ダイエット!有酸素運動と筋トレで痩せよう!

スポンサーリンク

こんにちはダイエットの神様です。
あなたは体重を落とすために、運動をしていますか?

体重を落とすためには運動が良いということは、誰しも実感していることでしょう。

運動をすればカロリーを消費しますし、体重が落ちます。

しかし、運動と言っても色々あるので「運動と言っても何をすればいいんだろう?」と、悩んでしまいますよね。

今回は、運動してダイエットを成功させたい方に向けて、おすすめの運動系ダイエットを紹介します。

どんな運動がダイエットに効果的なのかを把握し、ダイエットを成功させましょう。

スポンサーリンク

有酸素運動

数ある運動の種類の一つとして「有酸素運動」というものがあります。

有酸素運動とは、酸素を用いた運動です。

例えば、走っていると自然と呼吸の量や回数が増えますよね?そのような運動が、有酸素運動に該当します。

有酸素運動には、

・脂肪燃焼の促進
・消費カロリーの増加
・心肺能力の向上
・代謝の活発化

など、ダイエットに関わる効果だけでなく、健康維持に関わる効果もあるのです。

有酸素運動をすれば体重を落とせるだけでなく、健康状態も良くなるので一石二鳥ですよ。

ウォーキング

有酸素運動の一つとしてまず挙げられるのは「ウォーキング」です。

ウォーキングは、体力に自信がない方や運動が苦手な方でも取り組むことができます。

ゆっくりなスピードで行えるので、挫折する心配もありません。

ダイエット初心者の方は、まずはウォーキングから始めて体力を少しずつ向上させていきましょう。

体力がついてきたら、徐々にペースを速めたり、ランニングに挑戦したりしましょう。

ランニング

体力に自信がある方は、ランニングに挑戦しましょう。

ランニングは動きやスピードが激しい分、ウォーキングよりも脂肪燃焼効果やカロリーの消費などが期待できます。

最初はゆっくりのペースで短時間のランニングで構いませんので、慣れてきたら徐々にペースアップして走る時間を延ばしましょう。

ランニングをすれば体力もつくので、健康にもいいですよ。

水泳

近所にプールがある方は、水泳もおすすめです。

水泳は言うまでもなく水中で行う運動なので、浮力があります。

そのため、体に負担があまりかからないので、運動をして関節が痛むという心配もあまりありません。

そして、水泳をすれば体に水圧がかかり、血液の循環が良くなります。

血液の循環が良くなることで、代謝がアップして痩せやすい体になることが期待できます。

泳げる方は水泳にもチャレンジしてみましょう。

一駅歩く

仕事や学校に向かう際(または帰る際)、普段から電車や地下鉄を使っている人は、時間に余裕があれば一駅歩くようにしましょう。

一駅分歩けば、通勤(通学)時間が運動の時間になりますし、運賃も節約できます。

早起きしたり仕事を少し早めに切り上げたりするなどして、一駅分歩いてみましょう。

階段ダイエット

階段ダイエットとは、階段を上り下りするダイエット方法です。

階段の上り下りは、足の筋肉を大きく使うので、かなり体力を消費します。

普段からエスカレーターやエレベーターを使っている方は、代わりに階段を使いましょう。

縄跳びダイエット

縄跳びも有酸素運動の一つです。

縄跳びは全身を使う運動なので、体力を使います。

特に、ジャンプを繰り返すことにより、下半身が重点的に鍛えられます。

下半身の筋肉は大きいので、下半身を鍛えれば代謝が上がりますよ。

縄跳びをお持ちの方は、公園などで縄跳びをやってみましょう。

筋トレ

筋トレも、ダイエットにとても効果的です。

筋トレをすれば筋肉がつくので、代謝がアップします。

しかも筋肉がつけば体が引き締まったかのように見えるので、体型を良く見せたい方にもおすすめです。

スクワット

筋トレの中でもおすすめなのが、スクワットです。

スクワットは、下半身全体を効率良く鍛えられるので、スクワットをすると代謝がアップしやすいです。

スクワットのやり方は以下の通りです。

1.まっすぐ立ち、腕を胸の前で組む
2.太ももが床に対して垂直になるまで、ゆっくりと膝を曲げていく
3.ゆっくりと元の姿勢に戻る
4.これらの動作を10〜15回×3〜5セット行う

腕立て伏せ

腕立て伏せは、上腕三頭筋を鍛えることができます。

腕立て伏せのやり方は以下の通りです。

1.仰向けになり、両手で体を支える
2.両肘を曲げ、床すれすれになるまで上体をゆっくり下げていく
3.ゆっくりと両肘を伸ばす
4.これらの動作を5〜10回×3〜5セット行う

腹筋

腹筋は文字どおり、腹筋を鍛えられる運動です。

腹筋をすれば、お腹周りを引き締められますよ。

腹筋のやり方は以下の通りです。

1.仰向けになり、両手を頭の後ろに持って行き、膝を曲げる
2.腹筋が辛いと感じるまで、上体をゆっくり上げる
3.元の姿勢に戻る
4.これらの動作を10〜15回×3〜5セット行う

背筋

背筋は、脊柱起立筋を鍛えられる運動です。

脊柱起立筋を鍛えれば、姿勢が良くなりますよ。

背筋のやり方は以下の通りです。

1.うつ伏せになり、両手を頭の後ろで組む
2.ゆっくりと背中をそらす
3.限界までそらしたら、その姿勢を2秒間キープ
4.元の姿勢に戻る
5.これらの動作を10〜15回×3〜5セット行う

運動系ダイエットを成功させよう!

今回は有酸素運動と筋トレとに分けて、運動系ダイエットを紹介しました。

運動をすれば体重を落とせますし、体力作りにもなるのでいいことづくしですよ。

ぜひ運動系ダイエットにチャレンジしましょう。