スポンサーリンク

運動量を見直そう!

スポンサーリンク

こんにちはダイエットの神様です
ダイエット中はもちろん食事に気を付けていると思いますが、食後にも気を付けてみましょう。

 積極的に動くなどして運動量を挙げると、普通の生活をしていても体重が減りやすくなります。なぜかというと、体を動かすことで使われる筋肉が増えたり、よく動くことにより体温を上げることができ、より多くのカロリーを消費することができるようになるからです、もちろん、肥満だけでなく、生活習慣病の予防にもなります。エネルギッシュになり、気持ちも前向きになります。

 そのために必要なことは、ジムに行ったり、ジョギングをするなどの特別な運動をすることではなく、運動を習慣化することが大切になってきます。例えば、「トイレに行った時には毎回スクワットを10回する。」
「エスカレーターは使わずに階段を使う。」
「早歩きを心がける。」
などの、日常のちょっとした習慣を変えることです。この時間からこの時間まで運動するという事ではなく、一日中、ちょっとした時間に意識をするという事が大切です。

参考までに、日常生活の中で消費されるカロリーの主なものを調べてみました。

体重60キロの人の消費カロリーを記載しています。

活動内容 メッツ 活動時間 消費カロリー
普通に歩く 3.0 20分 63kcal
立ったまま会話 1.8 30分 56.7kcal
掃除 3.3 20分 69.3kcal
TVを見る 1.0 30分 31.5kcal
服・洗濯物の片付け 2.3 20分 48.3kcal
車の運転 1.5 30分 47.2kcal
座ってオフィスワーク 1.5 180分 283.5kcal
犬の散歩(徒歩/走る) 3.0 30分 94.5kcal
雪はね 6.0 60分 378kcal
ピアノの練習 2.3 60分 144.9kcal
手芸・編み物 1.5 60分 94.5kcal
シャワーを浴びる 2.0 20分 42kcal
風呂掃除 3.5 10分 36.7kcal
ピアノの練習 2.3 60分 144.9kcal
手芸・編み物 1.5 60分 94.5kcal
シャワーを浴びる 2.0 20分 42kcal
風呂掃除 3.5 10分 36.7kcal

いかがでしょうか。例えば、これを毎日していただけでも一日に約600キロカロリーを消費しているのです。これを知ると、一つ一つの動きをしっかりと行いたい気持ちになりますね。
また、だらだらしているのがもったいない気持ちにもなります。もちろん、リラックスしてモチベーションを高めることも大事なのです。

家事で痩せよう!

 日常生活での運動量についてピックアップしていますが、中でも家事についてみてみましょう。家事は確かに重労働なのですが、一日中動いている割に痩せる気配がない・・。という方もいるのではないでしょうか。

まず、家事で痩せたい場合、色々な体の部分を意識しながら家事をしましょう。窓ふきの場合、いつもより大きく左右に振れてウエストを意識してみたり、腕を思いっきり伸ばしてみたり。また、一か所にとどまらず、立ったり座ったりを何度も繰り返すことも効果的です。また、異動するときは背伸びをしながら歩いてみたり。日々のちょっとした工夫が明日のあなたを作り上げていきます。ジムに行って集中的に運動するよりも、毎日の家事を徹底的に、継続的にするほうがずっと効果がありますよ。家がスッキリして、体形もスッキリするなんて、一石二鳥だとおもいませんか?

家事の中でも消費カロリーの高い家事を紹介します。

1位 お風呂掃除

 1時間で約200キロカロリーほど消費します。一生懸命にお風呂掃除をしていると、小物やタイルの掃除などであっという間に1時間ほどたってしまいそうですね。しかも、一生懸命に掃除した後のピカピカのお風呂に入るのは格別に気持ちがいいですよ。頑張って掃除をして、カロリーも消費したご褒美と言えますね。

2位 雑巾がけ

 1時間あたり約170キロカロリーとなっています。個人的には、市販のウェットワイパーよりも、タオルを使った雑巾で雑巾がけをしたほうが力が入り、床もきれいになると感じています。部屋の中をタッタッタッと軽快に雑巾がけをするなら、絶対に布製の雑巾がお勧めです。エコで、部屋もきれいになるし、何よりカロリーも消費!最高です。

3位 掃除機をかける

 1時間で約200キロカロリー消費しますが、よほど広い家でないと1時間も続けて掃除機をかけるのは難しそうです。それでも、色々なものをどかしたり片付けながら掃除機をかけると体のさまざまな部分を動かすこともできるのでいいと思います。せっかく掃除器をかけるなら、姿勢に気を付けたりお腹をへこませながらやってみたり、何か工夫をするとより効果的です。

4位 アイロンをかける

 アイロンかけ、好きですか?私は嫌いです。まず、アイロンを出し入れするのがめんどくさいです。でも、それもよく考えたらカロリーを消費しているんですよね。1時間で170キロカロリーほど消費するそうです。これも掃除機同様、1時間やり続けるのは洗濯物を何日分ためればいいんだ!?と考えてしまいますが、大嫌いなアイロンかけもちょっぴり好きになれそうな気がしませんか?

5位 洗濯をする

 洗濯かごからピンチへ。かごからピンチへ。という単純作業が意外とカロリーの消費につながっているのですね。これも、どうせやるのなら腕を伸ばしたり、わざと低めにかがんでみたりするとさらに効果が上がりそうです。山盛りの洗濯物にはうんざりしますが、ダイエットにつながるのなら「この重さだと結構消費できるかな♪」とうきうきしてしまいそうです。

 以上のように、私たちが生活している中で、意外にもカロリーを消費する動きがたくさんあることにお気づき頂けたでしょうか。
「運動しなきゃ!」
「今日も時間がなくて運動できなかった・・・」と思うよりも、
毎日のちょっとした時間にできる動きの質を高めることが、ダイエットの近道となっているかもしれません。