スポンサーリンク

酵素ダイエットの真実・みそ汁でやせよう!

スポンサーリンク

こんにちはダイエットの神様です。
酵素で痩せようとサプリメントを摂取したり、手作りのスムージーを飲んでも一向に痩せない人が多いようです。
実は酵素は体内で合成でき、それほど意識して体外から摂取する必要はなく、摂取しても胃腸の消化酵素で分解されてしまうのです。
「私が痩せないのは体内の酵素が足りないのでは?」と悩む前に、1日に1食、まずはみそ汁を飲んでみませんか?

スポンサーリンク

目次

そもそも酵素って何なの?

酵素には様々な種類があり、それぞれが体の中に存在しており、その酵素の働きによって私たちは健康に生きていけます。
でんぷんを分解するアミラーゼは唾液に含まれ、たんぱく質を分解するペプシンは胃液に含まれています。また、脂肪を分解するリパーゼは、すい臓にあります。
体の中で役目を果たしてくれているのですね。
「ではなぜ酵素を摂りましょう」と言われ、酵素人気が続いているのでしょうか?
酵素は、消化、吸収、代謝などに関係しており、私たちの体の中で作られますが、栄養の偏りや加齢から体内で作られる量が減ってきます。
そのことから、酵素を摂取すれば栄養の偏りを防げ、老化を遅らせることができるのではないかといった考え方から酵素人気に火がついたようです。
しかし、アンチエイジングやダイエット効果を期待して酵素スムージーや酵素サプリを摂ったらと言って、酵素が全身に行きわたって若返ったりスリムになったりするわけでもないようです。
この件については様々な学説があり、研究者によっては酵素を体外から摂取することで、確実に痩せてキレイになると発表している人もいます。
酵素ドリンクや酵素サプリを選ぶ際には、自分が納得できるものを購入することが大切です。

発酵食品を摂ると自然に痩せていく?

微生物の働きで酵素が作られる発酵食品を使う食生活をおくると、痩せやすい体になります。味噌や納豆、醤油、酢、甘酒や塩こうじなどは発酵食品ですが、みそ汁は誰にでも作れます。
海外でも日本の調味料が人気ですが、みそ汁ダイエットは人気のようで、モデルのミランダ・カーも飲んでいると言われています。
みそ汁ダイエットは極端なダイエット法でないため、誰でも安心してチャレンジできます。
発酵時間が長く抗酸化作用が強い赤味噌は、みその中でも代謝を上げ、ダイエットに適しています。

効果的なみそ汁ダイエットのやり方/h2> みそ汁1杯にネギやワカメを加えると約50calと言われます。
芋類や豆腐、葉物野菜などを加えても1食あたり約100㎉程度です。
6枚切りのバタートーストは250㎉なのに比べて、みそ汁は低カロリーでバランスのとれたダイエット食と言えるようです。
豚汁でも160㎉なので痩せたい人は、みそ汁ダイエットにチャレンジしてみましょう。
健康的に痩せるためには1日に1500㎉は摂りたいところですが、朝食を200㎉にすると、残り1300㎉で2食分のカロリーを賄えばよいわけです。
忙しくてお昼に1,000㎉近い牛丼ですませても、夕食を刺身の盛り合わせ(70㎉)と焼きナス(30㎉)などにしておくと、ご飯を軽く半膳(100㎉)食べて、缶ビールをプラスしても300㎉程度ですませることができます。

みそ汁ダイエットのコツは1杯でバランスの良い食事にすること

3食のうち1食をみそ汁にするなら、たんぱく質、炭水化物、緑黄野菜を具に入れるようにします。例えばたんぱく質は豆腐と油上げで、炭水化物はじゃが芋で、緑黄色野菜はほうれん草でというようにすれば、たった100㎉でバランスのとれた1食になります。
便秘がちの人は、キノコ類やゴボウなどを具に入れると腸の働きが活発になります。
また、毎日みそ汁だと飽きてしまうという人は、トマトやブロッコリーを入れて味噌を牛乳でといて入れると、洋風のミソスープができます。
みそは、大豆を蒸して麹と塩を加えて発酵し、熟成させて作ります。
大豆には植物性たんぱく質が含まれていますが、発酵してみそになると、ビタミンやアミノ酸が大幅にアップします。
アミノ酸に含まれるロイシンやイソロイシンには脂肪燃焼効果がありますが、酵素ダイエットはこのアミノ酸がキーワードとなります。
味噌の塩分が気になるところですが、みそ汁1杯の塩分は、食パン1枚に含まれる塩分と同じくらいです。

日本人には温野菜が向いている?

温野菜はカサが低くなるのでたくさん食べられますが、加熱すると酵素やビタミンが損失することもあります。一方、生野菜はビタミンが損失しないかわり、たくさん食べることができません。
四季のある日本では、暑い夏は体を冷やす生野菜を食べたくなり、寒い冬は体を温める温野菜が食べたくなります。
旬の野菜を食べたいように料理して食べるのが一番、体によいようです。

まとめ/h2> 食物酵素は摂取しても消化されてしまうので、毎日発酵食品などを摂ることをおすすめします。
美容と健康にこだわり、寒い季節も生野菜のジュースなどから酵素を摂取しているなら、知らず知らずのうちに代謝が悪くなり、痩せるつもりがかえって 体重が増加してしまうこともあるようです。
市販の酵素ドリンクが効くか効かないかは本人の体質にもよるようですが、はっきりとした効果が証明されていないもの数多くあります。
まずは、身近なみそ汁で酵素ダイエットをはじめてみてはどうでしょうか。