スポンサーリンク

野球選手のダイエット方法とは?全身を鍛えよう!

スポンサーリンク

こんにちはダイエットの神様です。
野球選手を見てみると、がっしりとした体型であるものの、引き締まった体な方をちらほら見かけます。

がっしりとしていて引き締まっている体をキープするために、野球選手は普段どのようなトレーニングをし、どのような食事をとっているのでしょうか?

今回は、野球選手のダイエット方法を紹介していきますが、野球をやっている方にはもちろん、野球はやっていないけどダイエットをしたい方にもおすすめです。

ぜひ野球選手を参考に頑張っていきましょう。

スポンサーリンク

野球選手のトレーニング法

野球選手は、全身の筋肉をまんべんなく鍛えます。なぜならば野球自体、全身の筋肉を使うスポーツだからです。

バットを振ったりボールを投げたりするときは、上半身の筋肉を使いますし、走るときは下半身の筋肉を使います。

そして、インナーマッスルも重要です。インナーマッスルを鍛えることで、バットを振るときや走るときのフォームが綺麗になります。

あらゆる筋肉を鍛えるために、野球選手はどのようなトレーニングをするのでしょうか?

上半身のトレーニング法

上半身を鍛えると、ボールを遠くに速く投げられるようになります。また、バッティングの飛距離も伸びるので、上半身は野球においてとても重要です。

上半身を鍛えるためのトレーニング法として、まずおすすめなのがベンチプレスです。

ベンチプレスとは、ベンチに仰向けになってバーベルを上げ下げするトレーニングです。ベンチプレスでは大胸筋と上腕三頭筋が鍛えられます。

ただし、あまり重すぎると肩に負担がかかるので、最初のうちは重さや回数を控えめにしましょう。

次におすすめなのが、アームカールです。

アームカールとは、直立した状態でダンベルを持ったまま行うトレーニングです。その状態で手首を前方に向け、肘を支点にしてダンベルを持ち上げます。

このトレーニングでは上腕二頭筋が鍛えられます。

最後におすすめなのが、懸垂です。懸垂とは、鉄棒などを用いて広背筋の力で体を持ち上げるトレーニングです。

これらのような上半身のトレーニングを行えば、野球のプレイが上達するだけでなく、上半身の見た目が立体的になり、がっしりとします。ぜひ取り組んでみましょう。

下半身のトレーニング

野球をするのであれば、下半身のトレーニングもしっかりと行う必要があります。下半身を鍛えることによって、ピッチングやバッティングのフォームが安定するのです。

また、野球をやっていないけどダイエットをしたい方にも、下半身を鍛えることにはメリットがあります。

下半身は全身の筋肉の大部分を占めるので、鍛えるとカロリーを大きく消費し、筋肉がついて代謝がよくなります。

というわけで、野球選手がやっている下半身のトレーニング法を紹介していきます。

まずおすすめなのが、ランジです。ランジとは、上体をまっすぐに保ったまま前方に片足を踏み出す動作を繰り返すトレーニングです。足を踏み出す際は膝が90°ぐらいになるようにしましょう。

ランジは怪我のしづらいトレーニングですし「大腿四頭筋肉」「ハムストリングス」「大臀筋」を鍛えることができます。

次におすすめなのが、ワイドスタンス・スクワットです。ワイドスタンス・スクワットとは、肩幅よりも広めに足幅を広げた状態で行うスクワットのことです。

ワイドスタンス・スクワットは、太ももの内側にある内転筋を鍛えることができます。内転筋を鍛えれば、脚を細くできますし、ピッチングをするときに安定感が出ます。

したがって、ワイドスタンス・スクワットは野球をやっている方にも、ダイエットだけをしたい方にもおすすめです。

体幹トレーニング

野球をする上では、体幹も重要になってきます。体幹をしっかりと鍛えることによって、ピッチングやバッティング、ランニングのフォームが安定してくるのです。

そして、ダイエットをしている方にも体幹トレーニングはおすすめです。なぜならば、体幹を鍛えることによってお腹周りが引き締まるからです。

体幹トレーニングにはどのようなものがあるのでしょうか?

まず、おすすめなのが、プランクです。プランクとは、うつ伏せの状態で肘を床につけ、体をまっすぐにした状態を維持するトレーニングです。このとき、お尻やお腹が下がったり上がったりしないようにしましょう。

プランクでは、腹筋を鍛えることができます。

次におすすめなのが、サイドプランクです。サイドプランクとは、体を横にした状態で肘を使って体を支えた状態をキープするトレーニングです。サイドプランクをする際は、両足をまっすぐ伸ばしましょう。

サイドプランクでは、腹斜筋を鍛えることができます。くびれを作りたい方はぜひサイドプランクをやってみましょう。

野球選手のダイエットで全身を鍛えよう!

野球選手は、日々全身を鍛えています。なぜならばピッチング、バッティング、ランニングを上手に行うには、全身の筋肉が必要だからです。

というわけで、野球選手を参考にして、全身を満遍なく鍛えていきましょう。全身を鍛えて、理想の体型を目指していってくださいね。