スポンサーリンク

階段昇降でダイエット!メリットや効果について解説!

スポンサーリンク

こんばんはダイエットの神様です。
階段を上り下りすると、いい運動になりますよね。

階段を上り下りすると体力がつきますし、体の健康にも良いです。

中には、健康のために、エレベーターやエスカレーターの代わりに階段を使う方もいるでしょう。

実は、そんな階段昇降は、ダイエットをしたい方にもおすすめな運動なのです。

今回は、

 階段昇降のメリット
 階段昇降の効果
 階段昇降はどこでやる?
 階段昇降ダイエットの注意点

について解説します。

普段から階段を使う回数を増やしてみませんか?

スポンサーリンク

階段昇降のメリット

まずは、階段昇降のメリットについて解説します。

階段昇降はどこでもできる

階段昇降の一つ目のメリットとして、どこでもできるという点が挙げられます。

 仕事や学校の階段
 お店の階段
 自宅の階段
 駅の階段

などなど、階段がある場所はいたるところにあります。

これらの場所で階段を利用すれば、自然とダイエットができるのです。

道具がいらない

階段昇降をするのに、道具は必要ありません。

そのため、階段さえあれば無料で運動することができます。

お金をかけずにダイエットができるのは、嬉しいですよね。

移動の際にできる

通勤・通学途中など、移動している時に取り組めるというのもメリットの一つです。

例えば通勤・通学途中で駅を通る際に、エレベーターやエスカレーターの代わりに階段を使えば、移動時間がダイエットの時間となります。

移動中にダイエット運動ができるのは、時間を効率良く使えている感じがしますよね。

そのため、忙しい方でも時間を上手く使えば、無理なくダイエットができるのです。

階段昇降の効果

階段昇降には嬉しい効果がさまざまあります。

カロリー消費

階段昇降をすれば、カロリーを消費します。

体重50kgの人であれば、階段を10段登れば1kcal消費することができます。

これを何回か繰り返せばいい運動になりますし、どんどんカロリーを消費させることが可能です。

運動不足解消

階段昇降をすれば、運動不足を解消することができます。

近年はエスカレーターやエレベーターが増えてきたので、運動不足になっている方もいるでしょう。

しかし、エスカレーターやエレベーターの代わりに階段を利用すれば、運動になります。

運動不足は体の衰えにつながるので、それを防ぐためにも階段を利用することはおすすめです。

体力がつく

実際に階段昇降をすると体力を使うので、体力がついてきます。

体力がつくとよりハードな運動にも取り組めるようになりますし、日常生活も元気に過ごせるようになります。

脂肪燃焼

階段昇降は有酸素運動なので、脂肪燃焼の効果があります。

階段昇降を繰り返していると息が上がり、酸素をより多く取り込むようになるので、脂肪の燃焼が促進されます。

下半身が鍛えられる

階段昇降をしていると、下半身が鍛えられます。

下半身をメインで使う運動なので、下半身に筋肉がついてきます。

下半身に筋肉がつけば基礎代謝が大きくアップするので、太りづらい体を作りたい方にもうってつけです。

階段昇降はどこでやる?

会社・学校の階段

仕事をしている人、学校に通っている人であれば、会社・学校の階段をメインで使うでしょう。

会社や学校にはエレベーターが備わっているところもありますが、代わりに階段を使って移動するようにしましょう。

メインで使っている建物だからこそ、階段を使うようにするだけでも、日常生活の消費カロリーは高まっていきます。

公共施設の階段

駅やお店などの公共施設の階段を使うのも手です。

通勤・通学、買い物などの際には、階段を使いましょう。

自宅の階段

「会社や学校から帰ってきて疲れた…」とクタクタになっていても、エレベーターではなく階段を使って運動しましょう。

帰宅してきた時は疲れていて階段を使うのも億劫になりますが、そこであえて階段を使えば差がついてきます。

階段昇降ダイエットの注意点

人の邪魔にならないように注意

階段は色んな人が使うものなので、人の邪魔にならないように注意しましょう。

階段を利用する時は

 端の方で上り下りをする
 利用者が少ない階段で上り下りをする
 ゆっくりのペースで上り下りをする

などを心がけて階段昇降をしましょう。

筋肉痛の時は休む

筋肉痛の時は無理せずに休みましょう。

筋肉痛の時に無理したら、より体に負担がかかり、筋肉痛もより長引きます。

安全のために手すりに捕まる

階段昇降をする際は、安全のために手すりにつかまりましょう。

階段で転んだり転落したりしてしまったら、大怪我してしまいます。

怪我をしないで安全にダイエットするためにも、手すりにつかまって階段昇降をしましょう。

階段昇降でダイエットをしよう!

今回は階段昇降の効果などについて解説しました。

階段昇降は、日常生活の中に組み込んで取り組める運動なので、わざわざ運動のための時間を作る必要がありません。

そのため、時間に余裕がない方でも取り組めるのでおすすめです。

ぜひ階段昇降をして、体重を減らしていきましょう。