スポンサーリンク

食べ方で痩せる

スポンサーリンク

よく、「野菜から先に食べれば痩せる」とか、「よく噛めば痩せる」という話を聞いたことがありませんか。そうです。食べ方によっても、痩せるかどうかが変わってくるのです。もしもその差が微々たるものだとしても、ちょっとでも痩せたいのが乙女の心理。痩せる食べ方、気になりませんか?痩せる食べ方を色々な角度からまとめてみました。

時間帯

 まずは、食べる時間帯で痩せる方法です。「糖分」と言うのは、人の体になくてはならないものです。疲れをとったり、リラックスできたりする効果があります。しかし、ご存知の通り、摂りすぎるとデブへの道一直線です。糖分を摂取するときに、適している時間は一日の中で血糖値が上がりにくい時間です。血糖値って、一定ではないのですね。太りにくい時間は3回あり、もちろん個人差はありますが一般的に6時~7時、10~11時、16~17時となっています。これ以外の時間は血糖値が上がりやすいので、太りやすい時間と言えるでしょう。一日に3回も食べていい時間があるなんて、余裕!って思ってしまいますね。もちろん食べ過ぎたら意味がないのですが。
 同時に、炭水化物を食べないほうがいい時間もあります。炭水化物は腹持ちが良く、6時間から8時間、消化するまでにかかります。つまり、寝る前などに食べたりすると消化されずに寝てしまうという事になります。反対に朝食べれば、昼間活動しているうちに消化されることになるので、痩せるということはありませんが太ることはありません。

食べる順序

 きました!食べる順序!これは、ご存知の方も多いのではないでしょうか。まず、先に食べたほうがいいのは、食物繊維の多い食品です。レタスとか、納豆とか、豆類などが挙げられます。食物繊維の食品を先に摂取することで、食物繊維がお腹の中で膨らみ、満腹感を早く感じられるようになります。満腹感を感じてから糖分や糖質の多い食品を食べるようにすれば、血糖値の上昇は緩やかになります。そして、最後に水分を摂りましょう。最後にスープやみそ汁を飲んだり、水分を摂ることで満腹感を与えることができます。そこで、食べ過ぎの防止につながります。

朝昼夜で食べ分ける

 まず、朝ですが、今から活動する時間なので炭水化物を食べても全く問題はありません。炭水化物にタンパク質も加えると、腹持ちもよく、1日をエネルギッシュに過ごすことができます。納豆ご飯なんて、まさに「炭水化物+タンパク質」の食事ですね。
 昼は、脂質を摂りましょう。揚げ物や焼き魚などです。昼間普通に活動していれば消費されるので心配いりません。
 夜は、炭水化物や脂質は控え、食物繊維を食べましょう。翌朝の便秘を予防したり、夜から多く活動することは少ないと思いますので、軽く食べて終わりにしましょう。

噛み方

 噛み方も大切です。しかし「よく噛もう」と思っていてもいつの間にかいつもの食べ方になってしまったり、早食いになってしまったりしませんか。わかります。そういう時は、一口を小さくするように気を付けましょう。ついついゴックン!って飲み込んでしまっても、一口が小さいと早食いは防げます。もちろん、一口を小さくした上にしっかり噛むのがベストです!さらに。噛んでいる時に、舌の先で噛んでいる食べ物を触ってみてください。今までに感じたことのない食材の味を味わうことができます。

どうしても食べたい!

 ご飯、おいしいですよね。炭水化物、ダメだと言われると余計食べたくなりますよね。そんな時は、炭水化物の中でも太りにくい炭水化物を選びましょう。例えば、玄米ご飯、キヌアなどです。また、もち麦ご飯などもいいですね。最近では、コンビニでも糖質オフのパンを販売していますからそのようなものでもいいと思います。
 個人的には、肉は食べても太らないと思い込んでいるのですが、もちろん部位によって太りやすい、太りにくいという分類わけができます。太りにくい肉は、ハラミ、ささ身、鶏むね肉、レバーが挙げられます。筋トレしている人がよく食べているささ身も含まれていますね。ささ身と言うと、痩せる!って感じがすごくします。
 油の中では、オリーブオイル、ココナッツオイル、アマニオイルが太りにくい油となっています。美容のために、このような油を一日スプーン1杯飲む人もいるくらいですので、安心して使える油です。どうしても揚げ物が食べたいときは、この油を使って、ささ身のフライにすればさほど罪悪感なく食べることができそうです。しかしこれらの油はどれも値段が高いものが多いのがネックですね。

まとめ

今回は、食べ方によって痩せる方法をご紹介しました。痩せるというよりは、太りにくいと言ったほうがいいかもしれませんね。でも、おいしいものを食べるのに「太るかも・・・」なんて思いながら食べるのはつまらないですから、順序や時間、食べ方に少しだけ気を遣いながら、楽しく食べてほしいな。と思います。よかったら参考にしてみてください。