スポンサーリンク

食事系ダイエット!オススメな食品と食事方法は?

スポンサーリンク

こんにちはダイエットの神様です。
ダイエットをしたいのであれば、食事を変えることが効果的です。食事を変えて日々の摂取カロリーを抑えれば、自然と痩せていきます。

では、ダイエットで体重を減らすには、どのような食事を心がければよいのでしょうか?

今回は、ダイエットにオススメな食品や食事方法を紹介していきます。

日々の食事に取り入れてみると、ダイエット効果を実感できることでしょう。

スポンサーリンク

食事系ダイエットで押さえておきたいポイント

まず、食事系ダイエットで押さえておきたいポイントについて紹介していきます。

これから紹介するポイントを心がければ、食事系ダイエットの効果はより高まりますよ。

1. 摂取カロリー<消費カロリーを守る

摂取カロリーとは、食事から摂取するカロリーを指し、消費カロリーは運動や代謝によって消費されるカロリーのことを指します。

ダイエットにおいては、摂取カロリーが消費カロリーを下回れば痩せられるとされています。

では、摂取カロリーが消費カロリーを下回るためにはどうすれば良いのでしょうか?

答えは簡単です。「食事のカロリーを減らす」「運動量を増やして消費カロリーを大きくする」の2つを実践するだけです。

この後、ダイエットにオススメな食品を紹介していくので、ぜひ参考にして食事のカロリーを減らしてみてくださいね。

2. 栄養バランスも大切!

摂取カロリーを減らすことはダイエットにおいて重要ですが、極端に減らしすぎたり栄養バランスを無視したりするのは禁物です。体を壊してしまいます。

普段の食事では糖質、たんぱく質、ビタミン、ミネラル、脂質、食物繊維を意識しましょう。

これらの栄養素は、ダイエット中でも意識して欠かさず摂取するべきです。

3. 1日3食を守ろう!

たとえダイエット中でも、1日3食を守りましょう。

ダイエットをするために朝食を抜いたり、1日2食にしたりする方がいますが、それはNGです。

何故ならば、1食抜くことによって、エネルギーを蓄えやすい体になるからです。1食抜くことで体が「エネルギーを貯めないと」と感じ、エネルギーの吸収が余計に高まります。

食べ過ぎもNGですが、ダイエット中でも1日3食を心がけて食事をしましょう。

ダイエットにオススメな食品

ここからはダイエットにオススメな食品を紹介していきます。ぜひ食卓に取り入れてみましょう。

1. 脂肪燃焼スープ

脂肪燃焼スープとは、野菜がたっぷり入ったスープで、文字どおり脂肪燃焼が期待できるスープです。

脂肪燃焼スープは、脂質と糖質、カロリーを抑えたメニューとなっています。私たちの体は糖質をエネルギー源としますが、糖質の摂取を抑えることによって、糖質ではなく脂肪をエネルギー源とするようになります。

そのため、脂肪燃焼スープを食べれば脂肪燃焼できるのです。

オススメの食材は、キャベツ、トマト、セロリ、玉ねぎです。味付けはコンソメスープの素を使えば、あっさりと食べられますよ。

野菜には食物繊維もたっぷり入っているので、お通じもよくなりぽっこりお腹も解消します。1日のどこかに取り入れてみてはいかがでしょうか?

2. さつまいも

韓国では、ご飯やパンなどの主食をさつまいもに置き換える「さつまいもダイエット」が流行っています。「さつまいもって太るんじゃないの?」と思うかもしれませんが、実はさつまいもにはダイエット効果があるのです。

さつまいもは低GI食品で、食後の血糖値の上昇が緩やかです。血糖値の上昇が緩やかだと、インスリンの分泌を抑えることができ、肥満を防げるのです。

そしてさつまいもは様々な栄養素が豊富です。炭水化物はもちろん、たんぱく質、カルシウム、ビタミンCなどが入っています。

さつまいもダイエットをするときは、ご飯やパンなどの主食をさつまいもに置き換え、1度に1本食べるようにしましょう。

そして、いくら栄養素が豊富なさつまいもと言え、さつまいもだけでは栄養バランスが整わないです。さつまいもだけでは補いきれない栄養素を、他のメニューで補うようにしましょう。

ダイエットにオススメな食事方法

ダイエットの際は食事のメニューにこだわるだけでなく、食事方法にもこだわるとより効果的です。

ここからはダイエットにオススメな食事方法を紹介していきます。

1. 5:2ダイエット

5:2ダイエットとは、1週間のうち2日間だけ食事制限をするダイエット方法です。

毎日食事制限をしていると、ダイエットを挫折しがちです。しかし、5:2ダイエットであれば無理なく続けることができます。

食事制限をする日は、1日の摂取カロリーを500kcalほどにしましょう。そして、栄養バランスを意識することも必要です。糖質、たんぱく質、ビタミン、ミネラルなど、カロリーを抑えつつもまんべんなく栄養素を摂取しましょう。

ただし、2日連続で食事制限をするのは体に負担がかかります。2〜3日空けて行うようにしましょう。

そして食事制限をしない5日間は、暴飲暴食をしないようにしましょう。

2. 食べ順ダイエット

食べ順ダイエットとは、食べる順番を意識するダイエットです。

食べる順番は「野菜・汁物」→「たんぱく質」→「炭水化物」です。最初に野菜・汁物を食べておけば、血糖値の急上昇を抑えられるので、肥満の原因となるインスリンの分泌を抑えられます。

また、最後に高カロリーな炭水化物を食べるようにすれば、その頃にはある程度お腹が満たされています。そのため、高カロリーな炭水化物の食べ過ぎを防ぐことができるのです。

まとめ

運動に時間が割けない場合、食事メニューや食事の方法を変えるのが効果的です。日々の食事メニューや栄養バランスも自然と意識するようになるのも、食事系ダイエットのメリットの一つです。

ぜひ食事系ダイエットでダイエットを成功させましょう!