スポンサーリンク

飲みすぎ・食べ過ぎた時にできること

スポンサーリンク

こんにちはダイエットの神様です。
普段はダイエットで食事にも気を遣っていても、職場の飲み会や友達同士の集まりがあったりすると、楽しい雰囲気についつい食べ過ぎてしまったり、飲みすぎてしまったりして、今までの苦労が・・・。ってがっかりしてしまうことがありませんか?今まで頑張って減らした体重がたった一晩にして元通りになってしまったりして、やけになって食べまくってリバウンド・・・。なんて経験もありませんか?でも、食べ過ぎて増えてしまった体重は脂肪として体に蓄積する前ならば、何とかすることができます。今回は、食べ過ぎた時の対処法をお伝えできればと思います。

なぜ体重が増えるの?

 いくら食べ過ぎたからと言って、一晩で体重が増えるなんて、一晩で足が太くなるなんてそんなことあるわけがありませんよね。増えてしまった体重は、1キロ前後なら水分である可能性が高いです。しかし、水分で体重が増えてしまったから水分は控えましょう。というわけではありません。むしろしっかりと水分は摂取してください。なぜかと言うと、水分をしっかり摂取することによって代謝を促すことができますし、食べ過ぎたときは塩分を多く摂りすぎている場合がほとんどだと思うので、体の中の塩分を薄める必要もあります。なので、焦って体重をもとに戻そうとして水分や食事を抜いたりしてしまうのはやめましょう。もちろん、食べ過ぎた後の水分補給は水かお茶、白湯にしてください。きちんとした対応をすれば食べ過ぎをなかったコトにできます。リセットしたいのなら、48時間以内に行動を起こせば大丈夫!食べ過ぎを後悔しても遅いので、前向きにリセットする事を考えましょう。あまり結果を急がず、3日から1週間の余裕をもって戻すといいでしょう。

食べ過ぎた次の日の食事

 では、食べ過ぎた次の日は、どのようなものを食べればいいでしょうか。昨日食べ過ぎたものをもし覚えているようなら、不足している栄養素を補いましょう。食べ過ぎたときに「野菜食べ過ぎたー!」って思う事ってあまりないと思うので、野菜や果物を補ったほうがいい人がほとんどだと思います。食べ過ぎてしまい、食欲がわかない人は、さっぱりした酢の物を食べてもいいと思います。また、油っぽいものを食べ過ぎてしまった人は胃がもたれているようだったら味噌汁や雑炊などを食べて、胃を休めましょう。特にビタミンやミネラルを補うようにして、食べ過ぎたものを代謝できるように心がけましょう。ビタミンは野菜や果物、ミネラルは海藻から摂取することができます。そしてもちろんですが、昨日食べ過ぎたものは食べるのを控えましょう。

食べ過ぎた次の日の運動

 食べ過ぎたからと言って、激しい運動をする必要はありませんが、普段よりも体を動かすことを意識しましょう。例えば普段は座っているところを立ってみたり、ちょっとした時間にストレッチをしましょう。ただ前後に肩を回すだけでも違います。食べ過ぎたときには、体にも負担がかかっているという事です。体を動かしてリラックスし、消化器官の活動を促しましょう。

空腹には気を付けて!

 食べ過ぎた次の日、朝は満腹感がまだ残っている状態かもしれませんがしっかりと食べましょう。そして、昼や夜。なぜかいつもよりも空腹感を感じる人が多いと思います。それは、大量の食べ物で満福中枢が変化してしまっているせいです。沢山たべて血糖値が高くなるので、その血糖値が元に戻った時に空腹感を感じるのです。もし我慢できないほどの空腹の場合にはまず水を飲んでみましょう。空腹感と、のどが渇いた感覚をつかさどる場所は隣同士にあるので、のどの渇きを癒すことで、脳が勘違いして空腹感がおさまることがあります。水を飲んでもまだおさまらない場合は、野菜や果物を中心に食べましょう。スムージーのようなものでも栄養がとれていいでしょう。

食べ過ぎを抑えるために

 食べ過ぎてしまっても、48時間以内に対処することでリセットはできるのですが、一番いいのは食べ過ぎないようにすることです。飲み会や食事会があるのが分かっていたら、その日の朝や昼の食事を減らすか、カロリーを抑えた食事を心がけましょう。仲の良い友達や同僚との食事を我慢していてはせっかくの楽しい場が台無しになってしまうので、その前に調整をしておくのです。
 また、夜の予定が分かっている場合はその日の朝から活動量を増やしておくこともお勧めします。朝運動すると、一日の代謝が高まるので食事会の朝に運動するかどうかは大きな違いとなるでしょう。

まとめ

 毎日毎日一生懸命ダイエットしていたのに、急な食事会で今までの苦労が・・・。という事もあるとは思いますが、食事会は食事会で思いっきり楽しみ、また気持ちをリセットすることで食べ過ぎもリセットすることにつながります。少しの体重の増減に一喜一憂せず、地道にコツコツと頑張っていきましょう。