スポンサーリンク

~小顔の作り方~

スポンサーリンク

こんにちはダイエットの神様です。
美人の条件のひとつが小顔と言われだしてから、顔が大きくて悩んでいる人は意外と多いようです。
ちなみに、縦21cm横14,8cmのA5のノートからはみ出すようなら大顔に、隠れるようなら小顔に分類されるようです。
顔が大きく見える原因は、ムクミやコリなども関係しています。
セルフマッサージで、すっきりとしたフェイスラインを手に入れましょう。

スポンサーリンク

顔が大きくなってしまう原因

顔が大きくなってしまう原因は、ムクミ、タルミ、コリ、脂肪、骨格の歪みなどです。
遺伝とあきらめずにマッサージをおこなったり、生活習慣を見直すことで顔を小さくすることができます。

①顔のムクミは、リンパの流れが滞るために起こります。
毎朝ムクミを感じるようなら、寝具に問題があるのかもしれません。
沈みすぎるマットや枕ではないか、逆に固すぎないか、適度な寝返りが打てているかなどをチェックしてみましょう。
また、お酒の飲み過ぎや水分の摂りすぎ、塩分の摂りすぎなどでもムクミの原因になります。逆に水分の摂取量が少なすぎてもムクミを引き起こします。
その他にも、体を締め付ける下着がムクミの原因になることもあります。

②顔のタルミ
加齢によるコラーゲン不足や表情筋の衰え、姿勢の悪さなどが原因で、タルミが生じてきます。

③顔のコリはメリハリのない大顔を招きます。
食いしばりのクセがある人は、エラが張りやすくなり大顔になってしまいます。
顔がこりやすい人は、目を細めて文字を見る、接客業などで笑顔が欠かせない、反対に人との会話がない人などです。

④脂肪によるぽっちゃり顔
このタイプの大顔は、やはり減量の必要があります。慢性的な食べ過ぎと運動不足は体だけではなく顔にもぜい肉がつき、二重あごや太い首の原因になってしまいます。

⑤骨格の歪み
スマホやパソコンによる猫背気味の姿勢、片側だけでものを噛むクセや同じ側の頬づえ、足組みなどでも顔の骨格が歪みます。

その他にも更年期などでホルモンのバランスが崩れると、ムクミやタルミがおき、大顔になってしまいます。

セルフマッサージで小顔を手に入れよう!

様々な原因で大きくなってしまった顔は、優しくほぐして理想の顔に近づけましょう。

①ムクミ顔には
朝起きた時に顔がむくんでいる場合は、両方の手の親指を耳の後ろの下のくぼんだ所にあてて、頭を抱えるようにして、ゆっくり息を吐きながら頭蓋骨を持ち上げて10秒キープします。

②タルミ顔には
目の下のタルミが気になる場合は、まっすぐ前を向いてあごを引いて眼球だけで上を見あげ10秒ほどキープします。視線を元に戻し再び上をみます。

③コリ顔には
机などに両ひじをつき頬骨の上をグーで軽く押します。同じ強度で押しても左右で痛さが違うのは、痛い方にコリがあるからです。

④脂肪太り顔には
ワオワオ体操とウイウイ体操が効きます。
「ワオワオ」と口に出すことで首から鎖骨にかけてのラインが引き締まり、「ウイウイ」と
口に出すことで口のまわりや頬の筋肉が引き締まります。

⑤骨格の歪み顔には
自分の顔を鏡で観察して、眉の位置や目の大きさなどが左右対称でない場合は、歪みが生じています。
目の大きさが違う場合は、小さい目の眉の上から生え際に向かって軽く持ち上げるようにマッサージします。
噛みグセが原因のことが多いので、片側噛みに気を付けましょう。

美容ローラーは小顔効果があるの?

顔が小さいと確かに痩せて見えるし、今風ですよね。
しかし、自分でマッサージするには加減が分かり辛く、つい力いっぱい押してしまいシミの原因を作ってしまうこともあるようです。
顔痩せ効果を得るために美容ローラーを使ってみようと思っても本当に効果があるのかどうかや、どんなタイプのローラーが良いのか迷ってしまいます。
美容ローラーの材質も「プラチナ」「ゲルマニウム」「チタン」「セラミック」など様々です。
プラチナ素材は抗酸化作用があるため、アンチエイジング対策に有効と言われています。
ゲルマニウム素材はマイナスイオンが発生するため、シミやクスミ対策に適しています。
チタンは金属アレルギーが出にくく、お風呂の中でも使用することができます。
セラミック素材は遠赤外線効果が期待でき、肌の血行促進を促します。
形も「Y型」「Yボール型」「スティック型」などがあります。
Y型やYボール型はリフトアップ効果があるため、小顔になりたい人には向いていいるかも知れません。
美容ローラーの小顔効果は人によって違います。購入する場合は、肌質や使いやすさなどを考慮して選ぶようにしましょう。

まとめ

もし、体全体が太っていて大顔なら、食事制限と運動をして小顔になるしか方法はありませんが、生活習慣を見直すことで小顔になることも可能です。
片方ばかりでかむクセや同じ方の足を組むクセなどがある人は、左右を同様に使うことで
片側のムクミやタルミが取れ左右対称の顔に戻ります。
小顔も美人の条件ですが、左右対称の顔も美人の条件と言われています。
まずは、できることからはじめてみましょう。